« イタリアよりも日本。 | トップページ | カットインシミズさん。 »

ドライクリーニングしかできないものを買っちゃった!

やはり、洗濯やクリーニングに関する悩みって多いんだと思います。
昔に比べて、皆さん綺麗好きになったと思いますしね。
洗わないで何日も着る方もいる一方、一度着たらこまめに洗いたい、という方も増えています。


そんな人たちを悩ますのが、ドライクリーニングしかできない、という服。

気に入って買ったはいいんだけど、いざ、洗おうとしたらドライクリーニングしかできなかった・・・・・、というケース、結構多いようです。

こういうご相談、今日も受けました。
どうすればいい?と。

洗濯表示を守るなら、ドライクリーニングをするしかないのでクリーニング屋さんへ出すしかありません。
水洗いが出来ない理由があって、ドライクリーニングが適している理由があるんでしょうね。
でも、それがおしゃれ着ならともかく、ふだん普通に着るような服だったりすると、毎回クリーニングに出すのは困るわけです。
お金もかかるし、クリーニングから返ってくるまで時間がかかるし。


一番は、こういう服は買わない事ですね。
着たら洗う、のは当たり前ですから、ふだん着用して、頻繁に洗い、頻繁に着たいのなら自分で洗えるものが必須条件です。
買う時に、注意して買うのが望ましい。


もし、買ってしまった時には?


同じような服の着数を増やす、という手があります。
要は着て、クリーニングに出して、次着るまでに替えの服があればいいんです。
同じような感じのような服を増やして、クリーニングする時間を作り出す、という手があります。


もう一つは・・・・・、思い切って自分で洗ってしまう。
案外これをやる人の方が多いような気がしています。
だから、洗っても大丈夫だったよ?という話を多く聞くんですよね。


現行の洗濯表示は、少しアバウトです。
ドライクリーニングしかできない、と書いておきながら、自分で洗えてしまう商品があるのも事実。
どうしてそんな事が起こっているのか?というと、アパレルメーカーさんが水洗いでを怖がってドライクリーニングを指定するからです。

ドライクリーニングは、形を保ったまま洗う事が出来るので、アパレルさんも安心なんでしょうね。


水でも洗える商品に、ドライクリーニングしか洗えない、と表示を付けてしまっているので、いざ洗ってみると洗える、という事になります。


しかし、本当に洗えないケースもあるんですよ。


水に漬けただけで、生地表面の色がtけ出してしまうとか。
水に漬けただけで縮んでしまう生地とか。


こんな商品も確かにあります。
でも、この辺の見分けは消費者の方には無理だと思うので、クリーニング屋さんへ持ち込んでアドバイスをもらってください。
そういうご相談、普通に受けてくれますから。


受け渡しだけのクリーニング屋さんではなく、個人営業されているお店で聞いてみてください。


これから夏に向けて、洗濯も考えないといけなくなります。
主婦の皆さんはこれからが大変な時期ですね。
毎日洗って洗って洗って・・・・・。
クリーニング屋さん並ですよ、たぶん。

頑張ってください。


|

« イタリアよりも日本。 | トップページ | カットインシミズさん。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドライクリーニングしかできないものを買っちゃった!:

« イタリアよりも日本。 | トップページ | カットインシミズさん。 »