« ドライクリーニング系男子。 | トップページ | 133倍の洗剤??? »

シルクは確かに滑るけど…。

東京都知事の件で連日ニュースがにぎわっています。
いろんな話が飛び交う中、クリーニング屋としてどうしても反応してしまうのが、シルクの中国服の話。


書道をやるときに、シルクの中国服を着て書くと体がよく動いて書きやすくなる、というもの。
厳しい第三者の方々にもご納得いただけたようです。

世の中の反応は?というと、結構手厳しいんですよね。
わからなくもないんですが、クリーニング屋としてみてみると、僕は確かにそうだよね、と思うんです。


シルクの特性を考えてみると、確かに滑るだろうな、と。
筆が動かしやすくなるだろうな、と思います。
それこそ、他の服を着て書くよりも絶対やりやすくなっているでしょうね。

シルクの中国服を着て書かなければいけないかどうかは別として。

シルクの性能を考えると、ごもっともだな、と思うんです。
で、ついさっきのニュースでも、裸で書けばとか、夏は逆に暑いでしょう、とか言っているんですが、おそらくこの人たちはシルクのすごさを全く知らないんでしょうね。


裸なんかよりもよほど動きやすくなりますから。
また、シルクの吸湿発散性は季節問わず使えます。
四季を問わず、十分使えると思いますよ。

それが絶対必要か?は別として。


いくら中国で買ったといっても、シルクである必要があるのかな?と思うんです。
滑りをよくして、体の動かし方を滑らかにしたいのなら、化学繊維という選択肢もあります。
ナイロンやポリエステルで、極細繊維のものなら、ものすごくすべすべしてますからね。
これでも十分目的は達成できるんではないのかな?と思います。


値段も安いでしょうし。

シルクにこだわる必要があったのか?
役職上、仕方がなかったのか?
などなど、いろんなことは想像できますが。

ただ、ニュースを見ていて、東京都知事に悪いイメージを持っていて、それに合わせるようにシルクの事を悪く言うのはちょっと嫌だな、と思うんです。

シルクってすごいんだから。

お手入れとか大変だけど、でも、一着くらい持っていたら人生豊かになるから。
シルクの服を着た時の、あの幸せ感、他にはないですからね。


シルクは悪者ではない、という事を今日は伝えたかったんです。(笑)


|

« ドライクリーニング系男子。 | トップページ | 133倍の洗剤??? »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シルクは確かに滑るけど…。:

« ドライクリーニング系男子。 | トップページ | 133倍の洗剤??? »