« イベントのお手伝いに来ています。 | トップページ | まずは確認が大事です。 »

念願の北斎館。

昨日、長野にでかけてまして、朝市は小布施の温泉に行きました。
お手伝いに行く時間までに少し余裕があったので、いい湯だよと教えられた、アケビの湯により、その後市場でお買い物。
小布施は栗で有名なんですよね。
たくさんのくりが売られていまして、それを購入。
そして、イベント会場へ向かいました。


ところが。

途中で電話が入り、午前中の手伝いはいりません、と。
早目に着ていた友達が全部準備をしてしまったので、イベントが始まるまで時間をつぶしてきてください、と。

こりゃ、行きたくていけなかった北斎館へ行こう、と決めまして、再び小布施へ舞い戻ったんです。(笑)

小布施の北斎館の話は友達から聞いていまして、あそこは一度行ってみた方がいいよ、と教えられていたんです。
特に龍の絵がすごいから、と言われていたので、行きたくて行きたくて仕方がなかったんですが、なぜか長野に行くときには用事がたくさんあり、いく事が出来なかったんです。
今回、時間が出来たのでやっと念願がかないました。


ちょうど栗の時期という事もあり、北斎館周辺は栗のお店でいっぱい。
路上で焼き栗は売っているわ、喫茶店のようなところでは栗を使ったスイーツが売っているわ、有名なモンブランのお店はあるわで、雨が降っているにもかかわらず、大盛況です。


同乗していた友達が、僕は北斎館よりも栗が食べたい、とふらっとどこかへ行ってしまいまして。
各々好きなものを目指せばいいんじゃないの、と僕らは北斎館へ入りました。

初めて見る北斎。
教科書に載っていたりテレビのクイズ番組で有名な北斎の浮世絵は何度も見たことがありましたが、どうやら僕は浮世絵というものを勘違いしていたようです。


もっとのぺーっとしたものを想像していて、北斎がヨーロッパの画家たちに影響を与えていた、という話も、日本独特の絵が理由なんだろうな、位に思っていました。


ところが、いざ見てみると、濃淡を上手につけ、立体的に書かれている絵の迫力はすごかったです。
こんなに細かく書いているんだ、と実物を見て初めて知る事が出来ました。
教科書の絵とは比べ物になりません。


そして、友達がぜひ見ておいた方がいい、と言っていた龍の絵に。

その迫力たるや、引き込まれちゃうんですよね。
龍の左手に、心臓をわしづかみにされそう。
怖い絵ではないんですが、今にも飛び出してきて来そうな絵に見てよかった、と思いました。


僕は大満足。(笑)


子供たちは、ほとんど興味がなかったようですが、これから教科書で見るたびに思い出すでしょう。(笑)

僕らが外に出ると、一緒に行った友達も満足そうな顔。(笑)
栗、おいしかったようですよ。

そして、いつものように天聖さんにラーメンを食べに行くと、イベントの主催者の友達に遭遇。(笑)
準備が終わってしまってやる事がないので腹ごしらえに来たんですって。
一緒に食べて、会場へ向かいました。


やっと念願がかなって北斎館へ行けて、今回はうれしかったですね。
小布施は温泉もいいし、北斎館もいいし、栗もいい。
長野、ゆったりと遊びに行きたいなあ。


なんでいつも、弾丸日帰りツアーなんだろう?


次回はゆったりと、いってきましょう。(笑)


|

« イベントのお手伝いに来ています。 | トップページ | まずは確認が大事です。 »

日記・その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 念願の北斎館。:

« イベントのお手伝いに来ています。 | トップページ | まずは確認が大事です。 »