« 戦略的撤退。 | トップページ | 右手仕様。 »

説明と責任と。

クリーニング屋をやっていますと、いろんな質問をされる事があります。

これ、落ちますか?


他の店でこうなったんですけど、何でですか?


説明も結構難しいのですが、まだこれらは説明が出来るんです。
説明が難しいな、と思うのは、このご質問。

このシミの落とし方を教えてください。

教えること自体は難しくないんです。
何が難しいか?って、ケースバイケースという事が伝わらない事が難しいんですね。


何回か書いていますが、汚れを落とす、シミを落とすというのは、いろんな条件があります。
汚れの種類、繊維、生地の作り。
これらを加味しながら、出来る事と出来ない事を選別して汚れを落としていきます。


この商品のこの汚れの落とし方、を教えるのは、条件が決まっているので難しくはない。
でも、シミの落とし方としてそのやり方を他の衣類でもやってしまうのは、まずいケースもある。

そう、どう受け取られているか?が分からないから難しいんですね。


実際、他でもよく聞きますが、シミの抜き方を教えて、その後、他の衣類で同じことをやったら穴が空いたじゃないの、クレームになってしまったという事もあります。
あくまでも、特定の商品、特定のシミにのみ使えるやり方で、物が変われば使えない事もあるんですね。
でも、そういうことほど、お客様には伝わりづらいんです。


お客さまがしりたいのは、単純にやり方、答だけですから。


そして、それがどれにでも通用すると思ってしまうのも、仕方がないと思います。
僕らのように勉強をしているわけではないですから・・・・・。

説明をするのはできる、でも、その説明がきちんと伝わっているか、万が一間違って覚えてしまって穴が空いたり変な風になってしまわないか、そういう事を考えると、おいそれと説明をしていいものかどうか、いつも悩みます。


説明をするという事は責任もありますから。


条件が合えば簡単に落ちるものでも、条件が変われば最悪な結果を招くこともある。
その難しさ、ですね。


雑誌などでしみ抜きのやり方が載っていますが、それも、素材を限定しているケースが多いです。
それだけ、素材、色、作りで変わってしまうからなんですね。
友達が取材を受けていても、やはりその部分で相当悩んでいるのを聞いています。


もし、クリーニング屋さんに、しみ抜きのやり方を聞くのであれば、その商品のみと考えておいてくださいね。
他のにも、使えるかどうか、その判断は難しいですから。
その都度、クリーニング屋さんへ相談をするのが一番安全です。


|

« 戦略的撤退。 | トップページ | 右手仕様。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 説明と責任と。:

« 戦略的撤退。 | トップページ | 右手仕様。 »