« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

仕事が終わり、そして、小山商店さんへ。

無事、年内の仕事が終わりました。
年明けでもいいよぉ、と言ってもらってはいますが、やはり残しておくのも気持ち悪い。
年内、気持ちよく仕上げて終わりたいじゃないですか。(笑)


ワイシャツも終わり、お店も閉め、女性陣の買い物の帰りを待って今度は僕が所用を済ませに、出掛けておりました。

給油して、洗車して、小山商店さんでお酒を買って、友達に電話する。(笑)

小山商店さん、混んでました。(笑)





友達にも電話したし、満足、満足。



今年も色々とありましたからね。
来年はどんな年にしましょうか?


そうですね、来年は、大人は大人らしく振る舞いたいな、と思います。


子どもが子どもでいるのは、大人がいるから。
僕ら大人が大人らしく振舞うことはとても大切だと思うんですね。

同じように、クリーニング屋らしくいたいな、とも思ってます。


つまり、僕がしっかりとしていなきゃ、という事。



自分に自分で、頑張れ、とはっぱ掛けてるんですよね。(笑)



うん、来年も頑張りましょう。



今年一年、大変お世話になりました。
ここに来てくださって、ブログを読んでくださる皆さん、本当にありがとうございます。


みなさん、良いお年をお迎えください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

相手の事を少しだけ想像してみる。

今年も残すところ明日一日となりました。
今日で仕事がほぼ終わるかと思いきや、バタバタとお客様がご来店されまして、気が付くとYシャツが山のように。(笑)
振り向けば何とやら、これだけ集まったら終わらせないと年が越せません。
という事で、明日も仕上げをします。

午前中で終わる予定です。
ご来店をお考えのお客様、お早めにご来店ください。

大晦日はいつものようなごあいさつになると思うので、今日はちょっと書きたかったことを書いてみようかな、と思います。

ここずっと思っていたことなんですけどね、どうにも世の中は誤解が多いよなあと思うんですよ。
話を聞いていると、相手はそんなこと言ってないのに、変な風に受け取って揉めてしまったり。
話している方の話し方にも問題があるのかもしれませんが、どうもそれだけではないような気がするんですね。

日本って、昔は性善説だったと思うんですよ。
人は悪いことをしない、それが前提だったような気がします。
今から20年ほど前に香港に日本のクリーニング屋さんの工場を作りにいった方が、あまりのひどさに驚いた、というのがありました。


日本ではお客様の品物を取っちゃいけないなんて、当たり前すぎてそんな話をしたことないんですが、当時の香港では衣類を勝手に持って行っちゃう人が出ていたんだそうで。

持って行っちゃダメだよ、というと、言われてないから、と。
その時に、香港では言わないと悪いことをする人が出てくるので、悪いことをするものだという前提で指導している、と言っていました。


そして現代の日本。


いまだに現代の日本でも、性善説でいいと思っています。
皆さん真面目ですし、いい人が多いよ思うんですよ。


でも、これが知らない人に対してはちょっと違ってきています。
本当に悪いことをしただけではないんですが、どうも知らない人は悪いことをする、という風に考える人が増えてきているように感じます。


よくある、何されるかわからないからね、みたいな会話だったり。
ニュースでそういうようなものがあるので、警戒をする人が増えているような気がするんですね。


それがいろんな場面で出てきちゃって、変な誤解を生んでいる事がとてももったいないし残念に思うんです。


昨日もそんな話を聞いてきました。


病院へ行くと、受付の方が口頭で質問をしてきたので、答えたら、確認のため保険証の提示をお願いします、と。
私の事を疑っているのよ!とお客様は怒っていらっしゃったんです。


お客様は、私の事を信じてないとか、疑っているとか、面倒くさがっていた、とかお話をされていました。
でも、本当は違うと思うんですよね。
話を聞いてさらに確認をする、という事は、そのことで以前にトラブルが起きていたんでしょう。

お客様の誤解もあるでしょうし、自分の聞き間違いもある。
気が付かない認知症の人もいらっしゃると聞きます。
そこで再度確認をするようになっていったと思うんですね。


だって、口頭で聞いていてトラブルが起きなければ、その後も口頭での質問だけでいいんですから。
お店や企業が、細かいことをやる理由は、以前にその件でトラブルが起きたからです。
二度とドラブルを起こさないために、細かい確認をするようになるんですね。


相手には相手の事情があったりします。


僕も仕事を離れればお客さんになります。
いろんなお店によりますが、僕には想像もつかないようなことが起きるんですね、お店って。
それを一つ一つ改善していっていいサービスになっていくんですが、そこに昇華されるまではぎくしゃくしがちなんですよ。
で、いらぬ誤解を与えてしまう事もある。


お客様に、お店の事情も少し考えてあげてくださいね、というのは筋が違うという人もいるかもしれません。
でも、お店の人も良くしていこうとやっている気持は汲んであげてほしいな、と思うんです。

どうしてもこういう誤解が生まれると、あの従業員は面倒くさがっていた、とか、あのお店は横柄だ、とか、そんな風に悪く取りがちですから。


それはとてももったいないと思うんですよ。
そう思ってしまう事で自分も不愉快になりますしね。
勘違いで自分が不愉快になっているって、これほど意味のないことってありませんから。


どんなお店でも、働いている人でも、皆さんお客様のために良いことをしようとがんばっています。
そこは信じてあげて欲しいです。

お店とお客さんの間の誤解だけでなく、このような誤解ってたくさんありますね。
よく聞いていれば、そんなこと言ってないのに、どうして悪く受け取るんだろう?とか。
お互い話している事は同じなのに、なんで揉めているんだろう、とか。


ちょっとした勘違いとか解釈の違いなんですよ。
時には自分の心が勝手に悪く受け取ったりね。
そこの通訳が出来る人がいたら、トラブルって減るよなあと思うんです。


世の中、絵にかいたような悪者って見たことあります?
中にはいるのかもしれませんが、そこまでひどい人って本当にまれだからひどいと思うんですね。
多少悪い人はいますけどね、基本どの人もいい所もあれば悪い所もある、自分に合う合わないとかそういう誤差なんではないかな、と思います。

自分に合わない人とは自然と距離が出来ますから、接触も減りますしね。(笑)
本当に人って良くできていると思います。


まあ、今年は絵にかいたようなトラブルにもあってびっくりはしたんですけどね、本当に人を貶める人っているんだと。
僕の人生の中で一人というかこの会社だけでした。
でも、そういう所はやはり大変なんですね。
悪い奴は苦労するように出来ているんです。

一人一人も悪い人じゃないのかもしれません、社風というやつで。
そう思うと、悪い奴らだ、というよりもかわいそうだなあ、と思います。
そんな仕事の覚え方しちゃダメだよ、と。

来年その人たちに良いことが起きますように。(笑)


でも、本当に来年は少しは相手の事を想像できるくらい余裕のある年にしたいですね。
ギスギスした世の中は疲れます。
どうせ疲れるなら、仕事で疲れないと。

そんないい年にしていきましょう。(笑)


さあ、明日も頑張ろうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

振り向けば…。

年末のクリーニング屋さんあるあるなんですけどね。


年末は仕事を終わらせないといけないので、品物の入荷を見定めながら洗いや仕上げを進めていきます。
皆さんのお休みもまちまちですので、どの辺で区切りをつけるか?悩みながら進行していってるんですね。


年内に、というお客様もいらっしゃれば、急がないので年明けでいいです、というお客様もいます。
急がないとは言いますが、品物の性質上、使うときは突然だからと仕上げておかなければいけないものもあります。
特にYシャツはぎりぎりまで待って、出来るだけ仕上げておこうといつも考えているんです。


Yシャツをぎりぎりまで待って仕上げようとすると、今度は他の品物も終わらせておかなければいけません。
いつもならyシャツを先にしていても、年末だけは逆になるからです。
スーツなんかも、たくさん集まってきていて、箱いっぱいのズボンを見て、大体仕上げ終わる時間を予想するんですね。
このくらいなら2時間で終わるかな、とか。
で、どんどん仕上げていって箱の中のものをすべて仕上げ、よしこれで終わりだな、と振り返ると、また箱いっぱいに品物が入っているんです。(笑)

そう、あとから入荷したものが洗いあがってきているんですね。

急がない商品だから年明けでいいよ、と言われましても、機械は動いてるしどうせならと結局やる事に。
そしてまた終わった、と振り返ると、新たな洗い上がりが溜まっているんです。(笑)


