« ほぼ、詐欺。 | トップページ | WATAOKA すべらか踵やすり »

服の捨て時が開からない。

本日も、通常営業をしております。

服の捨て時が分からないんだよね。

昨日、仕事をしていてお客様に言われました。
どういう時が服を捨てるタイミングなのか?
クリーニングに出しちゃうと、きれいになっちゃうからいつ捨てていいのかわからない、と。

これ、昔も言われたことがあります。
いや、昔の方が多かったかな。

今は、きれいになりますか?と事前に確認さるお客様が多くて、やってみないと何とも言えませんと答えると、それならいいです、と諦めてしまうお客様が多いんですね。
でも、昔はちょとっ違って、ダメかもしれないけど洗ってみて、という方が圧倒的に多かったんですよ。
洗ってもダメなら捨てるから、と。
これも変化してきているんでしょうね。


服の捨て時が分からない、というのは実はいろんなお客様から聞かれます。


その人の感性も多大に影響をするので、一概には言えませんが目安はあると思っています。


一つは、擦り切れ始めたら捨て時。


襟やそで口など、擦れる部分が破れ始めます。
どうしても端っこの部分が破れ始めるので、そこが破れ始めたら、ある意味寿命を迎えたと言っても間違いではないですね。
人に見られなければ穴が空いていても着る事が出来ますが、端っこから破れ始めるとほどなく全体的に破れ始めます。
ひどくなる前に次の服を買うといいか、と。

もう一つ、色が褪せてきたら捨て時。

この色が褪せたら、というのはすごく感性によるので、微妙なんですが、服って着用して汗をかいて、洗ってと繰り返していると、段々と色が褪せてきます。
いつも着ているので、あまり確認などしませんが、一度ハンガーなどにかけて、少し離れたところから見てみると、よくわかるんです。

あれ?少し色がぼやけてきてる?と。

色が褪せ始めると、生地表面をよく見ると、毛羽立っていたりして、やはり生地が傷んできています。
着れない事はありませんが、思い切って買い替えを検討しても問題ありません。

目に見えない不具合というのはほぼありませんから、見た目で分からなければ、気にしなくてもいいかな、と思います。
買って何年もたつとおかしくなっているかも?と不安になることもあるらしいですが、見た目で変わっていなければまず大丈夫です。

そもそも、年数では測れないものもあります。
体に合っているかとか扱いがぞんざいでなかったかとか、うまく着まわせていたかなどで、傷むまでの年数はかなり変わり丸から。


二着くらいのスーツを洗わないで着続けていると、二年しないでいろんな所が破れ始めます。
でも、5着くらいで着まわしていて、きちんと定期的にクリーニングをしていると、5年たっても傷みませんから。


ちゃんと目で確認をするようにしましょう。


一番最初に書きましたが、本日も通常営業をしております。
皆さんのご来店、お待ちしております。

|

« ほぼ、詐欺。 | トップページ | WATAOKA すべらか踵やすり »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 服の捨て時が開からない。:

« ほぼ、詐欺。 | トップページ | WATAOKA すべらか踵やすり »