« スーツを1シーズンに一回洗えばいいという理由はなんでしょう? | トップページ | 一時閉店。 »

修理をするかしないか?の境界線は?

クリーニングにお持ちになった服が、破れている事があります。

修理しますか?

とお尋ねをするのですが、修理代で悩む方がとても多いです。
修理代出してまで着た方が得なのか、あきらめて新しい方を買う方が得なのか、悩んでしまうんですね。
今日もスーツの裾が破れている品物がありました。


スーツの裾、破れている方いらっしゃいますよね。
丈が合わなかったり、汚れたまま長く着用しているとどんどん破れていってしまいます。
5㎜程、丈を詰めるだけで、新品のようにきれいに直るので、早いうちに直すのが得なんです。


しかし、この判断がなかなかつきませんね。
今回の修理代、うちで2000円でした。
今スーツも安いので、その値段だして修理するか?迷ってしまうんだと思います。


修理するかどうかの基準。

僕ならスーツは迷わず修理をお勧めします!

というのも、2000円で修理が出来るならそっちの方が圧倒的に安いからです。
修理をして、また着る事が出来ますよね、しかも、一年以上はゆうに着る事が出来ます。
これを買い替えていたら・・・・お金がいくらあっても足りませんよ。


今破れているのを見て、どこまで直るんだろう?と思うから悩むんですが、きれいに直ったのを見るとやってよかったな、と思うようになります。

スーツはほかに、ファスナーの修理が多いんです。
こちらも、今は昔と違い、ファスナーの本体部分だけ交換できるので、早くて安くなりました。
こちらも絶対やった方がお得です。


では、どういう時に修理をあきらめて買いなおしたほうがいいのか?


3回くらい修理したものはもうあきらめていいと思います
逆に言うと、3回まではいろいろと修理をしてでも着た方が得だよ、という事です。


ファスナーを交換したり、裾を修理したり、またの破れを直したり、ポケットの周辺の破れを修理したり。
毎日着ていると、どこかしら破れたりほつれたりするんですね。
でも、それはきちんと直す事が出来る。
直してまた着る方が、買いなおすよりも経済的なのは明らかです。


ですが。

3回ほど修理をすると、実は修理もだんだんと厳しくなってきます。
というのも、修理する箇所って大体同じなんですよ。
その人の体形や着方や、癖などが影響をするんでしょうね、修理する箇所は同じところをやる事が多いです。


僕もズボンの股のあたりがよく敗れます。
修理をしてもらいますが、やはり3回目あたりでそろそろ厳しいですよ、と修理屋さんに言われます。
それくらいが、ちょうどいい頃合いなんでしょうね。

これから暑くなって、汚れたスーツが破れやすくなります。
そんな時は、あきらめずに修理をしてください。
クリーニング屋さんでも受け付けてくれます。


直してきていれば5年ほどは持ちますから。
スーツはもっともっと着る事が出来ますよ。


|

« スーツを1シーズンに一回洗えばいいという理由はなんでしょう? | トップページ | 一時閉店。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 修理をするかしないか?の境界線は?:

« スーツを1シーズンに一回洗えばいいという理由はなんでしょう? | トップページ | 一時閉店。 »