« ボキッ! | トップページ | クリーニングを利用するのに高い意識は必要なのか? »

宅配クリーニングの利用の仕方。

宅配クリーニングという言葉が出来てから数年が経ちました。
出来たころと今ではちょっと意味合いが変わってきてしまっています。

それは、宅配便を利用したネットで受け付けるクリーニングが台頭してきたから。


本来、宅配クリーニングとは、玄関先までお伺いして、お預かりし、また玄関までお届けするタイプのクリーニングの事を指していました。
もっと昔でいうと、集配クリーニング、と呼ばれていたものです。


新しいサービスが出来上がるとともに、名前の意味も変わっていくのが世の常。

そこで、もう一度おさらいをしてみようと思います。


今回は、集配クリーニング、宅配クリーニングについて。

宅配便での利用をするものではありません。

まず、宅配クリーニングを利用するときに最初にやる事は、クリーニングするものを用意する事です。
宅配便利用のクリーニングですと、最初にバッグなり箱なりが送られてきて、そこに詰めて発送をするのですが、集配クリーニング、宅配クリーニングの場合、クリーニング屋さんへ連絡をすると、玄関まで取りに来てもらえます。
クリーニングする服を用意しておかないと、クリーニング屋さんを目の前にしてテンパってしまう事になりかねません。


ここで一つ、宅配クリーニング、集配クリーニングの利点が。


クリーニングするものと、クリーニングするか迷っているものを両方用意しておきましょう。
クリーニング屋さんと相談押しながらお願いする事が出来ます。
任せた方がいいもの、自分で出来るもの、そろそろ捨て時の物など、クリーニング屋さんが相談に乗ってくれるので、安心できます。


どれをクリーニングすればいいのか、いつまで着る事が出来るのか?皆さん悩まれると思います。
そこを一緒に考えてくれるのも、宅配クリーニング、集配クリーニングの利点です。


クリーニングするものと、迷っているものが準備出来たら、クリーニング屋さんへ連絡をしましょう。


集配をしてくれるクリーニング屋さんは近くに必ずあります。
電話帳で探したり、ネットで地域名とクリーニングで探すとすぐ見つかります。

ここからはほぼクリーニング屋さん任せで大丈夫です。


お伺いする日時を決め、クリーニングするものを預け、出来上がったら届けてくれます。
皆さんが気になるお支払いについてですが、集配クリーニングの場合、後払いが普通です。
出来上がってから、請求書を作ってお支払いをするシステムになります。
預かるときは、気にせずに預ける事が出来ますよ。


定期的にご利用しようとする場合。
週に一度とか、そういう決まった曜日に来てもらうようなときは、支払いを月まとめにすることも可能です。
その辺はクリーニング屋さんへ相談されると、話がまとまります。

うちでいうと、今までこんな感じでお受けしていました。


品物が出来上がってから、まとめてお支払い。
月締めで、お支払い。
預かるときに、お支払い。
一年の最後に、お支払い。

最後の一年お最後にっていうのは、本当に昔の慣習ですよね。
今は全くありませんが、昔は一年クリーニングを利用されて大晦日に集金へ伺ったんです。
知らない人に話すとみなさん驚かれます。(笑)


クリーニングしたものを預かってほしい、そんな要望もあると思います。
クリーニング屋さんによっては、そういうサービスをしている所もあるので、預けるときに聞いてみてください。
また、そういうサービスをしていない所でも、次のシーズン前まで黙って預かってくれるところもあります。
預けたけどまだ届かないな?と思った時は、実はこっそりと預かってくれているケースもあるんですね。
もし、急に必要になったら電話をかけて、届けてほしいというと、すぐに届けてくれるはずです。
品物はすべて仕上がっていますから。


ネットの宅配便を利用したクリーニングも、安いしとても楽そうに見えます。
でも、クリーニング屋さんが実際に、自宅まで来る宅配クリーニングは、もっともっとメリットが大きいです。


気兼ねなく相談できることが大きい。


僕も、呼ばれて一緒にどれを洗うか?話をすることがあります。

プロのアドバイスをその場で受けられるって、いいと思いませんか?

ぜひ、宅配クリーニングを、集配クリーニングを利用してみてくださいね。

|

« ボキッ! | トップページ | クリーニングを利用するのに高い意識は必要なのか? »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宅配クリーニングの利用の仕方。:

« ボキッ! | トップページ | クリーニングを利用するのに高い意識は必要なのか? »