« クリーニングをしなくてもいい服は損してます。 | トップページ | 水洗いが出来るというスーツが。 »

もし、ドライクリーニングが出来なかったとしたら?

もし、ドライクリーニングが出来なかったとしたら、いったい今はどうなっているんだろう?
今日、ふとそんな事を考えていました。


と言っても、昔はドライクリーニングなんてなかったので、いつでも水洗い。
クリーニング屋さん、洗濯屋さんもなくて、主に紺屋さんが洗濯を代行していたようです。
なので、今でもその名残で、昔は紺屋さんだったんですよ、というクリーニング屋さんがいらっしゃいます。


その当時の話を聞くと、結構難義していたようなんですね。

縮んじゃう。
色が出ちゃう。


特にこの二つに苦労をしていたようです。
ドライクリーニングの特徴は、これらの真逆。


縮まない。
色が出にくい。
元の形のまま洗える。


まさに当時は夢のような洗濯方法だったわけですね。

もし、現代にドライクリーニングがなかったら?

昔ほどではないにしろ、やはり洗うのに苦労をしたと思います。

縮む服もたくさんあるでしょうし、洗って色がおかしくなってしまう服もたくさん出てきていたでしょう。
しかし、洗剤も進化をしていますので、昔ほどではないんじゃないかな?とも思います。
水でも洗えるように確実になっていってますから。

しかし、それでもドライクリーニングが今なかったら、その代償はとても大きいと思うんです。

いくら洗剤が進化しているといっても、ドライクリーニングの仕上がりに比べるとどうしても差が出てしまいます。
それは、その後どれくらい衣類が長持ちするか?に直結してしまうんですね。

よく、こういう話をすると、では押し洗いをすれば?という方がいらっしゃいますが、水につけただけでアウトなんですよ。
いくら押し洗いをしたとしても、水につける事で、繊維が膨らみ、今までとは違ってしまうんです。


実はもう一つ、ドライクリーニングがなかったら大変だろうな、と思う事があります。

それは油の汚れが落ちないだろうな、という事。
皆さん、油汚れなんてほとんどついてないと思うでしょう?


いえいえ、がっつりついているんですよ。
皆さんが気付いていないだけ。
水洗いでも、油汚れがある程度落ちますが、やはりドライクリーニングにはかないません。
日常的につく油系の汚れが落ちないと、色がどんどんくすんでいきます。

もし、今の世の中に、ドライクリーニングがなかったとしたら、くすんだ衣類も増えているんじゃないか、と思いますね。

先日、それを彷彿とさせるような衣類がクリーニングに出てきました。
明日はそのお話を書こうと思います。


|

« クリーニングをしなくてもいい服は損してます。 | トップページ | 水洗いが出来るというスーツが。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もし、ドライクリーニングが出来なかったとしたら?:

« クリーニングをしなくてもいい服は損してます。 | トップページ | 水洗いが出来るというスーツが。 »