« 年賀のタオルのもう1つの秘密。 | トップページ | 服への不満。 »

ユニクロもクリーニングすると???

クリーニングをする意味って何でしょう?

汚れた衣類をきれいにする。



これが基本ですよね。
でも、その中に更に求める品質があるような気がします。


昨日、お客様がご来店くださいました。
預かっていた品物を引き取るのと、代わりに新たにクリーニングに出すものと。


品物を預かると、ついでだからこれも、と着用されていたマフラーを外したんです。
これも、クリーニングお願いします、と。


続いてこんなお話をされます。



このマフラー、ユニクロなんだけどね、やっぱりクリーニングすると全然違うのよ。
だから、こうしてクリーニングお願いしちゃうのよね。


このお客様、生地に詳しいし、服を見る目はあるし、感性が鋭いんでしょうね。
洗い方の違いを見た目や肌触りで感じ取っているようです。


たしかに、洗い方で品質は随分と変わります。
今回のマフラーはウール。
手洗いをすれば洗えなくもない商品です。
でも、僕らクリーニング屋さんは水洗いはしません。


だって、腰が抜けちゃうもの。


くたーっと柔らかくなるんです。
そういうのが好みの人もいらっしゃいますが、生地本来の張りがなくなると、一気に古ぼけて見えてしまいます。


ドライクリーニングする事で、腰が抜けず、風合いよく仕上がります。


このお客様は、この違いを知っているんですね。
ただきれいにするだけではなく、洗った後の風合いも大事にしたかったんでしょう。


大事にしたいときはドライクリーニングがいいですよ。
オススメです。

|

« 年賀のタオルのもう1つの秘密。 | トップページ | 服への不満。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユニクロもクリーニングすると???:

« 年賀のタオルのもう1つの秘密。 | トップページ | 服への不満。 »