« セカンドスクール、準備中。 | トップページ | 犬騒動。 »

ポリエステルだからってみんな同じじゃありません。

ポリエステルをご家庭で洗って、大変な思いをしている方が多いようですね。


先日、クロスロードに横倉さんが出演した時にも言っていましたが、ポリエステル、という名前でもその種類はたくさんあります。
デリケートなものもあるので注意が必要なんですが、ポリエステルというだけで同じように考えちゃう人が多いのかもしれませんね。

前にも書きましたが、同じ繊維でも構造が違ったりするだけで全然扱いが変わります。
ポリエステルでも、綿でも、糸が細くなるだけでぐっと扱いが難しくなるんです。
いま、 ポリエステルの事でここにきている人のほとんどが糸の細さによる影響だと思われます。


シワが取れないんですよ。


ものすごく細い糸で作られたポリエステルの生地で、洗っただけで小じわが大量に発生して、そのしわが取れなくなる、という事案が発生しています。
とてもデリケートなものなので、洗うときも注意しながら洗わなければいけないんですが、ポリエステルだから大丈夫でしょう、と洗っちゃうんでしょうね。


出てきたときにはしわだらけ。


普通ならアイロンをかければ元に戻るんですが、アイロンをかけることの難しい生地なので、元に戻しようがないんですよ。


こうなると、シワがつかないように洗うしかないんだと思います。
でも、現時点で、シワを発生させないで洗う方法はドライクリーニングしかないと思うんですよね。
服にダメージを与えないで洗えますから。
水で洗うと、濡れた時点で水の影響からシワが出来始めます。
この判断は、とても難しいと思うんですね。

今回はポリエステルの話を書いていますが、他の素材でもみんな一緒です。
素材はあくまで参考に。
同じものでも、柔らかかったり、毛足が長かったり、いろんな要素で扱い方ががらりと変わります。


綿だから、ウールだから、と、それは安心できる理由にはならないんです。

どうやって判断すればいいか?
もうこれは、経験しかないんですよね。
僕もそこで苦労しましたから。


クリーニング学校で学んできて、知識はある、でも、それと実際の品物にはかなりの開きがあります。
綿でも危ない生地がある、普通に扱えない生地がある、と見分けられるようになるまでに相当時間かかっていますから。


たくさんの服を見てきて、これは普通のと違う、という所から入って、経験として蓄積していきます。


お客様の場合は、僕らと唯一違うのは、これは違う、うちで洗ったらおかしくなる、と思ったらクリーニング屋さんへ持ち込むこと、ですね。
僕らのような素材や洗浄の知識がありませんし、そこをプロ並みにしていっても家庭の設備ではあまり意味がありません。


自分で洗えるか、洗えないか、の判断をしっかりできるようにしていくといいと思います。

クリーニング屋さんへ通うといろいろと教えてくれます。
プロの説明を聞くのも近道の一つですよ。


|

« セカンドスクール、準備中。 | トップページ | 犬騒動。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポリエステルだからってみんな同じじゃありません。:

« セカンドスクール、準備中。 | トップページ | 犬騒動。 »