« 必要な服ほど見つからないものです。 | トップページ | 人を信用する、という事は? »

普通で。

ヤフーの知恵袋にこんな質問が。

クリーニングの受け付けをやっているのですが、お客様が、普通で、と言われて預けていきます、
クリーニングの普通ってなんですか?

そういえば、昔はよく言われました。
普通で、って。(笑)
今は普通で、というお客様は当店にはいません。


なんで普通で、という言葉が出るか、たぶんデラックスというコースがあるからじゃないか、と思うんです。
当店にデラックスというコースがそもそもないですから、普通とか丁寧にとか言われても変えようがありません。
その品物に合わせてクリーニングをしているので、デラックスと言えばデラックスですし、これが当店の普通なので不通と言えば普通。(笑)

そんな説明を昔はよくしていましたね。
うちにデラックスがない、という事が伝わった証拠なのかもしれません。


そもそも、普通で、というお客様の事を考えると、デラックスと普通のクリーニングにその差や理由がわかりづらいんじゃないか、と思うんですよね。

なんでこれがデラックス???とか。
カシミヤやシルクが入っているとデラックス???とか。
これは普通の服なのに???とか。


そんな質問を過去にたくさん見てきましたし、聞いてきました。
意味わからない、と。


反面、デラックスが好きなお客様もいらっしゃって、洗いから仕上げまで違う、と思っている人もいたり。


こんな感じでは、普段着扱いしている服や古くなってきてそこまできれいにする必要がないと思われている服には、余計なデラックスをしなくていい、という意味で普通で、となりますよね。

あ、黙っていると、あこぎなクリーニング屋さんが、ぼったくってくる、そんな意味もあるのかもしれません・・・・・。
だとすると、ちょっと悲しいかなあ。


仕事をもっと明確にする必要がありますよね。

説明は確かにし辛いんです。
お客様は、服の形だけ見ているので、違いは判らないし危険性もわからない。
また、クリーニング屋さん側も、パートやアルバイトを使って受付をさせているので、その辺の見分けもつかないし、説明も出来ない。


でも、それではだめですよね。

服って形は同じですが、素材や作りによって、扱い方が変わってきます。
それこそ、同じスーツなのに、糸の太さの違いで洗い方にも違いが出てきます。


とても繊細なものを、普通で、と他のものと一緒に洗ってしまうと生地から糸が飛び出したり、白っぽく毛羽立ってしまったり、とおかしくなることもあります。
そういうものは、一点で洗うようになり、その分コストがかかる、という事になります。

やっぱりちゃんと説明をしなきゃ、ダメですよねえ。
今まで逃げてきたつけが回ってきているんだと思います。


僕らが意味もなくぼったくっている、と思われないように、きちんと説明をしていけば、クリーニングの仕方は任せてもらえると思います。
そういうクリーニング屋さんを目指していきましょう。


|

« 必要な服ほど見つからないものです。 | トップページ | 人を信用する、という事は? »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 普通で。:

« 必要な服ほど見つからないものです。 | トップページ | 人を信用する、という事は? »