無限ループになっています。(笑)

これも年末の風物詩。
フェイスブックに書いたらクリーニング屋さんの友達が笑っている。
どこも同じですからね。

明日、年内の商品をすべて仕上げます。
31日は営業をしていますが、午前中で店じまいをする予定です。
お早めにご来店ください。


さあ、明日もがんばりましょうか。
まるでわんこそばみたいですが、仕上げまくりましょう。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バレた!Σ(゚д゚lll)

僕がブログを書いていることを家族は知っています。
両親はデジタル機器を使う事はありませんので見たことはありません。


最近、子供達がよく調べ物をしているんですよね。
ほとんどがYouTubeで面白い動画を探して見てるみたいですが、だんだんと検索のスキルが上がっているようです。

先日も、嫁さんがやってるブログを見たりしていましたし。
共用のiPadなので簡単に調べられたんでしょうね。


今朝、娘が居間でゴロゴロして何か見ていました。
ニヤニヤしながら読んでるので、何見てるの?と覗き込むと、あれ?どこかで見たことのあるような色合い。(笑)


分からない?と言われたので分からんな、と言うと、、今日も洗濯日和だ、と、Σ(゚д゚lll)


あら、バレちゃった。



どうやって調べたんだ?と聞くと、横にいる嫁さんや次男達が一斉に、今日も洗濯日和で検索、と。((((;゚Д゚)))))))



家族で僕のブログを読んでも何も面白くないと思うのに。
何を探しているんでしょうか?


ここを読んでいるのなら、クリーニングの知識をがっつり書いて教育してやろうかな?(笑)

いやいや、本当に家族には読まれたくないなあ。
なんか恥ずかしい。(//∇//)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんか、運がなくなりそうで…。

なんだか年末らしさを感じませんねえ。
師走らしい、せわしない感じがしないせいでしょうか。

そんな年でも、年末になるとそれなりにクリーニングは集まってくるんですね。
まとまった休みがやっと取れてクリーニングに持って来た方とか、預けっぱなしの服をようやく引き取りに来たとか、そこそこご来店があります。


そんな中で、年内に仕上げてもらえますか?というご依頼もあるんですね。
年内に仕上げてほしい、ということは、年明けに着たいという事なんでしょう。


あるお客様とそんな話をしていたらこんな話になりまして。



新年明けて、初詣に行くときに、去年の汚れが付いたまま行くと、一年の運が悪くなりそうで…。
新しい服でなくていいから、きれいにクリーニングしたもの着て行った方が運が良くなる気がしない?


そうんですよね、気持ちの問題なのかもしれませんけど、年が明けたら去年のものを引きずりたくないという方が結構いらっしゃるんです。
僕もその気持ち、よくわかります。

うちも、それまで着ていた服を、年末最後の仕事として洗って年が明けてから着ますから。
それが最後の仕事になるんですね、毎年。


気持ちの切り替えと言いますか、気持ち新たに、という思いもあるんでしょうね。


最近は年が変わるからと行って特別なことをしなくてもいい、そんな話も聞いたりしますが、何か行事でもないと節目にならなかったりしますからね。
年が変わるのを機に服もリフレッシュ!っていいと思いますよ。


今日で大まかな定期集配が終わりました。
あとは不定期にお伺いをしていきます。
これも年末らしい仕事の仕方。
やはり、年末なんですよねえ。(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

それは、しわが伸びてるとは言わないです。

年末も押し迫ってくると、色んなテレビや雑誌などで、今買うならこれ!!みたいな特集が組まれます。
ついつい、どんないいものが出たの?と食い入るように見ちゃうんですよね。(笑)
百均の便利もの特集や家電の特集が大好きだったりします。(笑)


その中で、へーこんなのも出たのね、というものが気になっていました。


アイロンなんですが、強力にスチームの出るもの。
形もちょっと変わっていて、スチームに特化させているようです。
広告は見ていて、実際にどのくらいスチームが出て、どのくらい伸びるのか?気になっていたんですね。

蒸気と一言で言いましても、その蒸気の質によって伸び方が変わります。
スチームに特化しているというのでも、もしかして?なんて思っていました。


あ、テレビでやっていたんですが。

番組内で、しわくちゃのズボンを試しに掛けています。
見た瞬間に、あ、あれは伸びねえ、と直感で分かっちゃったんです。(笑)
毎日仕事をしていますからね、蒸気を当てて伸びるもの、それだけでは足りないもの、分かっちゃうんですよ。

案の定、粗じわは取れるんですが、細かいしわが残っている。
やっぱりここまでが限界だよなあ、と見ていると、テレビの中からこんな声が。


すごい!こんなにしわが取れてる!!

いや、取れてないから。
いくら番組だからってそれは無理があるから。
今、テレビが高精細だから映っちゃうんですよ。
昔のテレビなら怪しいな?で済んじゃっていたんでしょうが、今はわかっちゃう。


一瞬、期待したんですけどね、よかったらうちも導入しようかな、位に思っていましたから。
でも、やはり、そんなうまい具合に行くわけはなくて・・・・。
番組でももうちょい適した服を用意すればよかったのになあ、と思いました。


ご家庭で使う事を考えれば、それでもいいのかなあ?と思わなくもないんですけどね、ただこういう時に決まって言う一言が嫌なんです。

クリーニング屋さんみたいに!とか、クリーニング屋さんと同じですね!とか。


それは伸びているとは言わないので、怒られちゃいます。
簡単にクリーニング屋さんみたいにとか言わないでほしいな。

もしかして、そのくらいで納品している所も多いのかな?
それなら問題だけど。


アイロンを使っていれば、あんなふうにはならないんですけどね。
アイロン、大事ですよ。
そして、絶対着心地が違いますね。
肌への当たり方に違いを感じるでしょう。

クリーニングの方が絶対よく伸びてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンタクロース、交代。(笑)

クリスマス、皆さんのご家庭には無事に来てくれたでしょうか?
我が家には・・・・、手紙が一通だけ。(笑)
では、毎度のことながら、今年のクリスマスの顛末をご紹介しましょう。(笑)


今年は、子供たちが成長をしたんでしょうね、一年を通してかなりやんちゃになってきました。


頼み事はやらない、反抗する、暴言を吐く、これらが一年を通して横行して来まして。
上の子たちが反抗期に入るにつて、下の子たちが真似をしていっている感じです。
注意しても、何をしても言う事を聞かない子供たちに、次第に大人たちの中で、あいつら大人バカにしてるな?という空気が蔓延し始めました。


君たち、そんな事をしているとプレゼントをもらえなくなるよ、サンタは見てるから。


そんなことも通じないほど、彼らはいつも強気です。
大丈夫だよ、平気だよ、もらえるよ。
だんだんと嫁さんの顔がこわばってきました。(笑)


一週間くらい前からいつものようにサンタさんへ手紙を書く子供たち。
こっそりと中を見ると、各々欲しいものが書いてあるんですが、それが毎日変わっていきます。
いい加減、対応できなくなってきたところ、嫁さんからきつい一言が。


今年、いらないんじゃない?


