« 服は糸が細くなると高くなる。 | トップページ | 糸が細くなると修理も難しくなる。 »

糸が細いと汚れやすくなる。

まだまだ続きます。


糸は、基本、細くなると汚れやすくなります。
うっすらと汚れていくんです。
それが着ている本人には分かってしまうものだから、つらいんですね。


理由は?


糸が細くなると、汚れを掻き出して付着させてしまうんですね。
普通のふくなら、こすれてもたいしたことがないのに、糸が細くなるだけで、汚れを表面から掬い取ってしまうようになります。


実はこれを利用してある商品が生まれました。


洗剤の要らないふきんって、皆さんご存知ではないでしょうか?
あれの原理がまさにこれなんです。
出来た当初は、細い糸の風合いを楽しんでもらえると思っていたのに、汚れやすいとクレームになり返品が続き、しまいにはその生地で服を作らなくなってしまいました。
しかし、逆転の発想で、汚れやすいのなら洗剤を使わなくても汚れを取ってくれる付近として売り出せば、と商品化されたんだそうです。


糸が細くなると汚れやすくなる、
これを覚えておくと、その服に注意をするようになります。
普通に着ているだけ、特に汚すような行動はとっていなくても、いすに座ったり、壁にもたれかかったり、人と触れ合うだけでも少しずつ汚れていきます。
こういう性質なんだ、と理解していると、そろそろ汚れてきたかな?と確認をするようになるんです。


皆さんがクリーニングのタイミングを逃しがちな最大の理由は、自分の服をまじまじと見ていないから。


まさか汚れているなんて思いもしていないので、ついつい汚れているのを見逃してクリーニングのタイミングがずれていくんですよ。


糸が細くなると、肌触りが良くなる反面、汚れやすくなる。
これは性質だと思っていただければ、それに合わせた行動も取れると思います。
また、汚れやすいのは嫌だな、と思えば、糸の細い商品は避けるようになると思いますし。


細い糸には汚れやすいというデメリットをしのぐいい面もあります。
肌触りがよく、着心地がとてもいい。
これは、太い糸では味わえないもの。
このためだけに他はすべて我慢できる人もいるくらいです。


服の法則、まだまだ続きますよ。


|

« 服は糸が細くなると高くなる。 | トップページ | 糸が細くなると修理も難しくなる。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 糸が細いと汚れやすくなる。:

« 服は糸が細くなると高くなる。 | トップページ | 糸が細くなると修理も難しくなる。 »