« 節さんで朝ラー。(笑) | トップページ | 制服を洗うタイミング。 »

洗いすぎる必要はありません。

冷え込みが厳しいですね。
また関東は雪が降ってないだけましで、雪の降ったところはものすごい積もりっぷり。

最近はFacebookでいろんな人の近況が見れるので、どのくらい降ったのか?天気予報よりも正確に知ることができます。
早く落ち着いてくれるといいんですけどね。


日本人って綺麗好きだとよく言われます。
昔に比べて、今の人の方が綺麗好きだと思うんですよ。

汚れに対する意識が変わったのもあるんでしょうね。
昔と違い、今は目に見えない汚れ、菌を意識している人が多いと思うんですね。


菌に意識がいくと、とにかく洗いたくなります。
また、洗わないものも、除菌、殺菌をしたくなり、除菌をうたった製品を使ったり。


着たら洗う、毎日洗うものも、昔ならシャツやパンツくらいだったのに、中にはアウターまでこまめに洗う人も。


ぼくね、クリーニング屋として思うのですが、頻繁に洗うものとそこまで頻繁に洗わなくていいものと、あると思っているんです。

着たもの全部、その場で洗う必要はないんですよね。


下着やワイシャツ、これらは着たら洗うでいいと思います。
素材でいうと、綿製品。
こう言う素材で出来たものは、汗もよく吸っているし汚れを吸収しやすいので、早いうちに洗わないとどんどん黒ずんでいく。
なので、着たら洗う、で正解だと思うんですね。


スーツなどはどうか?


持っている着数にもよるんですが、仮に7着持っていたとするなら、着たら休ます、を繰り返して、3ヶ月くらい着てからクリーニングでいいと思うんです。

これより着数が少ないと、、もっと早く洗う必要があります。

なんで、ここまで間を開けられるか?と言うと、スーツは基本ウールで出来てるからなんですよね。
綿と違い、汚れのつき方が違うので、きちんと休ませてあげることで、汗や湿気が抜けて、着ることができるようになる。

休ませる時間が大事なわけです。


最近は、ポリエステルなどの化学繊維もあり、また家庭用の洗濯機が大きくなったのもあって、自宅ですぐ洗う人もいます。


こまめに洗って方がいいでしょ、と思うんですが、どうも頻繁に洗っている、と言う人の服はきれいじゃないことが多いみたいです。


洗ってはいるものの、汚れにあった洗い方ではないんでしょうね。
水で洗っても落ちない汚れが付いてると、こまめに洗おうが汚れは落ちません。


ポリエステルやナイロンの厚手のコートなんかを、自宅でささっと洗ってる人もいますが、膨らまないので汚れは落ちてないし、生地がなんだか薄くなって着ちゃうしで、暖かくなくなっちゃってるんですよね。


落ちないのに洗っても意味ないでしょ?


家で無理して頻繁に洗うくらいなら、もう少し着てからクリーニングする方がきれいになるんですよ。
暖かくもなりますしね。


家で洗える、とこまめに洗うなら、服を上手に休ませて時折クリーニングする方がよほど生地にもいいんですよね。


肌に直接触れるシャツや下着は自分のうちで、毎日。


この使い分け、出来てる人は少ないかもしれません。
もったいないなあ、ぜひ、覚えて欲しいと思うんですが…。
その前に、服の数を増やさないといけないかもしれませんね。
いま、スーツは7着も持ってませんからね。
3着でも少ないです。
出来たら、もう少し増やして欲しいな、5着くらいまで。


|

« 節さんで朝ラー。(笑) | トップページ | 制服を洗うタイミング。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 洗いすぎる必要はありません。:

« 節さんで朝ラー。(笑) | トップページ | 制服を洗うタイミング。 »