おー、怖い一言が出ました。
子供たちは当然知りません。
知らないからいつものように傍若無人にふるまっている。


でもね、あげないのはさびしいんですよね。(笑)
でも確かに、このままあげるのは悔しい。
そこでサンタさんにお手紙を書いてもらう事にしました。(笑)


クリスマスの朝、居間にプレゼントはなくあるのは封筒が一通だけ。
中にはこう書いてあったそうです。


中に便箋が二枚。
一枚は、なんと前職のサンタが工藤家のサンタクロースの担当を外れる、との事。
サンタクロースらしくなる、いつもファンキーな手紙をくれる彼。
出だしはいつも、はぶあないすでーい、ですからね。(笑)
子供たち曰く、迷走し始めたサンタ、がなぜか交代をしてしまったんです。
そこで分かった事実。
なんと今までのサンタは4号だったとか。
引き継いだのはサンタクロース7号さんです。(笑)


もう一枚の便箋は7号さんから。

まあね、これが今までのファンキーなサンタさんと違い、お役所にお勤めじゃないか?という位、かたっくるしい文章を書いてくる人で。(笑)
子供たちの間前に、○○氏を書いてくるような人です。(笑)

その便箋には主にこんな事が書かれていました。


工藤家のサンタクロースを交代したこと。
今までと同じようにサンタさんと呼んでいただいて構わない事。
着任早々申し訳ないが今年のプレゼントは上げられない事。
その理由は、子どもたちの素行不良が原因だとの事。

主にこんな感じです。(笑)
しかし、最後の方にこんな事も。


これから工藤家の担当をしていくに当たり、初めての年でプレゼントなしは嫌なので、猶予期間を設けたい、と。
10日間、素行がよくなったらプレゼントを持ってくる、と言います。
その間、僕や嫁さん、じいちゃんばあちゃんに見てもらい、みんながいいと言ったらプレゼントを持ってきましょう、と。
それでよければ、もう一度手紙に欲しいものを書き、この旨を了承したとサインをして張っておいてください、と。(笑)

最後まで事務的なサンタさんだ。(笑)
そうですね、頭は七三、面長で、黒縁の眼鏡をかけているようなイメージでしょうか。(笑)


さあ、これを読んで子どもたちはどんな反応をするか?
以前、似たようなことがあってその時は号泣するものは現れ、あまりの出来事に終業式に行けないんじゃないか?という位、家の中が大騒ぎになりました。

今朝はどんなだったか?というと……、結構冷静でしてね。
プレゼントがないことに騒ぐこともなく、サンタさんの手紙をみんなで分析をしていました。(笑)


前任のサンタが4号だというのはどこかで見た設定だな、と。
ネタ、パクってきた?と。
しかも、新しいサンタも誤字が多くていい加減だな、と。

しまいには、4号は頭おかしかったけど、悪い奴ではなかった、今度の7号は私嫌い、とか。(笑)

子供たちも成長していってるんですね、便箋からいろんな情報を読み取り、自分たちで分析をしている。(笑)


でも、まだかわいいな、と思うのは、どうするの?と聞くと、従うしかないでしょ、それ以外選択肢はないし、と素直になるところ。
今日一日、イラついているようではありましたが、段々といい素行になってきていました。


分析しているのはうちの子らしいな、と思いましたが、サンタさんも年々慎重にならないと正体がばれちゃうでしょうね。
危ない、危ない。(笑)


年をまたぐことになりますが、プレゼントをもらう事は出来るでしょうか?
年末は子どもたちも大変ですからね。
商売人のうちの子は、手伝いが多いので、どのくらい改心したか?試されてしまいます。


無事、プレゼントがもらえますように。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年内営業のお知らせ。

クリスマスイブです。
皆さん、どんな夜を過ごされているのでしょうか?


さて、今年もいよいよ残すところ一週間となりました。
当店の年内の営業のお知らせです。


いつも通り、31日まで営業をします。
31日は、お昼過ぎに閉店することになると思います。
お引き取りはお早めにお願いします。


そしてこれもいつも通り、明日の日曜日は臨時営業です。
毎年最終日曜日は大掃除を兼ねて営業をしています。
日曜日しか空いていないという方、ぜひご来店お待ちしております。

年明けの営業ですが、9日月曜日からの営業となります。
年明けが少し長いお休みになります、なるべく年内のお引き取りをお勧めします。


この告知をすると、本当にもうすぐで今年も終わりですね。
今頃、皆さんのおうちにもサンタさんが来ているかな?

そして、我が家のサンタさんは今年はどうなんだろう?
何となくブラックサンタがやってきそうな気がしてます。(笑)
顛末はまた今度。(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

宅配便、激混みらしいです。

何かのニュースで見たのですが、宅配便が大変な事になってるらしいです。

お歳暮や年末の予定準備、ネット通販の影響なんですかね、指定通り届かなくなってるようです。
最寄りの集配所に電話をかけてみても誰も出ないとか。
処理しきれないほど荷物が入って来て、大変な事になっている、と見ました。


当店でも、宅配便をご利用のお客様がいらっしゃいます。


年内にお届けしたいのですが、お客様のご希望どりの日時にお届け出来ないみたいです。

一件、発送のご指示をいただいたので、ご希望の日にちで発送をしようと思ったんですが、待てよ?と。
念のため、最寄りの集配所へ電話して、指定した日に届けられますか?と聞いたところ、お約束できない、と言われてしまいました。

時間指定はできると思いますが、日にちまではお約束できません、と。
もしかすると届くまでに数日かかってしまう可能性もございます、と。


これではいけない、と、お客様へご連絡し、余裕を持って配達日を指定していただきました。


多分、これからは毎年こんな風になるでしょうね。
ネット通販が増え、イベントがあるごとに宅配便が増えてくると対応できなくなってしまうんでしょう。
こちらも何か考えないといけないかなあ。

反面、近くにあるお店は割と人が少なくて。
こちらで買えば早いし、現物も見れるし、確実なんですけどね。
でも、ネットの方がまだ安いのでどうしてもネット通販にいきがちなんでしょうか。


年末年始、宅配便をご利用のお客様にはご迷惑をお掛けするかもしれません。
申し訳ございません、ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

制服のクリーニングをいつするか?

今週に入ってから制服のクリーニングのご相談を受けます。
どんなご相談か?といいますと、いつ洗うか?というご相談。


制服のクリーニングってタイミングがすごく難しいんですよ。
学校自体終わっても、何らかの理由で学校に通うことがあります。
かといって、クリーニングもいつでも出来るものでもありません。
僕らのお休みの予定と制服を使うタイミングを合わせないと、新年を迎えて制服が届いてない、ということになりかねません。


お母さんがたは、着なくなったらなるべく早くクリーニングに出して、年内に受け取りたいんですが、お子さんたちからすると、自分ですら予定がよく分からないので、いつから使わないの?と聞かれても困るわけです。

実際、ご相談の上、この日にお預かりしましょう、とお伺いしたら、また学校に呼ばれてしまい、クリーニングする事が出来ない、なんてことも起こってるんですね。


せめて、お休み中の登校は制服でなくてもいいとか、ジャージでもいいとか、そんな風にしてくれると助かるんですが、制服着用が義務付けられていると、本当に困ってしまいます。


この周辺は、今日で学校も終わり。
本来なら明日から制服をクリーニングに出せるはずなのですが、今年もギリギリまで対応に迫られるような気がしています。


当店は年内ギリギリまで営業しています。
制服のクリーニング、ぜひご相談くださいませ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

一分洗浄法。

ただ今、ソフトバンクの公共用無線LANの工事をしております。
その場を離れられないので、ブログの更新です。(笑)

工事を見ながらネットを見ていると、面白い記事を発見。

ドライクリーニングの服を自分で洗うには、一分洗浄で、と。
ほほーう、どんな風な説明をしているかな?と覗いていました。


ドライクリーニングを指定されている服がなぜ水で洗っちゃいけないか、その説明など、おおよそ正しいです。
少し過激な部分もありますけどね。
プロではないので、仕方がない部分もあります。


そして、水洗いのリスクを減らすために、と考案されたのが、一分洗浄だそうで。
一分以内で洗いあげれば縮みや色泣きなど起こらずにきれいに洗う事が出来る、プロ並みに洗う事が出来る、と書いてあります。

・・・・・・・・・・・、嘘つけ。(笑)


それは、洗った!という達成感だけ。
水につけただけで、決して汚れは落ちていないんですよ。


洗濯やクリーニングはすでにある程度の科学的な解析がされています。
どんなふうに洗うと汚れが落ちるとか、何分から落ち始めるとか、そういうのは研究の結果が出ているんです。


1分では到底汚れなんて落ちません。


表面の汚れがさらっと落ちただけですよ、それ・・・・・。
クリーニング代がもったいない、のもわかりますし、なるべく家計費節減もわかります。
出来る事からコツコツと、という主婦の皆さんの努力も。


でもね、節減にもやっていいものと悪いものがあって・・・・・。
削っていい場所と、削っちゃいけないものってあるんですね。

下着や普段着をクリーニングに出しましょう、とは言いません。
でも、普通に外に出る時や人に会う時に着るような服まで、節減と自分で洗っているとそっちの方がいろいろと損をしていってしまいますよ。


人はみなさん見ていますから。


あら、この人の服、しわくちゃね、とか。
何となく薄汚れているように見えるわね、とか。
何年着ているのかしあ、この服、とか。


一年くらいしか着ていないのに古ぼけさせてしまっている人が結構いらっしゃるんです。
本当にもったいない。


クリーニングだったら最初に近い状態を維持しながら着る事が出来ます。
頻繁に買い替えをしなくてもいいし、誰にあっても変なことを思われる心配もありません。

自分で洗う方法って、最初はクリーニング屋さんとかが出していたと思うんですよね。
そのうち、クリーニングを知らない人が勝手にアレンジしだして、今では原理原則を無視したなんちゃって洗浄法が蔓延しています。

調べるなら、情報元がちゃんとしている所を探すようにしてください。
と言っても、大きな会社でも怪しすぎる情報を載せている所がたくさんありすぎて、どこを信用していいか?難しくなってきているんですけど・・・・・。


やはり一番信用できるのはクリーニング屋さんかな。
お店に行って、クリーニング屋さんのおじさんに聞いてみましょう。それが一番正確で早いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中河原ランチマップ、置いてあります!

