« 節分に、横綱が来るらしいですよ。 | トップページ | 服を傷めないためにクリーニングはするのです! »

代わりのいる仕事。

ワイドショーでも取り上げられていましたが、お笑いの狩野英孝さんが10代の女の子と知らずに交際をしていた、という事で、無期限の謹慎になったそうで。
それについて、色んな所でいろんな人がコメントを残していたんですが、妙に納得をしてしまった一言がありました。


さまぁーずの三村さんの一言だったんですけどね。

代わりがいるというこの世界の怖さを味わうのだな。

という一言がありました。
これ、日常を当たり前に送っていると気づきにくいんですよね。
三村さんは狩野さんに対し代わりがいる、と言ったわけではなく、誰にでも代わりがいる、と言いたかったんですよね。
そこを肝に銘じていなければいけないよ、という事を言いたかったんだと思います。


その後、狩野さんの代わりを探すのは大変だ、と言ってます。
それは狩野さんの才能を認めたうえで、狩野さんの代わりはいない、けど、代わりはいるんだよ、って言います。
何やら禅問答のようですが、そういうものだと思うんですね


その人しか持っていない特殊な才能があったとしても。
その人と同じことをする代わりはいなかったとしても、別の何かに置き換わる事は普通に起きます。

自分じゃなきゃダメなものなんて、そうそうないんですよね。


おかげさまで、お客様に呼ばれてお伺いしたり、一伸さんにぜひお願いをしたい、と言われてやる仕事もあります。


そういわれて、うれしくないはずないんですよ。
もう、むちゃくちゃ嬉しい。
でも、同時にうちの仕事の代わりは他にもあるんです。


だから、期待を裏切らないように、一生懸命やらなきゃいけない。

クリーニングって職人気質の所がありますから、どうしても認められたい、という欲があります。
そこに、こうしてお客様からほめていただくと、どこかで勘違いをし始めてしまう。
そこがとても怖いんです。


うちのような仕事は他にはないよ、とか。
うちじゃなきゃできないでしょ、とか。
ほかではうけないよ、とか。


全部思い上がり。
もし、今うちがなくなったら、困るお客様もいらっしゃると思いますが、時間とともに代わりのクリーニング屋さんに移っていきます。

それって普通の事だと思うんですね。

あなたにやってもらいたいんです。


一伸さんにお願いしたいんです。


なくなったら困るんです。


こういう風に思ってもらえるって、時間をかけてお客様と築いてきたことで、僕らがすごいんじゃないんですよ。
一度も仕事をしたことがなくて、うちの事を信用してるって言われても、それは嘘ではないけど本当でもない。

その言葉は、これから仕事をさせてもらって、何回もクリーニングをして、お話をさせてもらって、築き上げていくものだと思います。

自分たちの代わりはどこにでもいるからこそ、今を頑張るんでしょうね。

三村さんの言葉を読んで、もう一つ気づいたことがありました。

それは、仕事をもらえる喜びです。


だって、他でもいいんですもん。
縁あってうちに来てくれて、うちを選んでくれて、仕事が出来る。
これって、本当にすごい縁だと思います。

何十年仕事をしても、ここを忘れちゃいけないな、と思いました。


自分を過大評価をしてもいけませんし、過小評価をしてもいけませんね。
ありのままの自分、等身大の自分を感じながら、仕事をしていきたいなあと思います。


|

« 節分に、横綱が来るらしいですよ。 | トップページ | 服を傷めないためにクリーニングはするのです! »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 代わりのいる仕事。:

« 節分に、横綱が来るらしいですよ。 | トップページ | 服を傷めないためにクリーニングはするのです! »