« クリーニングや洗濯の勉強はあまりお勧めしません。 | トップページ | やきとり峯 »

タンブル乾燥禁止。

昨日、当ブログへコメントをいただきました。


ポリエステルの商品でタンブル乾燥禁止のものを間違って乾燥機で乾燥してしまった、と。
変質してたらどうしよう?と不安になってしまった。

との事。


最近タンブル乾燥禁止がとても多いですね。
コメントをいただいたナカガワさん、せめてどのような変化をするのか書いてくれるといいのに、と。


全くその通りだと思います。
僕らクリーニング屋も、どんな変化をする、と書いてくれればさらに扱いやすくなるのに・・・・。


しかし、出来ないんですよね。
理由は簡単、洗浄テストをしていないからなんですね。
洗って、乾燥をしていれば、どんな変化をするか?具体的にわかります。
しかし、現状の家庭製品品質表示法では、洗浄テストをしなくても洗濯絵表示を付ける事が出来るんですね。


ここが問題なわけです。


絵表示を信用していいのか、またもしダメだというのならどんな事が起こってだめなのか?わかれば安心なのに。

現状では、生地の段階でテストをしてあるか似たような生地が過去にあるならそれに準じて表示を付ける事が出来ます。


生地の洗浄テストをしてあればいいじゃないか、と思うかもしれませんが、生地と服は違うものなんです。
服には、縫い糸やボタンなどの装飾品がつくので、生地で洗えたからと言って服が洗えるとは限りません。
ほんらいなら、服単体での洗浄テストが必要なわけです。


余談ですが、新しくJISが改正されます。
今度の新しいJISでは、製品になってからの洗浄テストが必要になります。
アパレルメーカーさんがきちんと守ってくれれば、新しい表示通り洗えば間違いなく洗えることになります。


話を元に戻しまして・・・・・。

商品でテストをしていないため、可能性のあるもので危険なものを、×にします。
別に問題のないものでも、絵表示を付けてしまうので余計なんでダメなのか?わかりづらくなってしまってるんでしょう。

コメントにはもう一つ質問がありました。

表生地綿100、裏ポリエステル100、リブ綿100のよだれかけはなぜタンブル乾燥禁止なのだと思いますか?

現物を見て触っていないので、あくまでも想像ですが・・・・・。
赤ちゃんが使うよだれかけなども考慮すると、固くなるのが嫌だったのか、シワになるのが嫌だったかではないか、と推測します。

赤ちゃんが使うものなので、とても柔らかく作られていると思うんです。
どうしても、乾燥機で熱をかけて乾燥をすると、目が詰まってしまう傾向があります。
目が詰まるという事は、固くなる、という事。
大人なら問題のないものでも、赤ちゃんのようなデリケートな肌には問題が起こる可能性があるのかもしれません。


また、タンブル乾燥をすると、品物によってしわが付きます。
柔らかい生地というのは、糸が細いか生地がスカスカで間が空いているかのどちらか、
糸が細いと、熱の影響を受けやすくなるので、よりしわが付きやすくなるのかな、と。
クリーニング屋の僕らなら、アイロンをかけて終わり!となりますが、一般のご家庭ではそういうしわも問題になると思います。


固くなる、シワになる、と言っても、そこまで強烈になるものでもないと思いますが、中にはびっくりするほど固くなるものもあるのも事実。
結局、アパレルさんも発注して制作してもらっているので分からないのではないでしょうか?
通常は、気になるレベルではないと思います・・・・。

絵表示の、×というのが不安を掻き立てるんでしょうね。
間違ってやってしまったら、取り返しがつかないミスになってしまうんじゃないだろうか?と、不安を掻き立ててしまうんだと思います。


絶対やっちゃダメ、ととるほどの注意喚起に見えちゃうんでしょう。
でも、実際は、×にも幅があって、使い物にならないレベルのものから、多少の変化はあるけど実用に問題のないレベルのものまであるわけです。
そりゃ、消費者は混乱しますね。


もっと消費者に分かりやすくしないと、混乱が変な誤解まで生んじゃいそうで怖いです。
正しい知識を、と一時期思っていたこともありましたが、服や洗たくに関する知識ってとても膨大で、それらを消費者の人に覚えてもらおうというのはかなり酷というもの。


それなら、別の方法でわかりやすい表示や、注意喚起などもわかりやすくするなどの方が、お互いいいんじゃないか、と思います。

新しいJISに期待しましょう。
僕も期待しています。

|

« クリーニングや洗濯の勉強はあまりお勧めしません。 | トップページ | やきとり峯 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タンブル乾燥禁止。:

« クリーニングや洗濯の勉強はあまりお勧めしません。 | トップページ | やきとり峯 »