中河原の商店の若い店主さんが作った、中河原ランチマップが当店にも置いてあります。











会社が多い中河原、日中ひとの多い中河原、ランチのお店がどこにあるかわからない、と言う要望から若い店主さん達がみんなして作ったようです。


駅を中心に四方八方に分かれているので、つい、反対派にどんなお店があるか?知らないことの多い町、中河原。


このランチマップをきっかけにいいお店が見つかるといいなと思います。



当店においてありますのでご自由にお持ちください。


中河原の飲食店、ライフなどにも置いてあるそうです。
見かけたらぜひ手にとってみてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同じ包帯を巻いただけでもこの差です。

お昼過ぎに学校から電話が入りました。
娘が階段から落ちたらしい。

保健室にいるんでふが、歩けない、と。
迎えに行くことになりました。


まずはレントゲンを撮らないと始まりません。
骨折しているか?確認もあります。
ネットで整形外科で早くから見てもらえるところを探して行って来ました。
その間に、聖蹟桜ヶ丘の湯江鍼灸接骨院さんを予約。
骨折でも捻挫でも、圧倒的に早く治るからです。

レントゲンの結果、骨折はしていませんでした。

そして、湿布を貼ってもらって包帯を巻いて治療終了。
2週間安静にしとくように、と。


そして、今度は湯江さんへ。


状況を説明し、骨折はしていなかったことを伝えると、ささっと治療をしてくれたそうで。
骨は折れてないけど、骨がずれてる、とぽきっとはめてくれました。
そして、腫れているので鍼を打って緊張を緩和、一気に痛みが減ったそうですよ。

そして、包帯。


二つの包帯の違いはこちら。










全然違うでしょ?
上はどう見ても巻きが甘いのがわかります。
下はしっかりと巻いてある。その上、窮屈ではないんだそうで。

これが違いなんだよなあ、と改めて思います。
同じように包帯を巻いてくれてるんだけど、見た目の差も歴然としてますが、体に対する負荷も全然違う。
ましてや、治りも早いとくれば、どちらがちゃんと治療しているのか?一目瞭然ですね。


世のなか、似たようなものってたくさんありますね。


整形外科、マッサージ、接骨院、整体、他にもあるでしょう。
各々、ちゃんとしているところもあれば形だけのものもある。

ちゃんとしている所と、形だけ所とでは、似て非なるものと言わざるを得ません。


クリーニングも同じでね。
知っている人は、選んで利用している。
でも、知らない人はたいして選ばすに利用している。
選んでいる人との差は歴然ですね。


接骨院も整形外科も同じ。
知っている人は、早く直してもらえます。


最近、こう言うのが増えて来ましたね。

ある人は、それを本物と呼び、ある人はそれをいいお店、と言う。


知らないと本当に損をしてしまいます。



娘の足、湯江さんで診てもらったのでもう安心ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうとう凍り始めました。

おはようございます。
毎月恒例の水汲みにやってきています。

とうとう凍り始めました。





組んでいる水が飛び跳ねて、それが凍っていきます。
こうなると、つるつる滑ってとても危険。
気温もマイナス5度といい感じになってきました。
次回はマイナス10度くらいになりますかね。


どんなに防寒をしても、芯から冷えてきます。
富士吉田の人はすごいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリーニングが最低限守らなきゃいけない事は?

ここ、クリーニングについて考えています。
先輩と話したり、後輩と話したり。
何気ない会話から、クリーニングについて話をすることが増えてきました。
それだけ、いま、変化の時に来ているんだと思うんですね。



クリーニング業と言うものが明確にできたのって、おそらくクリーニング業法が出来てからだと思うんです。
それまでは、クリーニングではなくて、似た様なもの、紺屋さんとか悉皆屋さんとか、日本で古くからあった仕事が服のメンテナンスをしていました。


クリーニングの当時の目的って、衛生だったんですね。
みなさんが健康的で衛生的な生活を支えていました。
今ほど、衛生的ではなく、大急ぎで文化的な生活にする必要があったのかもしれません。


それが時が経ち、今クリーニングに求められているものは変わってきていると思うんですよね。

服の値段も変わったし、環境も変わりました。
服に対する価値やイメージも変わっています。


新たにクリーニングとはなにか、と言うことを模索し始めているんでしょうね。
今回の、取り扱い表示の改正も後押ししている様な気がししますが…。


先日からある話で同業者として話をしています。


クリーニングの最低品質とはなにか?



クリーニングが最低限守らなきゃいけない品質とはなにか?と言う問題です。
この質問をすると、クリーニング屋さんのほとんどは程度は違えどこう言います。


汚れ落ち。


基準は違えど、ある一定の汚れを落とす、それがクリーニングにおける最低限守る品質だ、と。

プロなんだから、クリーニングは綺麗にする仕事なんだから、汚れが落ちてなければプロではない、そう言う意味が含まれている様です。


確かに、それもあるなあ、と思います。
しかし、よく考えてみると、違う風にも聞こえてきます。


プロのプライド。


そのプライドがちゃんとしてれば別にいいんですけどね、どうも僕には単なる強がりにしか見えない。
もっと真正面から向き合って答えを出して見たらどうなるんだろう?と思うんです。


クリーニング屋さん以外の人にも話を聞いていて、僕なりに一つの結論を出して見ました。


それは、現場維持。


これが最低限、守られる品質なのかな、と思うんです。

現状維持と聞くと、なんともやる気のないような、仕事をしていない様に見えちゃうんですが、違うんですよ。


クリーニングの仕事って、いつでもなんでも綺麗になるわけではないんですね。
どうしても落ちない汚れもある。

その時に、汚れを落とそうと服自体に変化を起こしたり、おかしくさせてしまったら意味がないんです。

もし、そんな状況が出た時に、どんな対応をするのがいいんだろう?


服を傷めてしまうなら、そのままお返しするのがいいと思うんですね。
綺麗にしたい、けど、服を傷めてしまうのなら、現状でお返しするのがいいと思うんです。


縮んだり、穴が開いたり、表面が変化してしまったり。
そんな状態になったらもう着ることもできません。
でも、汚れなら、着ることができる可能性も残っています。


僕らが守るのは最後は服なんじゃないか、と思うんですよ。



と、こんな話をしていると、クリーニング屋さんの友達からかなり厳しいお言葉をいただきます。


おまえ、そんなこと言ってたら、ちゃんと洗いもしないでそのまま返すクリーニング屋さんがたくさん出るぞ、と。


いやいや、そんな事は言ってないんです。
綺麗にできるのなら洗って綺麗にするのか僕らの仕事。
そんな手を抜いた事やっててお客さんを騙せるのならやってればいい、絶対見抜かれてお客さんが来なくなるから。

そう言う話ではなくて、僕らが最低限守らなきゃいけないものはなんなのか?となった時に、服を選べるか?と言う話な訳ですね。


服を傷めても、汚れを落とすためなら仕方ない、と思うのか?
こう聞けば、みんなそれは違う、と言うはずです。
わかってるんですよ、みんな。


国家資格を持ってクリーニングをしているんだから、綺麗にしようとするのは当たり前です。
だけど、究極、服を傷めるか、汚れを落とすか?となった時に、どちらを選ぶのか?そんな話なんですね。


最低限守る事、と書きましたが、実はそれが一番難しいミッションだと思います。
最低限守らなきゃいけない事だけど、最高に難しい事、そう考える様になれば、また変わってくるのかな、と思ったりしてます。


