« 素材の良し悪し。 | トップページ | 毎度のことながら…。 »

落とさなくてもいいシミがある。

クリーニング屋のさがでしょうか、とことんきれいにしたいと思うんですね。
シミを見つけたらしみ抜きをし、洗い直しをしたりもします。
落ちるまでやるので、時にはものすごく日にちがかかることもあったりするわけで・・・・。

でも、お客様が全部のシミを落としてほしいと思っているか?は別の話なんですね。
別にシミが落ちなくても構わない、というお客様もいらっしゃいます。


汚れるのが前提で着ている服などは、別にそこまできれいにする必要はない、というスタンスで着ているケースもありますし、シミを付けたのをご自分で知っていて納得しているケースもあります。


要は、そこまでしてくれなくていいですよ、という事なんですね。


でも、クリーニング屋としては、落ちた方がいいですよね?と一生懸命洗ったりしみ抜きをしたりします。
そこで、ふっと思うのは、これって自己満足なんじゃないのかな?と思う事もあるんですね。


汚れを落とすことにこだわり過ぎて、何度も洗い直しをしたりして。
でも、それをお客様はそこまではしてくれなくてもいいですよ、とおっしゃっている。
じゃあ、何がそこまでさせるのか?というと、明らかに僕らの気持ちなんでしょう。


もう一度洗い直しをさせてください、と言いながら、これって自己満足でお客様は迷惑してないかな?と自問自答をしていたりします。

きれいにするって、難しい。
どこまできれいにするのか、どんな汚れを落としてほしいのか。
みんな違いますもんね。
何ぜこれをクリーニングに出しているのか?そこをきちんと読み取らないといけないなあ、と少し反省中・・・・。

|

« 素材の良し悪し。 | トップページ | 毎度のことながら…。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 落とさなくてもいいシミがある。:

« 素材の良し悪し。 | トップページ | 毎度のことながら…。 »