« 形態安定加工は、残念ながらずっと続きません。 | トップページ | もし、ドライクリーニングが出来なかったとしたら? »

クリーニングをしなくてもいい服は損してます。

クリーニング出来ない服、しなくてもいい服、ありますよね。
今日、ふっと思ったんですが、クリーニングをしなくてもいい服って色々損をしていると思うんです。

最近、物の良し悪しについて、よくわからない、といった方が増えているように思うんです。
目的を果たしていれば、どんなものでもいいんじゃないか、と。


高級である必要はないし、必要な条件がそろっていれば何でもいい、と。


服も、着る事が出来ればいい、という方が増えているようで、ここのブログにも、高級な服を買う意味、なんていうキーワードで来る人が後を絶ちません。
服を着る、裸を隠す、生地で覆われている、服の形をしている、色んな解釈があるのかもしれませんが、別に高くなくても安い服でも、十分着る事が出来るので、それでいいよ、という人がいるのも確かです。


スーツなんかも、安くても十分なものが買えるんだから、クリーニングをしなくてもいい、と、そんな人もいます。
二年くらいずっと着ていて、一度も洗わずに、二年後に捨ててしまう。
安いんだから、クリーニング代の方がもったいない、そのまま着ていても特に問題はない、そんな人がいるんですよ。


クリーニングは、特に、洗う必要なあるものと、ないものの区別を皆さんすると思います。
家で洗っていいもの、クリーニング屋さんに出すもの、分けていますよね。


近年、そこの仕分けがあいまいになってきていて、ともすればスーツやおしゃれに着ていくような服まで自宅で洗う人がいます。
自分で洗えるから、と、クリーニングする必要がない、と。


でね、ちょっと思ったんですが、クリーニングする必要のない服って、絶対損をしているんですよ。
大きく損をしているわけではないんです、ちょこちょこと損をしていると思うんですね。

例えば、安かったからクリーニング代の方が高くつくので、クリーニングをしない。


こんな服があります
服の購入額ってクリーニングに影響をしますよね。
洗うよりも改めて買った方がいいこともあります。
また、初めからクリーニングをしないように、安い服を選ぶこともあります。


高くても、安くても、着れることには変わりがないんだから、と。

ここで損をしているんですね。
確かに安くても高くても同じように着ることはできるんです、が、同じ形でも全然違うんですよ。


一番わかりやすいのは質感。


安い服はどうしても質感が悪いです。
生地が薄いので、 ぺらっぺら感は否めない。

割り箸とか、そういうのありませんか?
割り箸なんて変わらないだろう?そう思っている人、たくさんいらっしゃいますね。
お弁当を買った時に、おかずを取ると曲がっちゃうほど弱い割り箸があると思えば、しっかりした割り箸もある。
質感の違いって、使ってみて初めて気づきます。

さらに、着心地も悪かったりします。


そんなに変わらないでしょう?服の形は変わらないんだから、そう思うでしょう?


服は裁断の仕方や縫製の仕方で着心地が全然違うんですよ。
平面で縫製されるのと、人の形を意識して、立体的に縫製するのとでは、着心地が全く違います。
立体的に縫製するのは、安くはできませんから、当然安い服を買うと着づらいし、体に引っかかって疲れやすくなる。


安いから・・・・と、選んだ服のせいで、疲れやすくなったり、着心地が悪い状態でずっと着なければいけなくなってしまうんです。
また、生地が薄かったりしっかりと縫製されていないと、着くずれをします。
これも、疲れやすくなる原因。


こういうクリーニングをするまでもない服は、こんな形でいろいろと損をしているんです。


もし、これらを、きちんとしたものを選んでいたらどうなったか?


最初の支払いは少し高いですが、触っただけでしっかりしていると感じる事が出来る質感は、着ていても安心できます。
多少動いても着くずれしない、と直感でわかるからです。
また、立体的に縫製をされているので、動きやすい。
疲れにくくなりますね。


この違う服を二年も着ていたら、その差は歴然ですよ。


しかし、ここでいくら書いても、質感とかはわかりづらいですよね?
どんなにいいといわれても、そこまでじゃないんじゃないの?と思うかもしれません。


そんな時は・・・・・、ぜひ、試着に行ってみてください。

ジャケットなどは、試着が出来ます。
安いなあと思う服と、これは高いかな、と思う服を試着してみるとその違いがはっきりと分かるはずです。
着た瞬間に、質感が違うのがわかりますから。


あ、これはしっかりしている、というのがよくわかりますよ。

クリーニングをなるべく避けるために、疲れやすい服を選ぶのは損します。
服を選ぶときには、体に合ったもの、疲れにくいもの、長持ちするもの。
そういうものを選ぶと、クリーニングが必要になりますが、当然長持ちもするのでいい買い物になります


ぜひ、試着して比べてみてください。

|

« 形態安定加工は、残念ながらずっと続きません。 | トップページ | もし、ドライクリーニングが出来なかったとしたら? »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリーニングをしなくてもいい服は損してます。:

« 形態安定加工は、残念ながらずっと続きません。 | トップページ | もし、ドライクリーニングが出来なかったとしたら? »