世代交代もありますしね、時代にあった変革は必要、でも、だからと言って時代に迎合をしていてはいけない、プロとお客様の本当の利益を考えて提案出来ないと。


なんで、小難しいことをかんがえるのは歳をとったからです。(笑)


ちょうど僕が先輩たちにあった時と同じくらいの歳になりましたから。
自分がその歳になると、自然にそう考えるもので、先輩たちと同じ様に、クリーニングについて考える様になるんでしょうね。


あとをしっかり追っているなあ。(笑)
次の世代に引き継ぐためにも、今を頑張らないと。
そんな時期なんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シミよりも全体的な汚れにご注意を。

先日、表参道まで行った時に思った事なんですけどね。


みなさん、服が汚れてる人が多いなあ、と。


僕らはクリーニング屋なので、見れば洗ったものか、着用が長いのか、汚れているのか、分かるんです。
全体的に汚れている人がとても多かったんですよね。


寒くなりだしたこの時期に、あんな汚れが付いているはずありません。
と言うことは、洗っていないものを着ている、と言うことなんですね。



匂いがしてないから、周りの人もにバレないから、そんな理由で洗わないで着ている人もいらっしゃるのかもしれませんね。


服の汚れって、シミよりも全体的な汚れの方が圧倒的に多いです。


シミがついちゃいました、とお持ちになられて、シミのところしか汚れていなかったことはほぼありません。
たまたま、洗ったばかりのものにシミをつけた、と言うのならあり得ますが、着用しててシミがついた時は必ずと言っていいほど全体的に汚れています。

なので、その部分だけ汚れを落としてしまうと周りの方が汚れているので返って目立ってしまうんです。


そもそも、なんで着ているだけで全体的に汚れていくんでしょう?



世の中には服を汚すものがたくさんあるんですよ。



空気だって汚れてます。
排気ガスもあるし、砂埃などもある。
黄砂も飛んで着てたりしますしね。
1つ1つは小さいものなんですが、積み重なっていくと、全体的に汚れていきます。


また、自分の体も汚れているんですよね。
特に、手は汚れています。
その手で服を触って入れば、その部分が汚れてしまいます。


壁に寄りかかっても壁の汚れが付きますし。

服が汚れる原因は色んなところにあるんですね。


汚したままいるとどうなるか?


服が固くなります。
そして、固くなると、傷みやすくなります。
汗などの汚れだと匂いが出ますしね。

この時期、一番困るのは、汚れていると服が暖かくないんです。


服を汚さないで着るのは不可能です。
着用すれば
どうしても汚れてしまいます。

なるべく汚さない工夫はありますが、一番理にかなっているのは、汚れたら洗うこと。
洗えば元通りになるんですから。


みなさん、コート洗って着てますか?
今ならまだ年内間に合いますから、洗わないで着ている方はクリーニングに出しましょう。
今年は寒いですよ、洗っておかないと辛いでしょうね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

コッソリと。

基本、取材拒否のお店なんですが、時と場合によったり、頼まれた人によって受けることもあります。


とある友人からお話があり、雑誌にコッソリと載っています。






本当にコッソリと、店名だけです。(笑)
なので、宣伝もしません。(笑)
運良く見かけたら笑ってやってください。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カーテンはクリーニングで!

今日は、年末恒例のカーテンのクリーニングをしておりました。
この日!とご予約をいただいて、朝、お伺いしてカーテンを回収、クリーニングしたのち、夕方頃にお届けします。


寒い時期ですから、カーテンがないと困ってしまいます。
ですから、朝お預かり、夕方お返し、になるんです。


このため、僕らも仕事の調整をします。


すぐ洗えるように準備をし、すぐ仕上げられるように仕上げ台も空けておきます。
だから予約なんですよね。


カーテンのクリーニング、自分でやっちゃうわ、という方もいらっしゃるでしょう。
レースのカーテンなど、自分で洗って、そのまま干せば終わり、なんて言う人も結構いらっしゃると思います。


さっぱりした感じはしますけど、まだまだ汚れが残っていますよ、それ。
僕らクリーニング屋さんが洗っても一回では綺麗になりませんからね。
カーテンはずーっとかけっぱなしなので、汚れをたくさん抱え込んでいます。
一度や二度くらいでは落ち切らないんです。


僕らクリーニング屋さんでさえ、機械が揃っていてもなども洗い直しをしますから。


でも、洗いあがったカーテンはものすごく綺麗。
自分で洗ったのと全く違うんですよ。
そらだけカーテンが汚れを抱え込んでるっとことなんですけどね。


カーテンのクリーニングはお値段も掛かります。
物によりますが、数部屋分となると数万円になることも。
全部というわけにはいきませんが、一番人が出入りしているところ、一番人が集まるところ、飲み食いするところのカーテンは、絶対クリーニングの方がいいです。

綺麗に差が出ますから。


カーテンも汚れる部屋と汚れない部屋がありますからね。
上手に分けて、うまくクリーニングを活用してください。


カーテンのクリーニングはこれからも入ってきます。
さっぱりして新年を迎えたい、その気持ちは今も昔も変わらないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

貸し出しのブランケットが廃止に。

クリーニングにまつわるニュースを配信されるように設定をしているんですが、たまに何かの間違いか、違うニュースが紛れ込んでくることがあります。


映画館の無料貸し出しのブランケットが廃止に。

またクリーニングと関係ないものが混ざったかな、と思っていたら、クリーニングに関係したことでした。
ブランケットの廃止の理由が、クリーニング代がかかるから、というものなんですね。
毎回、利用されるたびにクリーニングに出しているらしいのですが、その費用が馬鹿にならないから廃止に、代わりにブランケットを販売することにしたそうです。


女性はエアコンが効きすぎる事があります。
無料貸し出しのブランケットは重宝しているんでしょう。


うちにも、パチンコ屋さんからブランケットのクリーニングのご依頼があったりします。
毎回大変だなあ、と思うのも事実で、膝にかけているだけで、数時間のものをクリーニングしなくちゃいけないって大変、と僕も思っていました。


でも、誰が使ったかわからないものを、そのまま提供することはできない、今はそういう時代ですからね。
費用が掛かろうが、お客様のためにクリーニングをしなくちゃいけないんだと思います。
昔なら、一回使っただけでは洗うようなことはなかったです。
ひと月に一回とか、そんなもんでした。


洗う方としても、たいして汚れていないから、と手を抜けるものではないんですね。
だって目的は衛生面の確保ですから。
キチンと洗って熱をかけて菌も除去します。
ぱぱっと洗ってささっと乾かして、というわけにはいかないんです。

ちゃんとしようとすれば、お金がかかりますね。

それをお店が払っているか自分が払っているかの違いで。
無料と書いてはいるけど、お店の方で負担をしてくれているんですね。

しかし、今まで頑張ってこれたものが我慢できなくなってしまった、というのも切ない話で。
それだけ厳しいんだと思います。
クリーニング屋さんも、簡単に手を抜いて、というわけにはいきませんからね。
そこが難しい。


たまに、新規開業でタオル類のクリーニングのご相談を受けますが、たいてい軽く見て見積もってこられます。
衛生を確保するってそんな簡単じゃないぞ?と思うんですけどね。

僕らも、譲っちゃいけない事がある、ってことですね。

無料貸し出しがなくなると、またシルクのスカーフとかが流行りだすかもしれませんね。
小さく折りたたんで置いて、使うときは薄いのに暖かいですから。
シルクは重宝しますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

画面の修理と表参道と。

昨日、Apple Store表参道店にて、割れた画面の修理をしてきました。
どんなふうになるかな?と若干の不安はありましたが、いってみたらかなりあっさりと。
でも、ことのほか時間はかかりました。


事前にネットで予約が必要です。
4時に予約しまして、そのままお店へ行き、修理に来たのですが、というと地下へお願いします、と言われます。
そのまま地下へ行くと、階段下で店員さんが。
そこでも声を掛けると、IPADで予約の確認をして、テーブルに案内をされます。
ほどなくして、別の店員さん登場。
割れた状態を確認し、補償などの有無を確認し、本体まで壊れてた時の説明をされ、いざ修理へ。

修理予定時刻は18時40分。
約3時間ほど時間が空いてしまいました。

本当なら娘と一緒に行く予定だったのですが、娘が直前で面倒くさくなったらしく、一人で来てしまったので誰も構ってくれません。
仕方がないので、表参道をプラプラとすることにしました。

