« 責任の所在は?~アパレル編 | トップページ | 責任の所在は?~消費者編 »

責任の所在は?~クリーニング編

責任の所在は?今日はクリーニング編です。
クリーニングしておかしくなった衣類の責任がクリーニング屋さんにあるときとは?


一番分かりやすいのが、やってはいけないことをやってしまった時、クリーニング屋さんに責任が出ます。


衣類をクリーニングするときに、やってはいけない事がいくつもあるんです。
これをやると縮んでしまうよ、とか、これはそういう洗い方をしちゃいけないよ、とか。
クリーニングは勘で洗っているわけではないので、きちんとした科学的根拠に基づいて洗っています。
ですから、どうすればおかしくなる、どう洗えば大丈夫、というようなものがあるんです。


しかも、このやっちゃいけない事は、品物によって違います。
それぞれ、判断をしてやらなければいけないんですね。

で、ここが難しいところなんですよ。
というのも絵表示は、簡単に洗える、洗えないの二つしか表示がありません。
でも、それだけでは実際のクリーニングでは不十分なんです。


もし、絵表示どおりに、JIS規格の通りに洗ってしまうと、半分くらいは何らかの事故が起きてしまうと思います。


なぜか?


洗える、ということと、着ることができる、ということは意味が違うんですよ。
洗えるというだけならほとんどの衣類が洗えます。
でも、洗いあがった品物が、色がおかしくなってたりすると、それは洗えてるけど、着ることはできない商品となってしまうんです。

つなり、クリーニング事故、という風に判断されます。


こうならないように、クリーニング屋さんの中で、クリーニングとしての常識として、強弱の判断をしたり、乾燥の有無の判断をしたりしながら調整をしてクリーニングをしているわけです。

この微妙な調整の中で、それはやっちゃいけないとか、それはおかしいよ、ということをやって起きてしまった事故はクリーニング屋さんの責任だと思います。


要は見立てなんですが、この見立てが各社によってさまざまなので、問題が大きくなってしまう傾向があります。

見抜けるクリーニング屋さん、見抜けないクリーニング屋さん、いろいろあるわけですね。
当然そこには、クリーニング師を常駐させているところと、パートさんで回しているところとある。
クリーニング師なら見抜けたのに、パートさんだったから見抜けなくて・・・・ということもあるんです。


まだ、はっきりと縮んだ、色がおかしくなった、などの事故なら分かりやすいんですが、微妙なものもあります。
お客様しか分からないような微妙な変化だったりすると、中にはクリーニング事故を認めないところもあるんですね。

それは、商品の自然劣化だ、と。


確かにそういうこともあるので、ここの判断はとても難しいんです。


形あるものはいずれ壊れる、とはよく言われますが、着用をしている以上、服も徐々に傷んできます。
色合いも変化してきますし、ほつれも出てきます。
その変化のひとつだ、といわれてしまうと、確かにそういうこともあるので、誰に責任がある、と決めることが難しくなってしまうんですね。


これはクリーニングに責任がある、とは言いづらいな、という件もあります。


それは、事故を予見できない商品の時。

良くあるのが、何の問題のない商品だと思って洗ったら、色が出て他に移ってしまったりとか。
普通に洗っただけなのに、縫い目が裂けてしまったとか。


昨日も書きましたが、通常の耐久性なら起こりえるはずのないものが、耐久性が乏しく、そこに気付くことができなくて起こってしまったものについては、クリーニング屋さんに責任を求めるのはかなり酷かな、と思います。


気付かないから仕方ない、といっているわけではないんです。


クリーニング屋さんは、どんな商品が来ても、逃げないで洗おうとします。
本来なら事故が起きるような商品でも、事故が起きないように注意しながら工夫して洗っている。

ここまで気を使っているクリーニング屋さんが気付かないようなレベルで見逃してしまったものは、おそらく誰が見ても防げないものだと思うんですよね。
これに関しては、クリーニング屋さんに責任を求めるのは厳しいと思います。


また、新製品などは、まったく事故の予見が出来ない事があります。


洗ってみたらこんな風になってしまった、ということがとても多くて、その後、アパレルさんに連絡が行ったりしながら徐々に改善されていきます。

事前にこういう特徴があるので・・・・、という情報が回ることもありませんからね。
どこかの誰かが事故を起こして、注意喚起としてクリーニング業界に出回り、ある程度周知されるまでは続くことがあります。

これも予見できないだけに、クリーニング屋さんに責任を求めるのは厳しいと思います。

クリーニングの場合は、ミスをしたかどうかが、責任の鍵になると思いますね。
事前の予見できるようであれば、回避できるわけですから。


ミスを認めない人も中にはいるかもしれません。
でも、実はそういう人はまだ良くて・・・・・。
一番怖いのは、ミスだと気付かない人。
ミスはたまたまで起こりますが、ミスと気付いていない人が仕事をすると、同じ事を繰り返しますからね・・・・・。
そこはちょっと怖いです。

さあ、明日は消費者編。
ここに来るまでにいくつか書いてきましたので、まとめというほどではありませんが少し書いてみようと思います。

|

« 責任の所在は?~アパレル編 | トップページ | 責任の所在は?~消費者編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 責任の所在は?~クリーニング編:

« 責任の所在は?~アパレル編 | トップページ | 責任の所在は?~消費者編 »