« 誰が悪いのよ? ~責任の所在は? | トップページ | 責任の所在は?~アパレル編 »

責任の所在は?基本の話。

クリーニングで表面化したトラブルの、責任の所在についての話。


多くの人たちは、クリーニングをして変化したんだから、クリーニング屋が悪い、そう思っているようなんですね。
その人たちがそう考える理由は大体こんな感じのようです。


クリーニングしておかしくなったんだからクリーニング屋が悪い。

服はちゃんと作られているんだからクリーニングの仕方に問題がある。

今までも嫌な思いをクリーニングでして来ているのでクリーニングに問題がある。

商品に問題があったとしても、それに対応して洗うのが仕事。出来てない時点でクリーニングが悪い。


書き出していて、凹みますねえ・・・・・。
でも、現実としてこんな風に考えている人がいる、ということを受け止めないと前に進めませんね。
これが正しければ、僕らが頑張るだけで済むんですが、実際はかなり一方的過ぎて本当とは違う状態になっています。

ここの誤解はあまりいい結果を生み出しません。
きちんと、理解をすることで、トラブルも回避できるし、万が一トラブルになってももめないうちに解消することもできるようになります。

ここで一度整理してみましょう。

クリーニングした衣類にトラブルが起きてしまったとき。
基本的に次のようなことがいえると思います。


クリーニングの仕方に問題があっておかしくなったのなら、クリーニング屋さんの責任。


服に問題がある、もしくは洗濯絵表示に問題があって、その結果洗っておかしくなったのならアパレルに問題がある。

この二つが基本です。
さらに、消費者の側にも原因があることもあります。


消費者が服に何らかの加工をしてしまってクリーニングへの耐久性が落ちている、とか。
保管の状況、着用の状況などで、服自体の耐久性が落ちてしまっている、とか。
経年劣化、つまり長いこと着すぎて商品の耐久性がそもそも落ちているとき、とか。


消費者に原因がある、というよりは商品も悪くない、クリーニングも悪くない、商品自体の寿命に気付けない事による誤解が多いかもしれませんね。


こう書き出すと、割とシンプルじゃないか、と思うんですが、現実は中々そうも行かず。
仕事ですからね、多少のトラブルも技術やサービスで乗り越えていくのが仕事だろ、と言う考え方もありますし、実際洗えない衣類を洗えるようにしてきているのも、クリーニング屋さんの技術が上がっているからなんですね。

これ、洗えません、とやっていたらクリーニングする人がいなくなっちゃいますから。
出来ないものも、技術の進歩により洗えるようにしてきています。

ひとついえることは、服は万能ではない、ということです。
大きなアパレルが作っていたとしても、商品に絶対はありません。


あの有名なブランドが作っているんだから、ちゃんとチェックしているし商品テストもしているだろうし、耐久性も強いはず。


そうあって欲しいですが、そうじゃないことも良くあります。

ちゃんと作りこまれていても、必ずイレギュラーはありますしね。
高い服になると、確かに作りこまれていますが、それがすべてにおいて作りこまれているわけではない、という事は頭の片隅に入れておく必要はあると思います。


洗う、という事をないがしろにされていたり、耐久性が落ちていたり、という事は十分あるんです。
今は、広告やブランドイメージを作るのが皆さん上手。
ロゴや写真、店頭を見に行くと、ものすごく洗練されたイメージを感じることが良くあります。


でも、それはあくまでもイメージなんですよね。
そのイメージを強く意識してしまうと、商品の品質への過度な信頼へとつながってしまうんでしょう。


もうひとつ、この不幸な誤解の先にはもっと大きな不幸の種があると思っています。

それは、クリーニングをしなくなる、という事。

洗ったんだからクリーニング屋さんのせいでしょう?
最後に手を出したのがクリーニング屋さんなんだからクリーニングが悪い。


こういわれると、次にどうなるか?
洗わなくなるんですよ。
もし、万が一、何かあったら責任を取らされる、という事になったら怪しいものは洗わなくなります。
自分の技術に問題があるのならそのお店の責任ですが、クリーニング屋さん以外に問題がある商品のことも責任を取らされる、となってしまうと、クリーニング自体受け付けなくなる可能性があるんですよね。


今、そういうお店、実際にあるんですよ。


今はまだ、そのお店の技術的な問題からクリーニングを預からないみたいですが・・・・・。
そのお店に問題があったとしても、お客様からクレームが多く入るからこの商品は預からない、と決めてしまうという事実は僕にとっては衝撃でした。
そうなっちゃんだなあって・・・・。


これは他の業界でも同じようなことが起きています。


たとえば、病院。


何か起こると困るので高齢の患者さんは受け入れないとか、のどに詰まるといけないので入院患者に固形の食べ物を食べさせないとか。
食べたかったら退院して食べてください、そんなことを言われた方もいらっしゃいました。

ここまで行くと、本当の不幸なんですよね。


サービス自体、まともに受けることが出来なくなってしまうんですよ。


クリーニングはまだそこまでいっていませんから、今のうちに何とかしたいなあ、と思うんです。

自分で洗えるものなら、クリーニング屋がなくなってもいいんですけどね。
クリーニングじゃなきゃ洗えないものが、世の中には沢山ありますから。
クリーニングがなくなってしまってはいけないんですよ。


責任の所在、明日はアパレルについて書いてみようと思います。


|

« 誰が悪いのよ? ~責任の所在は? | トップページ | 責任の所在は?~アパレル編 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 責任の所在は?基本の話。:

« 誰が悪いのよ? ~責任の所在は? | トップページ | 責任の所在は?~アパレル編 »