時間はちょうど夕方。
有名なイルミネーションも見れるかな、と外へ出るとまだちょっと早いみたい。
歩道橋などは閉鎖し始めているのでもうちょっとだと思うんですけどね。


プラプラ歩いていると、表参道ヒルズ発見。
入りましょう。(笑)


中には僕と同じようなおのぼりさんもいますが、アジア系の外国人の方もちらほら。
いろんなものが売っていましたね。
30分ほどぷらついてから外へ。
表参道は名だたるブランドのお店が並んでいます。
職業柄、全部の商品を触ったことがあるので、お店の名前を見ているだけでも楽しい。
中には入りませんでしたが、外からお店の中をのぞいたり、ショーウィンドウに飾ってある服を眺めたり。

またすれ違う人たちの服装も面白かったですね。


今年の流行の服を着ている人はそんなにいなくて、その代わり、汚れている人がものすごく多かった。
シミは特にないんでしょうが、全体的に汚れているんですよね。
シーズンごとに洗っていないんじゃないか?と思います。

着ている服の値段も表参道に来るとぐっと上がってそれもまた面白い。


いろんなお店を見て回っていると、気が付くと後1時間弱、という所まで着ました。
その頃にはイルミネーションがものすごくきれいで。


なんで表参道のイルミネーションが有名なのか、分かった気がします。
木に飾られているイルミネーションは、それほどでもないんですね。
先日いったなばなの里の方が圧倒的だし、今はよみうりランドや昭和記念公園のイルミネーションも綺麗です。

でも、ここ表参道は、イルミネーションと道路沿いのお店のきらびやかさが相まってとてもきれいなんですよ。

それはそれもう華やかで・・・・。


この通りをそぞろ歩きたい気持ち、よくわかりました。

もう一つ、ふだんでは気づけない事を気付く事が出来たんですね。
それは、服ってこうして売られているんだな、という事。
丁寧に並べられて、お店そのものも飾られている。
雰囲気を作られている中で、商品が売られているわけですね。

買う人たちも、ただ服を買うのではなく、そのお店の雰囲気やイメージなどを買っているんだなあ、と今回強く思いました。

ブランドの思い、みたいなものでしょうね。


お店から買い物をしてで来るときに、お店の人が出入り口までお見送りに出てきて、大事にそうに袋を渡している。
それを嬉しそうに持って歩いて帰っていく様を見ていると、大事なものだよなあ、と強く感じます。


僕らはそれを洗っているんだよな、と思うんですね。
その思いにどう答えればいいんだろう・・・・・、と考えながら歩いていました。

ブランドの服も大事です。
高価という事もありますが、こう着てほしいとかブランドの思いとかが詰め込まれている。
そこは大事にしなければいけないと思うんです。

反面、服にはそこまでではないものもあります。
普段着よりも大事だけど、毎日着ているもので、そこまでの思いはない、と。
きれいにして、清潔に着させてくれればいい、そういう思いもあります。


どっちも服、なんですよね。


僕らにはどっちの服も入ってきます。

・・・・・・、なんて事をイルミネーションの寒空の下を一人で考えながら歩いていました。
結局答えは出ませんでしたけどね、でも、たまにはこうして表参道に来なきゃいけないな、と思います。


あまりに冷え込んできたので、コーヒーを買って温まったのち、Apple Storeへ。
残り20分という所で店頭のMacをいじって遊んでいました。
欲しいなあ、でも使い方が全く分からない(笑)、なんて思いながら。


出来上がりの時間になりまして、店員さんに声を掛けると、最初の時と同じようにIPADで確認をして、テーブルへ案内されます。
また違う店員さんがやってきて、本人確認ののち、修理の終わったiphoneを。
本体は無傷で画面交換で済みましたが、保険に入っていなかったので、15000円ほどかかってしまいました。


痛い出費ですが、勉強代ですね。
次は違う保護フィルムを張りましょう。

表参道店は、地下鉄の出口の真ん前にありアクセルもとても便利です。
乗り換えをしてもうちから45分ほどでついてしまいます。


なんだ、中河原って案外都心に近いんだな。(笑)


これで次のやつが出るまでは使いますよ。(笑)
頑張って働いてもらいましょう。


しかし3時間弱歩き続けるのはさすがに疲れました。
電車、すわれただけで幸せ。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電車にてトコトコと。

ただいま、電車にて移動中です。
iPhoneの画面を修理しに表参道まで。

久しぶりに電車に乗るとなんだか不安になります。(笑)


人は多いし緊張するし、揺れるし。


滅多にないので車内を観察しているんですが、服を洗っていない人が多いですね。
全体的に満遍なく汚れてます。
そして、結構長く着用されているんでしょうね、傷んでます。


新しい服を着ている人も結構います。
華奢な感じでしょうか。
自分で洗っているんだな、と言う人もいらっしゃいました。


まだまだダウンも健在。
今年はやってる長めのコートは少ないなあ。


なんだか色々と見えて来ますね。


そんなに新しい服ばかり着ているわけでもなさそうですね。


なんてつらつらと考えつつブログ書いてたら表参道に到着。(笑)
あっという間です。


では、行って着ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一度は通るアイロンの壁。

いま、先輩の所にお弟子さんが通っています。
正確には、弟子は取れないといわれてしまっているのですが、何とか頼み込み見学をさせてもらっているようです。

あ・・・・、クリーニングのですよ?


今クリーニング業界ではほとんどが2代目以降がお店を継いでいるんですが、ほんの少しだけ新規で開業される方がいらっしゃいます。
いわゆる異業種からの参入です。


先輩にお話を伺ったところ、年は僕と同じくらい、すでに1年は他のクリーニング屋さんで仕事をしていたので、技術を覚えたい、と先輩の所へ弟子入りを志願したのでした。
昔はこういうお弟子さんって結構いたんですよ。
うちにもいましたから。
いわゆる丁稚奉公というやつでして、住み込みで働きながら仕事を覚えていく。
僕が子供のころですかね、その頃はクリーニング屋さんもものすごく仕事があって、また機械もそれほど入っていなかったのでこういう制度が当たり前に活用されていました。


さて、そのお弟子さん。
自宅にアイロンとアイロン台を購入してアイロンの練習もしているそうで。
先輩も、見ているだけでは足りない、とアイロンの具合を見てあげることにしたんだそうです。

yシャツを1枚仕上げてくるように、そう伝えたらしいんですね。


出来上がったyシャツは、仕上げた後に時間がたってしわが戻ってしまっていたとの事。


僕らにはどうしてそうなるか?わかるんですが、理由が分からなかったようです。
手順は間違っていないし、業務用のアイロンを使っているし。
先輩も説明をしたんだけど、どうもわかっていないようなんだな、と言います。


yシャツを仕上げるのって、色んな技術の複合体です。
実は仕上げる前から準備が始まっていて、そこにも隠れた技術があったりします。


湿し込みというんですが、要は絶妙な水分をyシャツに与えて仕上げやすくしているんですね。
これを前日仕込んでおくんですよ。


今はこういう手間を省くようになってきているんですが、手仕上げをする、となるとこういう技術が必須になってくるわけです。
霧吹きでシュシュっ!とやってもいいでしょう?と思うかもしれませんが、違うんですよね。
アイロンを掛けて、絶妙な水分だと伸びると同時に乾いていく。
水分は多いと乾かさなければいけなくなるし、足りなければ伸びないしで非常に厄介なんですね。


また、僕らのアイロン台には蒸気を吸うようにバキュームが付けられています。
仕上げながら上手に蒸気を吸い取っていないと、生地に水分が残り、仕上げた後にしわが戻ってしまう事があるんですね。


これがまたとても微妙なんですよ。
たぶん素人目にはわからない、いや、プロでも相当熟練しないとわからない。
それだけ微妙な差なんですね。


ちゃんと仕上げているはずなのに、時間がたつとしわが戻ってしまう、そんな苦労を一度は皆さん通っています。
そして、それからちょうどいい塩梅を模索し始めるんですね。


どのくらいの蒸気量で、どのくらいの速度でアイロンを掛ければ蒸気がきれいに抜けるか。


このちょうどいい具合を探し始めます。
いくら手順を覚えようが、ここの壁はなかなか越えられません。
ひたすら仕上げて感覚を養うしかないんですよね。


こういう理屈を知っていると、テレビで売っている蒸気を掛けるアイロンを見ても、あー、やっちまってるなあとしか思わないんです。
ウール系はまだね、と思うんですけどね、それでも、あれだけ掛けちゃうと後が大変だよなあ、と。

お弟子さん、いろいろと教えてもらっているそうですが、もう少し苦労しそうです。
気持ちがよくわかるのでぜひ頑張ってほしいですね。
アイロンは訓練ですから。
ひたすら練習あるのみです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルプチモンドさん、リニューアルオープン、おめでとうございます!

