« 手アイロンとハンドアイロンと。 | トップページ | クリーニングよりもプレスのみの方が高くなる事がある、という話。 »

デザインを保つには裏地が大事。

型崩れの話からいろいろと考えていました。
大事なのって、裏地だよな、と。

裏地があるのとないのとでは、服のデザインの保持性が大きく変わってしまいます。


今年の冬は、裏地のないコートが流行っていました。
とても柔らかそうに見えますが、反面、だらだらっとしているな、と。
そりゃそうなんですよ、裏地がないので型が決まらない。
着用しているうちに、崩れてきてしまいます。


服って結構自由なもので、型にはまっていればいいというだけではないですよね。
着崩れているのを楽しむ服もありますし、穴が空いているのを楽しむ服もありますし、シワシワなのを楽しむ服があります。
今年は柔らかいイメージを楽しんでもらいたかったのかもしれませんね。

デザイン性を重視したい服もたくさんありますね。
家で洗った時にどうもしっくりこないな?と思う事があると思うんですが、その理由の一つが買ってきた状態に近づかないからだと思うんです。

人によってはこれを、型崩れ、というかもしれません。
十分整えられるものなんですけどね。


なんでこんな腑になってしまうのか?というと、裏地が撚れているからです。
裏地がきちんと伸びていると、服のデザインを維持してくれるので、形がかっこよく見えます。
どうして家で洗うとおかしくなるのか?というと、裏地が水に対して弱い記事が多いからなんですね。
水の影響を受けやすい生地が使われているので、家で洗うと裏地がしわになりやすくなってしまうんです。


そのまま干して、表地だけアイロンを掛けていると、思っているような仕上がりにはなりません。
僕らが見て、家で洗ったな?とすぐわかるような品質になってしまうんですよ。


とても、クリーニング屋さんみたいな品質、なんてなりませんね・・・・・。

僕らクリーニング屋さんも、裏地をきちんとかけています。
あ、全部のクリーニング屋さんが掛けているとは言えません、安価なクリーニング代でやられているお店では、裏地にアイロンを掛ける手間を掛けられないお店もあります。
しかし、逆を言えば、裏地をしっかりと掛けているクリーニング屋さんはかなり品質も良く気を使っているともいえます。
手間がかかるので、お値段も安くはなりませんけど・・・・・。

裏地って、見えない所ですけどしっかりと仕事をしているので、ここをアイロンで掛けないと服本来のかっこよさが出ないんですね。


ぺなっぺなな生地なんですけどね、裏地がしている事ってとてもすごいんです。
服はいろいろなパーツで作られています。
その一つ一つに意味があるんですね。

服を買う時に裏地がしっかりしているか?縫われているか?でみると、服の品質もわかりますよ。

|

« 手アイロンとハンドアイロンと。 | トップページ | クリーニングよりもプレスのみの方が高くなる事がある、という話。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デザインを保つには裏地が大事。:

« 手アイロンとハンドアイロンと。 | トップページ | クリーニングよりもプレスのみの方が高くなる事がある、という話。 »