« 掃除中。 | トップページ | 子どもは大人みんなで育てるものですね。 »

リサイクルセンターで火事。

昨日の大掃除の成果で、ゴミがたくさん出てしまいました。
普通に捨てられるものから、粗大ごみまで。
そのうち使うだろう、壊れた時の代替機に、なんて考えていたら粗大ゴミがたまってしまったんですね。


多摩川沿いのリサイクルセンターへ持ち込めば、粗大ごみの処理代が半額になります。
今日の午前中は、ゴミを出しに行くことになりました。

朝一でお客様のところから品物を集荷して着まして、品物を下ろしたら今度は粗大ごみを積み始めます。
なぜか?ブラウン管のテレビなんかもありまして、荷台はパンパンに。
積み終わると、昨日、ゴミ捨ては私が、と言っていた嫁さんが出てきません。


あ、これは僕一人で捨てて来いってことだな。

僕も大人ですからね、言われなくてもわかります。(笑)
この一瞬で理解する能力は旦那さんには不可欠な能力です。(笑)

テレビは粗大ごみとして捨てられません。
電気屋さんで引き取ってもらわないといけないので、その場でスマホで調べ物をしていたんですね。
すると、嫁さんが店から出てきて、私も行くので待ってて、と。
リサイクルセンターからヤマダ電機へ行こうか、ヤマダ電機からリサイクルセンターへ行こうか、迷っていたところ言われてしまったので、その場で待機になってしまいました。


10分後、嫁さん登場。


ドカッと後ろに座ったら出発です。
時間がお昼前だったので、近いヤマダ電機から。
本宿トンネルのあたりで急に込み始めます。
しかも、けたたましいサイレンの音が、聞こえてくる。


火事だな。


瞬時にわかりますね。
もう少し進んでいくと、まさに西府の出張所から消防車が出ていくところでした。
消防車が出ていくときって、あんなでかい音を出していくんだな、と初めて知ったりして。
何とか渋滞を抜けてヤマダ電機へ。


駐車場からテレビを下ろし、台車で二階のカウンターへ。
テレビを捨てたいのですが、と話すと、店員さんがすぐ対応をしてくれます。
用紙に名前を記入して、お金を払って、終了。
5分もかからずに終わってしまいました。


さあ、ではリサイクルセンターへ行きましょう。


ヤマダ電機を出て、鎌倉街道を走っていくと、やはり本宿トンネルのあたりから混み始めます。
さっきの火事は、この道路沿いなのかな?と思ったので、道を変えて、四谷から多摩川沿いに抜ける事に。
これがうまくいきまして、すいすいっと多摩川沿いまでいったのでした。
そのままリサイクルセンターの方へ走っていくと、赤いパトランプが先の方で回っています。

あら?さっきの火事はこっちだったかな?


そのまま走っていくと、消防車がずらりと並んでいます。
火事はどこだろう?と走っていくと、リサイクルセンターに到着。


入ろうと右折のウィンカーを出したら、職員さんが入っちゃダメ、と合図を出すんです。


そんなこと言われても、こっちも粗大ごみを載せているので一刻も早く処分したいし・・・・・。
どうしたんですか?と聞いてみたんですね。
すると・・・・・


火災が起きたので、今日はおしまいです。


か、火災???
ここだったの?
仕方なく、通り過ぎると、中の方に消防車が数台。
完全にここが火元でした。

捨てらんないのか、また明日来るかね、なんて思っていると、よく考えたらこの火事に出くわしていたかもしれないな、と気付いてしまって・・・・。
嫁さんを待たずに、そのままリサイクルセンターに行っていたら、まず間違いなく出火に出くわしていたでしょう。
車で待っていた時間、消防車が出ていく時間、もろもろを考えると、どんぴしゃのタイミング。


いやー、ついてましたね。
嫁さんに声を掛けられ、待っていたのが、良かったみたいです。

うん、ついてる。(笑)

火事は怖いですからね。
今日も元消防団員さんと話をしていて、火事は簡単に起きてしまうんだそうです。
で、大きな火よりも、他に燃え移ってしまうのが怖いんだそうで・・・・・。
例えば天ぷら油から火が出ているだけなら、それを消火すればいいんですが、他に燃え移ってしまうと、片方を消火しているうちに他がどんどん燃え広がっていってしまい、手遅れになるんだそうで・・・・。


本当に火事は怖いですよ。

皆さんも気を付けてくださいね。

粗大ごみは、明日朝一に変更になりました。
リサイクルセンター、やってますように。


|

« 掃除中。 | トップページ | 子どもは大人みんなで育てるものですね。 »

府中の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リサイクルセンターで火事。:

« 掃除中。 | トップページ | 子どもは大人みんなで育てるものですね。 »