« 制服を脱げっ! | トップページ | もひかん家の家族会ぎ。 »

クリーニングの進化は?

クリーニングへの不満は僕にもあったりします。(笑)
自分で仕事をしていて不満というのもおかしいのですが、なんでこうなのかな?というのがあるんですね。


一番の不満は、自分たちで自分たちを卑下するところ。

クリーニング屋さんがクリーニングを屋さんを一番批判するんですよ。
これがとにかく嫌い。
クリーニングの仕事って、いろいろと難しいと思うんですね。


技術だけでなく、お客様のそうも違うし、商品の品質も違うし。
その違いの分だけいろんなクリーニング屋さんがあって、それぞれ対応をしていたのに、いつのまにかお互いを批判して自分がすごいんだという事をアピールする。


各々得意なところをもっとアピールすればいいのになあ、相手を貶して自分が優れてるとか言わなければいいのになあ、といつも思っています。

他にも不満はありまして、その一つが包装の袋。


クリーニングの包装の袋って、僕が子供のころから変わっていないんですよ。
ずっと同じまんま。
多少変わったといえば、印刷されてデザインが変わったり、防虫効果が付いた袋が売られたくらい。

他は変わっていません。


あれ、なんでいるまでも変わらないんだろう?とずっと思っていたんです。

そんな事を思っていたら、とあるブログで、クリーニングは面倒くさい、という話が書いてありました。
簡単に言えば、袋をいちいち外してしまうのが面倒くさい、と。


そうなんですよ、今の袋はとても面倒くさいんです。
全部、一枚一枚、別々に包装されているじゃないですか。
しかも、決して開けやすくはないんです、ただ熱線で閉じてあるだけなんで。
引きちぎらないといけないので、女性の力では開け辛いし、あけたとしてもゴミが出るので嫌だろうな、と思います。


コンビニのおにぎりだって進化して開けやすくなってるじゃないですか。

お菓子だって、開けやすくなっているじゃないですか。


なんでクリーニングの包装の袋はいつまでもあのまんまなんだろう?と思うんですよ。
もっと簡単に開けられるような構造にできないのかな?と思うんですね。

一度、包装紙を作るメーカーさんがうちに来たので話したことがありました。
開けやすい構造の袋とかないの?とか、紙で出来た袋とかないの?とか。


紙の袋の提案は、クリーニングからかえってきたら湿気がこもっているので外したほうがいい、という話に対応できる商品はないか?と思って。
お店によって外さなくてもいい所もあるんですが、すでにイメージとして定着してしまっているのでそれなら湿気をすうような商品を作れないのかな?と。

メーカーさんは、何の話をしているんだろう?と首をひねりながら、オーダーで、表面の印刷は出来ます、と全く違う答えを残して帰って行かれました・・・・・。

メーカーさんの意識そのものが変わらないとダメなんでしょうね。
まったく、ユーザーの使い勝手なんて考えていないんですから・・・・。

クリーニングの技術は相当変わってきてるんですけどね。
それに付随するものも、もう変わっていいと思うんだけどな。


包装って本当に必要なのか?
包装しないで返すやり方を見つけられないか?
開けやすい包装紙を作れるでしょう?とか。


もやもやご不満です。
今までクリーニングにかかわっていないようなメーカーが参入してこないとだめですかね。
またほかの業界の展示会に行って話をしてこようかな。


もっと良くなる可能性があるんだもん、変わらないといけませんね。

|

« 制服を脱げっ! | トップページ | もひかん家の家族会ぎ。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリーニングの進化は?:

« 制服を脱げっ! | トップページ | もひかん家の家族会ぎ。 »