« 思い立ったが吉日。(笑) | トップページ | この時期になると増えるクリーニングより自宅洗いが正解、について。 »

家庭用のアイロンって思っていたよりも使いづらいんですね。

先日、テレビで家庭用のアイロンについてやっていました。
ちょうど時間があったので、仕事を中断してテレビにかじりつき。(笑)

アイロンの成り立ちから現在までの進化、新しい技術まで色々と勉強になりますね。


新しいアイロンは、前と後ろの差がないんだとか。


今までのアイロンは船型で、先頭が船みたいにとんがっています。
後ろが箱型なんですが、それだと戻るときにしわが付く、というんですね。
それならと、前も後ろも尖がらせちゃった、という話。
しかも、そのトンガリもかなり細くとんがっていてボタンの隙間までかけやすいようになっているとか。


プロとして色々と思う所はありますが、使いやすく進化するのはいい事ですからね。

そして、昨日、タイヤ交換へコストコに行った時に、ずいぶん待たされていたので店内をぐるりと回っていたんですが、そこにアイロンが一台あったんです。


普段ならぼーっと見て通り過ぎるんですけど、アイロンのテレビを見たこともあり、またとにかく待たされるので時間をつぶしたいという欲求もあり、手に取ってみたんですね。

すると、なんとまあ、使いづらいんでしょう、という位ごつい。(笑)

考えれば当たり前なんですよね。
僕らのアイロンと違い、アイロンそのものに蒸気を発生させる仕組みが必要だし、水を入れるタンクもついていなければいけない。
そりゃ、あれだけごつくなるし大きくなってしまう、というもの。

試しにアイロンを掛けるそぶりをしてみたら、取り回しがきついんですよね。
あー、これは掛けづらい、と素直に思いました。


戻るときにしわが出来る、というのも納得。
あれだけごついと、戻るときに軽く持ち上げるのも大変です。
アイロンは、動かす方向に少し持ち上げるのが鉄則。
あれは無理ですね。


あのアイロンならクリーニング屋さんが使っているアイロンの方が圧倒的に掛けやすい。
重さはありますが、それに対する工夫もありますし、何より動かしやすい。
そりゃ、家庭でのアイロンが嫌になるわけですね・・・・・。

家庭用のアイロン、思い切って蒸気をなくしたらいいんじゃないでしょうか?
綿製品を掛けるのに、特化させて、蒸気は必要なし、その代わり、霧吹きで対応。
これでずいぶんアイロンが小さくなるはずです。
ウールなどのアイロンは、今はやりの蒸気が大量に出るやつ、アイロンの形をしていないバーのようなものの方がいいと思います。

1台でカバーしないで荷台で対応するればもっと使いやすくなるかな、と。

プロとしてそう思いますね。

それと・・・・・・、アイロンの良し悪しでずいぶん語られていましたが、ぼくはアイロンよりもアイロン台の方にもっと力を注ぐべきだと思います。
プロが思うのは、アイロンよりもアイロン台。
誰もそこには言及しないなあと・・・・・。


本当にいい物なら家庭用でも僕らが使いますからね。
僕らが使わないという事はまだまだプロ用の物の方が使いやすいってことの証明です。


クリーニングに関係すると、ついつい見て批評しちゃいますね。(笑)


|

« 思い立ったが吉日。(笑) | トップページ | この時期になると増えるクリーニングより自宅洗いが正解、について。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 家庭用のアイロンって思っていたよりも使いづらいんですね。:

« 思い立ったが吉日。(笑) | トップページ | この時期になると増えるクリーニングより自宅洗いが正解、について。 »