おいしいパン屋さんで大評判だったルプチモンドさんが閉店されて結構経ちました。


つい先日、Facebookで、気になる投稿を発見。


ルプチモンド、リニューアルオープンしてます、と。Σ(゚д゚lll)


な、なんですと?と言うことで、先ほど配達の途中に寄ってきてみました。


場所は西府駅の近く、OKストアの裏側の通りを西府駅方向に行った青い建物です。
駐車場も完備。






前のお店は細い路地で車なんて止められませんでしたが、ここなら余裕で停められますね。
いつでもいけますなあ。(笑)


プリンや食パン、バゲットを衝動買い。
駐車場に車を止めてブログをこうして書いている間に残ってるかな?(笑)
子供たち、よく食べるんですよね。
プリンを一つだけ残してもらうように頼んでくればよかった…。
早くお店に帰りましょう。(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

このポロシャツ、難あり。(笑)

先週の土曜日、クリーニングの展示会で東京ビッグサイトへ行っていました。
大きな展示会場なので、他の業種なども展示会をしていたりイベントをしていたりします。
何年か前は、リアルドールの即売会とか、大阪ではNMB48のライブとか、いろんなイベントと重なるんです。

今年は、某アパレル企業の家族販売会が催されていました。

販売会なので安く服を購入できます。
時間があったら見に行こうかな?と思っていたんですよ。


クリーニングの展示会の会場で、その日の晩に集まる人たちと会いました。
久しぶりに集まるメンバーだったので、楽しみにしていたんです。
そして、夜。


やまだやさんにつくと、あれ?昼間と恰好の違う人が一人います。
どうしたの?と聞くと、これ、さっき買ったんだ、と自慢げに言うわけですね。(笑)


何かあるな?と思って話を聞いてると、これいくらだと思う?と。


しっかりしたポロシャツなので一万くらいはしそうだな、と思ったんですが、安く変えたんだろうから半値の五千円くらいかな?と思っていると、なんと2000円との事。
ちなみに定価は14000円だったそうです。

そりゃ、自慢しますよね。(笑)


販売会で買った、というのでやっぱり安いんだな、と思っているとどうやら事情があるようなんですよ。


値札と一緒に、わけあり商品のため、の一言が。
店員さんに話を聞くと、左のわきの方にシミがついているのでこの値段なんです、と。


シミ・・・・・・、クリーニング屋さんにとっては屁でもありませんね。(笑)
特にこの日は反対側でクリーニングの展示会をやっている。
そのままポロシャツを購入して、クリーニングの展示会へ行き、機械を借りてしみ抜きをしたんだそうです。(笑)


ほら、新品、だって。(笑)

その人もしみ抜きの達人を名乗っている方なので、一瞬で落ちるシミだと見抜いたんでしょうね。
そして、自分で落としてちゃっかり着ちゃっている所がまたお茶目だったりするんですが…。


皆さんもセールで売っていてシミや汚れで難ありとあったらぜひ買ってみてください。
クリーニング屋さんで落としてもらえますよ。
絶対お得ですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分たちがお客さんになって感じる大切さ。

いつもお客様に提供をする側にいるので、たまにお自分たちがお客さんになるってとても大事だと思っています。
100%、お客さんの目線というわけにはどうしても行きませんが、商売人の目、お客さんの目、両方の目からいろんなことを感じるようにしています。


先日の展示会では、展示会以外でいろいろな体験をしました、

土曜の夜、築地やまだやさんへ。
そこでの料理、サービス、ものすごくよかったんですね。
最後に分かったんですが、ご家族でやられているそうで、優しい雰囲気に作りこまれた料理、お客さんにいろいろと配慮したサービス、食べながらみんなで関心をしていたんですね。

料理に関しては、おいしい!という言葉しか出てきませんが、お酒の進め方がとても秀逸で。
お酒もいろいろと拘っておいておられて、どのお酒がおすすめか?聞いてみたんですね。


その説明がとても楽しそうに勧めてくれるんです。


飲んだことないお酒を頼むのって、躊躇します。
甘いのか、辛いのか、飲みやすいのか癖があるのか。
味のイメージとともにどんなふうに飲めるかまで伝えてくれて、説明を聞いただけで、それお願いします、と。(笑)

さらに、友達が梅酒を頼んだんですね。
すると、もしよろしければ・・・・、こんな梅酒があるんです、とお勧めしてくださって。
その梅酒が、クレハロワイヤル、というちょっと変わった梅酒。


なんと、紅茶の香りがついている梅酒なんですって。
それ聞いてもちろん即決で、お願いします!と。(笑)

テーブルに来たクレハロワイヤルをみんなで一口もらったんですが、びっくりするようなおいしさで、すすめてくれたことにみんな感謝しておりました。

まさかこんな梅酒があるなんて・・・・。
紅茶もこだわっていて、嬉野アールグレイを使っているとか。


・・・・・・、実は帰ってきてから、小山商店さんで買ってきてしまいました。(笑)
ふだん晩酌などしない僕ですが、これは・・・・・、おいしい。
こっそりと、飲んでおります。


クレハロワイヤル、ぜひ試してみてください。
1600円くらいです。


やまだやさんで料理もお酒もサービスも満喫し、仕事に生かせそうだね、とみんなで話をしておりました。
そして、翌日の朝。
築地周辺をぶらぶら。
そこでふと目にしたポスター、とても良かったんです。


築地で働いている人たちの写真に、一言コメントが入っているんですけどね。
それを見ていると、これ、いいなあと口から素直に言葉が出てきてしまう、そんないいポスターだったんですよ。

僕らクリーニング屋さんも、いろんなことを知ってもらいたくて、伝えたくて、チラシやリーフレットポスターを作成しています。
伝えたいことって案外難しくて、かっこいいものが作れても、伝えたいことが伝わらなかったり、そもそも自分たちが何を伝えたいか?明確でなかったりするんです。
純粋に客の立場からポスターを見て、これ欲しいと思わしてくれるようなものってすごいなあと思うんですよね。


みんなで写真に収めまして(笑)、どこかで仕事に活かせようね、と。


展示会以外でも、こうして何かを得ようとしている友達に本当に頭が下がります。
遊ぶことは誰でも出来ますしね、同じものを見ても何にも感じない人もいます。
一緒に歩いていて、こういう友達がいてくれると本当に楽しいんです。

これら込みの年に一度の展示会、ですからね。


滅多に外に出られませんから。
出た時には思いっきり勉強も。
この姿勢は忘れないようにしたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhoneの画面がバリバリ。

仕事にスマホが欠かせなくなって来ています。

メールやブログ、お客様からのご依頼、ご相談、お客様のうちを地図で確認、お客様のおうちまでナビ。
ざっと挙げただけでもこれだけ仕事に関することで使っています。


さらに、思い付いたことをその場で調べたり。
僕は、これがとても多くて本当に重宝しているんです。


先週金曜日のことでした。


明日は展示会で今日中にいろんな仕事を片付けておかないと、と気ぜわしくしていました。
集配もいつもとは違い、土曜日の分で必要なお客様へお伺いします。


一旦、車を駐車場に置いて、お店で仕上げをしようと帰ろうとしてたんですね。


帳面やらスマホやら、何かたくさん手に持っていました。
おもむろに手に持っているものを持ち換えようとしたら、スマホがポロリ、と。

そのまま真っ逆さまに落ちたんです。


手帳タイプのケースを使用しています。
さらに、画面には保護シートも貼っています。


落ちた時に、手帳タイプのカバーは開きっぱなしで落下。((((;゚Д゚)))))))
ものの見事に画面がアスファルトへ。


持ち上げてみると、画面がバリバリに割れていました。(T_T)


でも、僕は保護シートを貼っている、これは保護シートではないか、とよく見てみると、保護シートはあんまり傷が付いてなくて、その下の画面がバリバリに割れています。(T_T)


