« 責任の所在は?基本の話。 | トップページ | 責任の所在は?~クリーニング編 »

責任の所在は?~アパレル編

責任の所在、アパレル編です。


どういったときに、アパレルに責任があるといえるのか?

簡単に言うと、商品に不備があるとアパレルに問題がある、といえます。

普通に使うのに必要な耐久性がなかったり、洗うことができない商品だったり。
こういうのは衣類に求められることが出来ないわけですから、商品自体に問題があるんです。


服にはある程度の耐久性が求められます。
サイズの合ったものを着用しているのに破れてしまったとか、普通に着ていただけなのにおかしくなった、なんていうのはそもそもの商品に問題があるから起こります。


また、洗濯やクリーニングにおいて言うと、洗濯絵表示がとても大事になってきますね。
この絵表示と実際の洗濯やクリーニングの耐久性が合わず、洗ったらおかしくなってしまったというのなら、それは表示をつけたアパレルの責任です。

洗濯絵表示は闇雲につけることが出来ないんですよ。


今の段階では、生地などの素材の段階でのテストで、服に仕立ててからの洗濯絵表示をつけることが出来ますが、それでも今の表示は、洗うことが出来る、という表示。
一定の規格によるテストをしているので、そのテストと同じくらいのことをしていれば洗える、という事になるんです。


よくクリーニング屋さんが、表示どおり洗ったけどおかしくなった、というときは、アパレルにも責任がある可能性があります。
ただ、あくまでも可能性の段階なので、クリーニング屋さんが言った、という段階ではどこに責任の所在があるか?は断定できません。

今年の年末あたりから、少しずつ様子が変わってきます。
洗濯絵表示が変わるんですよ。
これが画期的で、今までは生地でのテストでよかったんですが、今度は商品でのテストをしなければいけなくなるんです。

つまり、絵表示をつけるにあたり、実際の商品を使ってテストをしなければならなくなるので、より正確な表示になることが期待されています。


結局、今までの表示ですと、記事では大丈夫だけど、いざ洗ってみたらおかしくなった、という例があまりにも多すぎたんですよね。
今回の改正で、より責任の所在が分かりやすくなると期待されています。


アパレルに責任があるといえるときは、必要な耐久性などの性能を備えていなかったとき、アパレルに問題がある、といえると思います。

ひとまずここで終了しておいて・・・・。
明日は、クリーニングについて書いてみますね。


|

« 責任の所在は?基本の話。 | トップページ | 責任の所在は?~クリーニング編 »

中河原の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 責任の所在は?~アパレル編:

« 責任の所在は?基本の話。 | トップページ | 責任の所在は?~クリーニング編 »