« 紹介してこんなに感謝されるのはここだけです。 | トップページ | 星乃珈琲店出てお話。 »

クリーニングの受付は大変ですよ。

クリーニングの受付って大変です。
やったことのある人なら分かっていただけると思うのですが、世間のイメージでは大変そうには見えないようなんですね。


品物を預かるだけ。


品物を渡すだけ。


クリーニングは工場で。


割と時間をもてあましてそう。


こんなイメージがあるようです。
ある人が、クリーニングの受付のバイトの時給の高さに目をつけ色々と調べてみたところ、意外とハードだということに気付いたとか。
自分の知らないところで大変な思いをしているんだなあと思ったみたいですね。


クリーニングの一番難しいところって、人のものを預かる所だと思うんですね。
そして、それを作業もしくは次の人へ渡すわけです。
うちはうちで洗いから仕上げまでしているのでそのまま作業に移りますが、取次店などですと、預かった品物を工場の人へ渡さなければいけません。


工場の人はお客様から直接お話を伺っているわけではないので、預かった服がどんな常態か、まったく分からない。
普通に洗えるものもあれば、問題のあるものまであります。
きちんとお客様の情報が工場へ伝われば問題ないのですが、中には連絡漏れなどが起こってしまうこともあるようです。

すると、受付の方が怒られるんですね。


また、預かるときにきちんと説明をしていない、と怒られる事もあるようで、昨日まで素人だった人が何の勉強もせず出来る仕事ではないよなあ、なんてクリーニング師の僕は思うんですが、大きいクリーニング屋さんはパートさんにそこを任せています。

同じ何も知らない仕事をするとして、商品と自分だけの関係だとそれほどストレスもかからないと思うんですよね。
しかし、ここにお客様が入ると途端に失敗は許されないというプレッシャーがかかってきます。

単なる品物ではなくなり、お客様の思い入れや気持ちの詰まったものに変化するからです。


見落として万が一何かあったら・・・・、と思ったら怖くありませんか?

クリーニング屋さんの受付ってそういうプレッシャーがあるんですよね。


僕らクリーニング師だって、資格を取っていても受付は大変だな、と思います。
知識があっても、見抜けないものもありますし、お客様への説明は本当に難しい。


どうすれば伝わる?理解してもらえる?と日々言葉使いや表現とひとつとっても常に意識をしています。


クリーニングの受付をやっている皆さん、頑張って!

|

« 紹介してこんなに感謝されるのはここだけです。 | トップページ | 星乃珈琲店出てお話。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリーニングの受付は大変ですよ。:

« 紹介してこんなに感謝されるのはここだけです。 | トップページ | 星乃珈琲店出てお話。 »