« 責任の所在は?~クリーニング編 | トップページ | 責任の所在は?~最後は善意で成り立つ。 »

責任の所在は?~消費者編

責任の所在は?今日は消費者編です。


今までのアパレルとクリーニングとは違い、消費者の場合は少し意味合いが違ってくると思うんです。
というのも、ほとんどがあきらめるしかない、受け入れるしかない、というものだからです。


責任というよりは、誰のせいにも出来ないから受け入れるしかない、と言う事があります。


クリーニングでもちゃんと洗ってる、アパレルさんもちゃんと作ってる。
商品として何の不備もないもので、起こってしまった事故に対して、どこにも責任を問えないときがあります。
こんなとき、消費者は受け入れるしかなくなってしまうんです。

もちろん、買ってなもなくとか、そういうのではなく。
はっきり書けば、経時劣化というもの、いわゆる寿命というやつです。


商品は永久ではありません。
着用していても劣化しますし、ただ保管しているだけでも劣化していくものもあります。

たとえば、カーテンなどは、長い期間陽に照らされることで、脆化と呼ばれる劣化が起こり、ともすればちょっと引っ張るだけで破れてしまうことがあるんです。
引っ張るだけで破れてしまうようなものが、濡れて重みを増して回転すれば・・・・・、そりゃ破れますよね。


こんな感じで商品そのものの劣化や寿命は、消費者の皆さんが受け入れるしかないと思うんですね。


こんなどうしようもないものもあるんですが、最近ははっきりと消費者に責任がある、というものもあります。


それは服に加工を施している場合。


今流行らしいですね、安い服を買ってきて自分でデコレートするのが。
これはクリーニング屋さんにとっては実に脅威なんですよ。
というのも、洗濯絵表示は、デコレートしていない衣類の情報が載っているのに、服には接着剤などでぺたぺたと何かつけられていたりします。

表示を見ると、ドライクリーニングが出来る、と書いてあり、接着剤が対応しているのかな?と思って洗ってみるとデコレートが全部取れてしまったり・・・・・。


これはクリーニング屋さんも避けようがないですし、つけた本人が責任を持つしかありません。
何かあっても、受け入れるしかありませんね。


思いつくものをアパレルとクリーニング屋と消費者に分けて書いてきました。
でも、実際はこんなはっきりと分かれることもなく、もっともやもやしたものになってしまいます。
解決するまで交渉が必要なことも。


いろんなトラブルが、今どんな風に解決されているのか?明日は書いてみようと思います。

|

« 責任の所在は?~クリーニング編 | トップページ | 責任の所在は?~最後は善意で成り立つ。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 責任の所在は?~消費者編:

« 責任の所在は?~クリーニング編 | トップページ | 責任の所在は?~最後は善意で成り立つ。 »