« 配達の楽しみ。 | トップページ | 社風ってこういうことなんでしょうかね。 »

ニットの穴の修理。

ニット製品って、気づかないうちにどこか穴が空いていたりします。
実はお客様も気づいていないことが多く、僕らが気付くことが結構あるんです。


先週、あるお客様のカーディガンの背中に穴が。
たぶん、ご本人は気づいていないと思われます。
このままですと、穴が広がる危険もあるし、何より、気づかずに着て誰かに指摘されたらお客様が嫌な思いをされるなあと思うんですね。


ちょうど、先日長野まで修理に関してのセミナーへ行ってきたので、修理が出来ます。
ニット製品の直し方も学んできていますから、バッチリ。
修理をしました。


ニット製品の修理は思っているよりも目立ちにくいんです。
意図が太いのも関係しているんでしょうね、同じ色の糸を使う事が出来ると、さらにわかりにくくなります。
僕らはプロですから、ぱっと見るとわかるんですが、一般の方だとおそらくわからないレベルで直ってしまうから不思議。


今回は嫁さんが修理をしましたが、見事に直してしまいました。


お見事。

服って、修理が出来ます。
ウェスト出しはもちろん、裾詰め、裾だし、破れ、ほつれなど多岐にわたり修理が出来るんです。


修理してまで着てもなあ、と思っている皆さん。
それは物によりけりです。
スーツなどは、いつもいいものばかり着ていくわけにはいきません。
時には、汚れてもいいスーツというのも必要なんですよ。


長年着たスーツを修理して、雨の日や宴会用に着るようにすると、ほかのスーツも傷みにくくなります。
今の修理は、昔と比べてリーズナブルになっているし、目立ちにくくなっています。

修理する方が圧倒的にお得になっていますよ。


ぜひ、ご相談ください。

明日は朝から重労働が待っています。
機械のメンテナンスの日なんですね。
クリーニングの機械もしっかりとメンテナンスをしないと。
明日もまた気合い入れましょうかね。


|

« 配達の楽しみ。 | トップページ | 社風ってこういうことなんでしょうかね。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニットの穴の修理。:

« 配達の楽しみ。 | トップページ | 社風ってこういうことなんでしょうかね。 »