« 絵にかいたような連休初日でした。 | トップページ | 春だ!わっしょい!Spring festival »

扱ったことがない素材。

クリーニング屋をやっていて、おもしろいなあと思う事の一つに、いろんな服を見る事が出来る、触れる、という事があります。


いろんなメーカー、ブランド品、びっくりするような高級ブランドも。


ブランド品の新作も出てきたりするのですが、実はこれだけたくさんの衣類を預かっていながら、扱ったことがない服は結構あるんです。


なぜか?


いろいろ理由はあるんですが、その中の一つに、クリーニングと流行は少しずれている、というのがあるんです。
はやりものを皆さんが買って、クリーニングに出すのは、シーズン終わり、もしくは次のシーズンの始まりのころ。
それが、早くて、です。
さらに時差が出来ることもあって、数年たってから僕らの手元にやってくることもあります。


今日も、珍しい素材の服をお預かりしてきました。


これは珍しいですね、と僕が言うと、去年から出回っていましたよ、と。
残念ながら僕の手元にやってきたのは今年だったようです。
こんな事は日常茶飯事なので、流行に関しては数年気を付けるようにしています。


はやっている服で、これは危険だな、と思うものがあるんですね、やはり。
洗うことを前提にして作られていない、そういう服は結構あります。
洗う事を前提に作られていない、という事は、その服は汚れたらきれいに出来ないのであきらめましょう、と言っているようなものです。

それはとても悔しいので、出てきたらきれいにしてやろうとシュミレーションはいつもしていたりします。


はやった服は頭の中に入れておいて、いつ出てきても対処できるように準備しています。


クリーニング屋さんによっても偏りがありますしね。
あるクリーニング屋さんはブランド品しか集まらないとか。
日常品とブランド品が両方集まるお店とか。

クリーニングに対する思いも、違いがありますね。


とにかく洗ってあればどうでもいいんだ、というお客様が多いお店もあります。
近いとか、利便性がいいとか、細かいことはどうでもいいので使いやすければ、という人もかなりいらっしゃいます。


逆に、とにかく丁寧にクリーニングをしてほしい、そういう人もいらっしゃいますね。


この違いはそのお店の、味と言いましょうか、個性と言いましょうか、そういう所にも表われていると思います。
面白いもんですね。


うちは、丁寧にクリーニングをしてほしい、というお客様が多いようです。
また、そういう仕事を目指しています。
うちみたいなクリーニング屋さんには、それこそいろんな品物が集まるんですよ。

ユニクロからブランド物まで、


大事なものって、人それぞれです。
値段ではないってことですね。

|

« 絵にかいたような連休初日でした。 | トップページ | 春だ!わっしょい!Spring festival »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 扱ったことがない素材。:

« 絵にかいたような連休初日でした。 | トップページ | 春だ!わっしょい!Spring festival »