« リサイクルセンターで火事。 | トップページ | 梅雨の時期に気を付ける事は? »

子どもは大人みんなで育てるものですね。

子どもを育てるって大変ですね。
時には親だけではどうしようもない時ってあります。
昔なら、おじいちゃん、おばあちゃんがいたりしたんでしょうが、今はなかなかそういうわけにもいかず…。
だからこそ、周りの協力って必要だと思うんです。


うちの子供たちは週に二回、柔道に通っています。
幼稚園のころから一緒だった女の子が、同じ柔道教室に通っていたのですが、ここ最近休んでいるんです。


調子が悪いのかな?と思いきや、うちに遊びに来るときは元気。
子供たちも何となく感じているようで、どうやら一度休んでしまってから行きづらくなっているんじゃないか、との事。
お母さんも、いかせようと一生懸命話をしているようなんですが、子どもの抵抗にあい、うまくいかないようです。


日曜日、その子がうちへ遊びに来たので僕が少し話をしました。

なんで柔道行かないの?
嫌になった?


と聞くと、うん、と言います。


僕から伝えたのは次の話。


やめてもいいと思うけど、今のようにいかないで逃げるようにしていると、後になってから嫌な気持ちになるよ。
大人になっても、何かがあるたびに思い出して嫌な気持ちがして、逃げるようになるから、出来るならちゃんと言った方がいい。
もし嫌でやめるにしても、ちゃんと話をしてやめた方がいいよ。


他の大人の話なら素直に聞けるんですよ。
親子だから話がきけないってありますよね。


そこで、火曜日の柔道は僕が迎えに行くので行こう、という話になったんです。
本人も、分かった、と。


そして今日。
柔道の時間一時間前に娘に電話をさせると、電話に出ません。
何回掛けても電話に出ないので、娘ももしかして・・・・、と変な想像をしているみたい。
約束をしているから迎えに行くよ、と僕。
時間10分前にもう一度電話をすると、お母さんが出て、本人が嫌がっていて、説得している、といいます。


迎えに行くと・・・・・、トイレに籠城していました。(笑)
子供たち全員で説得に行ったんですが、もう聞く耳持たないんですね。
何回か休んだことで、行くのが怖くなってしまってる。
あの手この手、最後は籠城までするわけです。

子供のパワーはすごいですから。
こっちも本気でやらないと押し切られてしまいます。


柔道の時間が過ぎても出てこないので、僕も様子を見に行きました。


思いっきり泣いていましたが、前回と同じ話を思う一度。

嫌なら辞めてもいいけど、今のようにしていたら駄目だよ。
こうやって逃げると、大人になってまで思い出して嫌な気分になる。

これはね、僕らも同じ失敗をしてきているからわかるんだよ。
僕も同じように逃げたことがあって、そのせいで30歳ころまで何かあるたびに思い出して嫌な気分になっていた。

そうならないためにも、やめるなら辞める、行くならちゃんと行く、どっちかにした方がいいよ。

たぶん、ほとんどの大人はこれだけ泣きじゃくる子供を見ると、これだけ嫌がっているならもう辞めさせてあげよう、と思うと思うんですよ。
こんな大泣きしていると、トラウマになる、心に傷がつく、そう思う人の方が大多数ではないかと思うんですね。


違うんです、逆なんですよね。
ここで逃げるようにやめさせちゃうと、もっと大きなトラウマになってしまうんです。


周りは何とも思っていないのに、柔道の関係者から逃げるようになったり、柔道場の方面にはいかなくなってしまったり、何かをしようとするたびに、逃げた記憶が思い出しちゃったり。
こんなのが結構長く続きます。


本当に心の傷ってやめる方がでかいんですよね。


僕らは今までにそういう失敗をたくさんしてきています。
子供に伝える事は、同じ過ちをしないように、道を見せてあげる事だと思うんです。


どこまで伝わったかはわかりませんが、今日は行くという事になり、でも、僕らと一緒は嫌だ、と。
おかあさんといっしょがいい、と自転車で行くことになりました。
きっと、うちの子たちに合わせる顔がなかったんでしょうね。
それもよくわかる。


無事に柔道に行き、帰り迎えいにって様子を見てみると、いつものように楽しそうに笑っている姿が。


ほらね、いけばいつもみたいに笑って楽しめる。

休んでたので、顔を出しづらかっただけだったんですよね。
さっきまで大泣きしてたのが嘘のように、いつものように僕に絡んできます。


大丈夫だったろ?と聞くと、とりあえずはね、と。
子供たちに様子を聞くと、一番楽しんでいた、と。(笑)
これで次も来れるな、と話すと、うん、と言います。


ひとまずよかった。


子供って、親だけが育てるものじゃないんですよ、まわりみんなで育てるものなんです。
親には親の役割が、でも親では通じないときもある、そんなとき周りに大人が関わってあげるといいんですよね。

みんなで子供たちを見守っていければいいんじゃないかと思いますね。


みんなが願っているのは子どもの成長、幸せですからね。
とりあえず、良かったかな。

|

« リサイクルセンターで火事。 | トップページ | 梅雨の時期に気を付ける事は? »

日記・その他」カテゴリの記事

コメント

子供の成長を見守ってあげて下さい。良かったですね

投稿: 東海帝王 | 2016年6月 9日 (木) 08時07分

東海帝王さん、ありがとうございます。
今はなかなか大人も関わり合いを持てなくなってしまってますからね。
実は、かかわりを持つという事は、大人も成長する、という事なんです。
大人が大人でいるためにも、子どもと接する必要はあると思います。

投稿: boribori | 2016年6月10日 (金) 02時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子どもは大人みんなで育てるものですね。:

« リサイクルセンターで火事。 | トップページ | 梅雨の時期に気を付ける事は? »