なんのための保護シートなのか。


割れただけなのでとりあえず使えますが、やはり不便です。
週末、修理に行って来ます。


ものすごく落ち込んでもいいんですけどね、本音を言いますと、ちょっとワクワク。(笑)
初めて、Apple Storeとかgeniusbarとか言うところに行くので楽しみなんです。

どんな接客がされるのか、どんな風に対応してもらえるのか、今から楽しみ。

保険に入っていないので修理費はものすごくかかりますが。((((;゚Д゚)))))))


いざという時の保険、入っておきましょうね。
僕も次からは入ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

展示会、終了。

土日と東京ビッグサイトのクリーニングの展示会へ行ってまいりました。
年々、規模が縮小しているんですが、今年は取扱い表示の改正に伴い、新しいものが出るのかな?という期待と、コインランドリーの展示会も同時開催という目新しさで、楽しみにしていたんです。

でも、事前に友達と話をしていると、今回はいかないよ、という人が結構いまして・・・・。
上京してみるほどのものではない、という風な人が多かったのは残念でしたね。

さて、実際の展示会は?というと。

通路を狭くしたりしていて、割と活況のようなイメージを持ちました。
でも実際は、クリーニングの方よりもコインランドリーの方が盛況だったかもしれません。
なにしろ、はいじめてのコインランドリーの展示会、来る人もクリーニング屋さんではない人の方が多かったようで、もの珍しかったんでしょうね。
入口にいつもおいてある、クリーニングの業界紙がバンバン持って行かれる。
これ、僕らは全くと言っていいほど持っていかないものなんですね。

業界紙を取っている人はすでに持っているし、取ってない人は興味がないのでもっていかない。
いつも置いてはあるものの、返りも大量に残っているのが常でした。
それが今年はほとんど残ってなかったんじゃないかな?


コインランドリーの展示会場とクリーニングの展示会場に仕切りはありません。
そのまま行き来できるので、コインランドリーのお客さんもクリーニングの方へ行っていると思われます。


今回、クリーニングの方は新しい表示に対応した、水洗いの展示が結構出ていました。


皆さん、ご家庭では水洗いは当たり前だと思うんですが、クリーニングでは水洗いはとても難しい洗い方に入るんですね。
綿製品などは家庭と一緒でさほど問題はないのですが、それ以外の衣類では、形や色、風合いを維持しながら、クリーニング屋さんがプロとして提供する品質を保ったまま洗おうとるするととても難しいものなんです。


よく、水洗いなんてどこの家庭でもやってるじゃない、何言ってるの?と言われることがあるんですが、それは洗っても問題のない商品での話。
品物によって難易度が変わってしまい、クリーニングに集まる品物はかなり難しい商品が多いんですね。

さて、実際の展示は?


正直がっかりしまして。
何にがっかりしたか?というと、自信満々に、水洗いをしたカシミヤ混紡の上着を見せられたんですよね。
どうです、水洗いをして乾燥機にかけてここまでの仕上がりです!と。

もうね、この品質を見て驚け!と言わんばかりの営業マンの話。


水洗いをして縮みもせず、そのまま乾燥機で乾かしても縮みもせず、仕上がっている。
生産性もあるのですごいでしょう!と言いたいんです。


・・・・・、こんなのお客様にお渡ししたら僕ら怒られます。
毛羽立っているんですよね、全体的に。
話を聞いていればわかるんです、乾燥工程が邪魔だったんだろうな、と。
無理に乾燥機にかけなくても良かったと思うのですが、それをしても平気ですと言いたいがためにやっちゃったんでしょう。


一番問題なのは、服がおかしくなっているのに気付かない事なんですね。
おかしくなっているのに、これはすごいでしょう?と言ってくるその感性がもうだめなんですよ。
で、こういうのが他のブースでも見受けられて、クリーニング屋さんがどうのこうのよりもメーカーもひどくなっているなあと、いうのが印象に残ってしまいました。


僕ははっきりというので、これで納品は出来ないでしょ、事故品だよ、と言ったんですね。
で、その理由も説明をすると、細かい設定はクリーニング屋さんでやってもらえれば、と。


そんな展示、見たことありませんって。
不具合のある機会を見せられて、うまい具合に使ってくださいって・・・・・。
業務用の洗濯機は何百万ですよ。
そんな不安要素満載の投資、するわけない。

昔はこんなことなかったのになあ、なんでこうなっちゃったかなあ、と思ってたら、思い当たることが一つありまして。
営業さんがクリーニング屋さんを回らなくなってからおかしくなっていったんですよね。

昔はメーカーの営業さんは数カ月に一度クリーニング屋さんを回っていました。
そこで、新しい技術はないか、工場を見学したり、話を聞いて行ったり。
とにかく現場で色々とリサーチをしていったんですね。


ところが、10年以上前に、経費削減で営業マンが回らなくなってしまった。
その結果がこうして、品質を知らない人が出てきちゃったんでしょう。
知らない人たちが作れば、こういう結果になります。


困ったなあ。

新しい改正JISも、きちんと理解している人が少なかったし、いったいどうしちゃったんでしょう?
12月に入って新しい表示の付いた衣類が出回り始めました。
クリーニングに出てくるのはもう少し後にあるので、それまでに何とかしてほしいなと、切に願います。


クリーニング屋さん、メーカー、みんなでクリーニングを作り上げていかないと!
そんな風に改めて感じましたね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

スカイツリー

展示会が終了しました。

結局、いつも通り、二日間、ほぼ居つくことになってしまいまして。
なにかないかな?人に会う、話し込む、その繰り返し。(笑)

展示に関しては思うところもあり、また色々と変わっていきそうな感じです。
帰ってから一晩ゆっくりと考えてみたいと思います。


さて、愛知の友達のリクエストで、スカイツリーを見に来ました。
夜景の写真を撮りたい、と。


では、どうぞ。(笑)






綺麗でしょ〜。(笑)
川面に映るスカイツリー。
なんで全部入らないんだか。(笑)

いつでも見れるでしょう?と言われますが、東京に住んでいるとはいっても、府中からはなかなかやって来ません。


いいもの見たな。(笑)

では、他にもいって来ます。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

築地 やまだや

展示会の帰り、本日はクリーニング屋さんの友達が集まりまして、忘年会を兼ねた宴会です。


チョウさんオススメの、築地 やまだやさん。


見てください、メニューでこれですよ。






みなさん、たまにはいいか、と自分に言い聞かせています。(笑)


年に一度の贅沢、何食べたかは家族に言えねえな。(; ̄ェ ̄)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリーニングの総合展示会へ!

おはようございます。


年に一度の展示会にやって来ました。


今年は割と盛況のような気がしますね。
コインランドリーの展示会も兼ねているせいでしょうか。
軽くぐるりと回って来たところで小休止。

エレベーター横のベンチでコーヒータイムです。(笑)


クリーニング、変わるかもしれないぞ?という話を立ち聞き。
若い人がやる気があるのは良いなあ。

少し休んだらまた見て回りましょう。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

こちしもスタンプラリーが始まりました。

今年もいよいよ始まりました。
中河原商店会のスタンプラリーです。






例年同様、カードをもらい、中河原のお店を利用するとスタンプを押してもらえます。
三店舗分集めると、500円分の金券がもらえます。


かなりお得なスタンプラリー。


ぜひ、みなさん奮ってご参加を。(笑)
お待ちしてますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

師走に入りました…、カレンダー、配ってます。

とうとう師走に入ってしまいました。
今日から衣類の取り扱い絵表示が変わります。
表示が変わり、分かりづらいかもしれませんが、今回から製品テストを受けた上での、上限表示となり、表示通りに洗えば問題なく洗える、と言う意味になります。
便利ですのでぜひ、確認してみてくださいね。


表示の件で慌ただしく過ごしているうちに、一つ告知し忘れておりました。


来年のカレンダー、配り始めて居ます。


大人気のカレンダー、今年も限定100本です。
台所や居間の隙間に掛けて、スケジュールも書き込める、主婦の皆さんに使いやすい!と大好評です。

毎年、早くなくなってしまうので、欲しい方はぜひご来店ください。
集配をご利用の方は、僕に一言言っていただければお届けします。
こちらも遠慮なくどうぞ。

こうして告知するとあっという間になくなります。
お早めに。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »