« なばなの里。 | トップページ | きれいにするって何か?クリーニングって何か? »

いいクリーニング屋さんに共通する事。

日曜日、横倉さんのセミナーに参加をしてきました。
そこで色々とお話を聞き、思った事があります。


僕の周りには、とても優秀でいいクリーニング屋さんがいます。
その人たちに共通している事があったんです。


それは、汚れ方やシミの付き方、色の壊れ方をイメージとして想像できる能力が高いんですね。

クリーニングに持ち込まれた時、汚れているわけですね。
中には、ものすごい状態のものも。
それらをいろいろ技術を駆使してきれいにしていくんですが、やみくもにやっても綺麗になるわけではないんです。


原因があってそうなっているわけで、その原因によっては同じやり方でも効果がなかったり逆に変な風になってしまう事もあります。


先日iお会いした横倉さんもそうでしたが、品物の分析能力が非常に高いんですよね。


品物を見て、その品物がどういう状況でどうしてそうなったのか?見抜くんです。

見抜く事が出来ると、対処法も同時に出てきます
しかも、的確に。

これって一見当たり前のようですが、出来る人と出来ない人とでは相当な差が出てしまいます。


そうですね、ちょうど僕がお世話になっている湯江鍼灸接骨院さんもそうなんですよね。


痛い、つらい、と治してもらいに行くんですが、入った瞬間にどうしてそうなったのか?見抜いてしまうんです。
ただ痛いのではなく、その痛みがどこから来ているのか?何が原因でその箇所が壊れてしまったのか?見抜くんですよ。


見抜かないと、関係ない所に湿布張ったりして、いつまでたっても治らなかったりするじゃないですか。
よくある話で、マッサージやってもらった時はいいんだけど家に帰ったら変わらずに痛み出して、とか。
適切に分析をして適切に治療をしてもらうと、驚くほど治りが早くなるんですよね。

いい接骨院も、いいクリーニング屋さんも同じ。


分析能力が高くて、それを頭の中で映像としてイメージする能力が高い人が多い。
僕、そこに気づいてしまいました。(笑)


お客さんがこれをどうやって知るか?ですが、たぶん簡単に分かると思います。

受付で説明をしてくれる時に、きちんと分析してイメージできている人は、お客様への説明もその人に合わせてイメージしやすい言葉を選んでくれますから。
ただ言葉を並べている人よりも断然わかりやすい説明をしてくれます。

もし、そういうクリーニング屋さんに出会ったら、当たりですよ。
そのお店は大事にしましょう。


そういうお店がどんどん増えていってほしいですね。
説明はとても大事ですから。


|

« なばなの里。 | トップページ | きれいにするって何か?クリーニングって何か? »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いいクリーニング屋さんに共通する事。:

« なばなの里。 | トップページ | きれいにするって何か?クリーニングって何か? »