« いよいよ新しい取扱い表示が出てきましたよ。 | トップページ | 家庭洗濯 vs クリーニング。 »

水で洗うデメリット。

何にでも、メリットやデメリットはありますね。
いいこともあれば、当然悪いこともある。
いいことも悪いこともきちんと知っておくと、上手に生かせると思うんです。


昨今、何でも自宅で洗う人がじわりじわりと増えてきています。


下着類や普段着から、高級ブランド服まで。
今までならクリーニングに出すような服を自宅で洗う人がいらっしゃるんですね。

理由の一つは、簡単に洗える、とうたった洗剤や洗濯機の販売の影響もありますね。
コストもかからず、割とお手軽で洗えてしまうので、何でも洗ってしまうんでしょう。
またネットなどでは、汗は水で洗わないと落ちません、とかドライクリーニングでは水溶性の汚れは落ちませんとか書かれてたりするので、余計自宅での洗濯に拍車がかかっているんでしょうね。


たしかに、水で洗うと汗などの汚れは落ちやすくなります。
これは一つのメリット。
では、自宅で洗うデメリットはどこにあると思いますか?


水で洗うというのはとてもリスクを伴っているんです。
クリーニング屋さんが水で洗う事を高い技術だ、というのもここに由来しています。


主に二つのデメリットがあるんですね。
一つは、縮んでしまうという事。
大人サイズが子どもサイズになるものもあるんですが、意外と気づいていないのが表面はそんなに変わっていないのにサイズダウンをしてしまっている事。

確認してみてください、裏地が表の生地より前に出ていませんか?
裏地は本来裏にあるもので表に出てきてはいけないもの。
これが表に見えるという事は、表地が縮んでいる証拠です。


もう一つのデメリットは、型崩れを起こしてしまうという事。
きちんと入っていたプリーツがまあるくなってしまったり、センターラインが消えてしまったり。
洗った後に柔らかくなったなあ、というのは腰が抜けてしまった証拠です。
水で洗うとどうしても生地の腰が抜けて、本来の形が崩れ始めます。


みなさん見て見ぬふりをしているだけで、シミが取れないとかで僕らがお預かりした時に、縮んでいたり方が崩れていたりする服はとても多いんですね。

しかし、これって自宅で洗うからこうなるというわけでもないんです。
水で洗うと全般的にこうなります。
クリーニング屋さんでも、こうなります。

でも、クリーニングから返ってくると、ちゃんとなっているでしょう?

そこが仕上げの部分なんですね。
水で洗うと、アイロンでの仕上げが必要になる。
そして、そのアイロンでの仕上げは高度な技術が必要になります。

僕らクリーニング屋さんは、こんな風にデメリットもきちんと理解しながら、そのうえでどうやって直すか?も考えながら洗ってるんです。


ご自宅で洗う事を否定もしませんし、洗えることはいいことだと思います。
しかし、服によっては向き不向きがあります。
メリット、デメリットを覚えてもらって上手に洗ってほしいなと思います。


|

« いよいよ新しい取扱い表示が出てきましたよ。 | トップページ | 家庭洗濯 vs クリーニング。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水で洗うデメリット。:

« いよいよ新しい取扱い表示が出てきましたよ。 | トップページ | 家庭洗濯 vs クリーニング。 »