« そんなですか? | トップページ | 今それをやる必要はないです。 »

そのシミはファブリーズのせいではないですよ。

最近、また増えてきた検索ワードに、ファブリーズ関連のものがあります。
今一番多いのが、これ。

ファブリーズ しみ


ファブリーズをかけたらシミになってしまった、という事なんだと思うんですよね。
ファブリーズに問題がないか?調べているのでしょうが、ちょっと視点を変えてもらうとわかりやすいかと思います。


ファブリーズが原因ではなくて、その服自体が汚れているんです。

これ、ファブリーズだけに起こる現象ではなくて、雨にぬれても起こる現象なんです。
服が汚れていると、濡れたところがしみのようになってしまうんです。


原理はとても簡単です。
服の表面に水に溶けやすい汚れがたまっていて、そこにファブリーズや雨水などがついたときに、その水分に汚れが溶け込みます。
そして、水分が広がるのと同時に汚れも移動。
濡れている所と乾いている所の際に汚れが移動してシミになってしまうんです。


僕らはこれを、輪じみとか水じみとかいいます。

全体的に汚れていて気づかなかったり、汗をよくかいた服などに起こりやすいんです。

つまり、その服が汚れています、という話なんですね。
ファブリーズをかけて、何回もごまかしていても、汚れが落ちるわけではありませんよね。
匂いは消えるかもしれませんが、汚れが落ちているわけではないので、洗わないでファブリーズをかけた分だけ、汚れが蓄積していきます。


いつもならクリーニングするところを、ファブリーズでシュシュっ!と。
洗っていればその場で落ちた汚れも、洗っていないので汚れがどんどん増えていくことに・・・・・。


そして、ある時、ファブリーズをかけたら・・・・・、シミになってしまった、と。

あるあるですね。

皆さん、服の汚れを勘違いされている方が非常に多いです。
服から出るにおいのもとは雑菌だといわれています。
でも、それだけではないですよね。
からあの皮脂が酸化して醸し出す臭いもあるし、汚れ自体ににおいがあるケースもあります。

菌を抑えればいいというわけではないのに、いつのまにか菌の増殖を抑えればいいと思い込んでしまいました。


その関連で、スーツはなるべく洗わない方がいい、というようなおかしな話がさも真実かのように語られてしまっています。

一時的なにおいの、匂い消しはいいですが、服は着れば汚れるんですから。
体から、外の空気から、服が汚れる原因はたくさんあります。


程よいところでクリーニングをしないとこんな事になってしまうんです。

皆さん、服の汚れもチェックしてみてくださいね。

|

« そんなですか? | トップページ | 今それをやる必要はないです。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そのシミはファブリーズのせいではないですよ。:

« そんなですか? | トップページ | 今それをやる必要はないです。 »