« 20年たってかわったもの。 | トップページ | 千葉の友人を連れて東郷寺へ。 »

1度しか着ていない服を洗うのに迷うのは汚れの量だけを考えているからじゃないですか?

この時期、よく見かけるのがこれなんですよね。


一度しか着ていない服をクリーニングに出すのがもったいない。


先日も、どこかの新聞社がアンケートを取っていまして、そこに書いてありました。
確かに、一度しか袖を通していないものに、クリーニング代は割に合わない。
僕ももったいないよなあ、と思います。


以前書いたのが、一度しか着ないような着方をしないで、一度着たら数回着るようにしましょう、と書きました。
一度しか着ていないから洗うのにもったいない、と感じるんですから、もったいないと思わないくらい着用すればいいんです。


着るなら着る、着ないなら着ない。

これが一番シンプルです。

そうはいっても、一度しか着ていない服が出ちゃったものはどうしようもありません。


その一度しか着ていない服をどう扱うか?そこが問題ですね。

皆さんが迷うのは次の点からだと思うんです。

ひとつは、一度しか着ていない服にクリーニング代は割高すぎる。
何回か着ていれば、クリーニング代も一回当たりに換算すると安くなるので、まあいいかな、と。
一度だけだと、その一回のためだけにクリーニング代って高いと思っちゃうんでしょうね。


もう一つは、一度しか着ていないからそんなに汚れていない、と。
汚れが少ないんだから、わざわざクリーニングに出す必要もないでしょう、と。


今日は2つ目について少しお話をしたいと思います。


洗う時に考えるのは、一つは汚れの量だと思うんですね。
汚れていないものを洗う必要はないですし、そんなに頻繁に洗っても仕方ありません。
ある程度汚れてから洗えばいいと思います。

しかし、次に着るのが1年以上先になるのなら、洗っておかないと虫食いやカビのリスクが上がってしまうので、洗わないといけません。

で、問題はここです。
汚れが少ないからクリーニングに出さなくていいのか?


汚れの量だけでいったら、もしかしたら家で洗っても十分かもしれません。
でも、洗うって汚れの量や落とし具合だけの問題ではないんですよね。


洗いの中で大事なのは2つあります。


一つは、汚れを落とすこと。

もう一つは、風合いを変化させない事。


一般の方が自分で洗う、という事は水で洗うという事。
それは即ち、腰が抜けるという事を意味するんですね。


中にはそれがいいという人もいるかもしれません。
それは好みの問題なのでいいんですが、買った時のような風合いを維持したい、と思っている人からすると、洗う時はクリーニングの方が圧倒的にいい。

たとえ、一度しか着ていなくてもったいないな、と思っても、です。


これは着用の回数の問題ではなく、汚れの量の問題でもないんですね。
洗う時には、クリーニングがいい、という事なんです。


せっかく洗っても、風合いが変化したり、腰が抜けるのは嫌でしょう?
洗えばいいわけではない、というのはここに理由があります。


一度しか着ていないし、汚れもそこまでひどくないから・・・・というのはよくわかります。
でも、それとどう洗うか?は別の話なんですね。

これから本格的に暖かくなって、衣替えも進んでくるでしょう。
きっと、皆さんも悩むことがあるはずです。
その時に、参考にしてもらえれば、と思います。


本当にもったいないのは、虫やカビにやられたり、コシが抜けたり風合いが変わる事です。


|

« 20年たってかわったもの。 | トップページ | 千葉の友人を連れて東郷寺へ。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1度しか着ていない服を洗うのに迷うのは汚れの量だけを考えているからじゃないですか?:

« 20年たってかわったもの。 | トップページ | 千葉の友人を連れて東郷寺へ。 »