« 20年後の好青年にビックリ。 | トップページ | ドライクリーニング出来ないものをドライクリーニングされてしまったらどうなるのか? »

クリーニングでトラブルが起きた時に相談するところは?

悲しいことに、クリーニングを利用していて、トラブルが起きる事があります。
クリーニング屋さんもトラブルを起こしたくて起こしているわけではないのですが、様々な状況からトラブルになってしまう事もあります。


トラブルになる原因は主に3つ。


一つは、商品に問題があった時。

二つは クリーニング屋さんの扱いに問題があった時。

三つは、お客様の着用やほかの仕方に問題があった時。


ほとんどがこのどれかが原因でトラブルになります。
しかし、難しいのは原因がどこにあるにせよ、表面化するのはクリーニングをした時。
クリーニングをしたからこうなった!とどうしてもなってしまうんですね。


トラブルが起きてしまうと、お客様もパニックになってしまうので、冷静に考えられなくなってしまいます。
クリーニング屋さんの説明も聞けなくなるし、全部が嘘をついているように見えてしまう。
本当の原因がなかなか見つからなくなってしまうんですね。


トラブルの解決は、一番はご利用されたお店との話し合いが基本です。
商品に問題があったのか、クリーニングに問題があったのか、お客様に問題があったのか、色んな角度から検証をするため、時間もかかりますが、最終的にはここで解決するのがいいんですね。

しかし、もしクリーニング屋さんで解決できなかったときは。


そんな時に、相談をする所があります

消費生活センター、国民生活センター、と呼ばれている所がそれです。

様々な消費生活に関するトラブルの相談を受けている所で、クリーニングから電化製品などの相談を受けているんですね。
ここに相談をすると、適切な判断をしてくれて、必要ならクリーニング屋さんへ話をしてくれます。


・・・・・、と表向きはそうなんですけどね、実際は違う面もあるようで、先日面白いブログを発見しました。

宅配クリーニングでトラブルがあったらしく、消費生活センターへ相談をしに行ったら、クリーニング屋さんと話をしてくれ、と。
何のためにあるのか、と書いている人が怒っていたんです。

それを見て、あー、この人はついていなかったんだな、と思いました。
なんでそう思ったのか?


消費生活センターの相談員にも、得手不得手というものがあるんですね。
幅広く色んな相談を受けてはいるんですが、一人一人は専門があるんです。


衣類の専門、家電製品の専門、そんな風にみんなが得意なものを持っている。
もちろん、どんな相談でも受けれるように、日々勉強は欠かしていないと思うんですが、それでもどうしても差が出てしまうものなんですね。


衣類にたけていない人にあたっっちゃったんでしょうね・・・・・。


こうなると、相談をしに行ったのに意味をなさなくなります。

もし、クリーニングトラブルにあったら、他のクリーニング屋さんへ相談に居てみるというのも一つの手だと思うんですが、いかがでしょう?


クリーニング屋さんが見れば、どんなトラブルか、一目瞭然です。
どうしてそうなったか?も、よくわかっている。
当事者であるクリーニング屋さんの話は信用できないかもしれませんが、他のクリーニング屋さんが冷静に判断をしてくれたら、話を聞けるようになるんじゃないですか?


セカンドオピニオン的に他のクリーニング屋さんへ相談が出来ようになるといいなと思います。
まだまだ浸透はしませんけどね。


もし、困っている事がありましたら当店へご相談を。
うちは全然相談オッケーですよ。
こまっえいたらお尋ねください。


トラブルが一つでも減ってくれるといいなと本当に思いますね。

|

« 20年後の好青年にビックリ。 | トップページ | ドライクリーニング出来ないものをドライクリーニングされてしまったらどうなるのか? »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリーニングでトラブルが起きた時に相談するところは?:

« 20年後の好青年にビックリ。 | トップページ | ドライクリーニング出来ないものをドライクリーニングされてしまったらどうなるのか? »