« 震災当時の話。 | トップページ | 柔道の大会。 »

クリーニングの誤解 ~ 品物に合わせて液体を変えてる?

世の中にはクリーニングに関する誤解がたくさんあります。
なんでこんな話になっちゃったの???というものがかなりあるんです。


たぶん、クリーニングについてよく知らない人たちがいろんなことを書き始めたからだと思うんですよね。
最近,洗濯やクリーニングに関する話題が数多く取り上げられているんですが、読んでいると、あなた素人でしょ???というのがちらほら。


クリーニング屋さんだったら絶対こんな言い回しはしない、こんな話はしない、というのがあるんですね。

その中の一つに最近ちょっと気になっているのが、ドライクリーニングにまつわる話。


クリーニング屋さんでは、洗う品物によって、ドライクリーニングの液体の種類を変えている、というもの。

ものすごく大きなクリーニング屋さんならあると思います。
しかし、ほとんどクリーニング屋さんでは品物によって洗う液体の種類は変えていません。


なぜか?


ある液体にはいくつかの種類があるんですが、その液体には専用の機械が必要で、普通のクリーニング屋さんでは揃えることができないんです。
コインランドリーのにある機械を二回りくらい大きくさせたような機械を何台も設置できるくらいの広さをもっているクリーニング屋さんはそうそういませんから。


どこのクリーニング屋さんも、洗う液体の性能をよく吟味して、選んで使っています。

しかし、どの液体も、残念ながら万能というわけにはいきません。
一長一短があります。
そこをいろんな工夫をしながら調整をして洗っています。


一番わかりやすいのが、ネットを利用したり。
ソフトに洗うためにネットに入れて調整をします。
また、洗浄時間を調整したりもします。

これは、洗う液体の性質によるものです。
ドライクリーニングの液体は漬けておくだけで汚れが落ちていきます。
しかし、反面、合わないものもあるわけで・・・・・。
だからと言って、濡れた瞬間に駄目になる、というものでもないんです。

ここで時間の調整をうまく使います。


いつもの洗浄時間だと影響が出てしまう、でも、短時間でなら影響なく洗い上げることができる。


このような品物の場合、洗浄時間を調整しながらクリーニングをするんです。

ほかにも、液体の温度の調整をしてみたり。
液温が上がると汚れ落ちがよくなる半面、液体自体の性能もぐんと上がります。
当然悪い面も出てくるわけです。
そこを液温を調節して、適切な温度で洗うことで、いろんなものが洗えるようになります。


たぶんですが、クリーニングについて記事を書こうとした人が、洗う液体にはいくつか種類がある、というを使い分けている、と誤解をしたんだろうと思うんですね。
で、一人の人が勘違いしたものを他の人が読んでまねたのが原因だと思うんですよ。


参考にするなら、クリーニング屋さんの記事を参考にしてください。(笑)
もしくはクリーニング屋さんへお問い合わせを。(笑)

うちでもいいですよ、質問されればすべてお答えします。


今回の話は、直接何か問題のある話ではないと思います。
単なる誤解で済むと思うのですが、もし何かの時に、クリーニング屋さんでは使い分けて洗っているのにお宅ではしてないのか!なんていう誤解からくるトラブルなんかが起きても困るので、一応訂正をしておかなきゃな、と思った次第です。


最近は皆さんネットで調べ物をしますからね。
正しい情報を載せておかないと・・・・・。


またこれ違うかな、と思ったら載せてみようと思います。

|

« 震災当時の話。 | トップページ | 柔道の大会。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリーニングの誤解 ~ 品物に合わせて液体を変えてる?:

« 震災当時の話。 | トップページ | 柔道の大会。 »