« 身体って無駄なところはないですね。 | トップページ | 保管の袋を外せと言いながら、クリーニング屋さんで保管するときは何で袋を掛けたまま保管をするんでしょう? »

クリーニングに持ち込むのは誰の仕事?

家事の仕事の分担について、興味深いアンケートを見ました。


男性と女性とで、仕事と認識しているものに違いがある、と。


掃除や洗濯、ゴミ出しなど家事に関する仕事は多岐に渡るのですが、意外と男性が仕事と認めてない分野もあるようです。


その中に、アイロン掛けがあったり。
かける方はとても大変で、伸びない、シワが戻る、といつもモヤモヤしていますよね。

さらに、気になるのが一つ。


クリーニングの受け渡し。


これ、案外仕事と思われてないようなんですね。
記事には女性が多いというんですが、クリーニング屋から見ると、いやいや、最近は変わって来てるよ?と思うんですよね。


一時期、クリーニング屋さんにくるのは女性が主でした。
旦那さんの、息子さんの、と女性が
お持ちになり、持ち帰られる。

独身の方もいらっしゃいますが圧倒的に女性の方が多かったです。


ところが昨今は、男性がかなり増えて来ました。

日中も男性がいらっしゃることが増えて来ましたし、ご結婚されている方も、会社の帰りに寄る方が増えて来ました。


自分の服は自分で出す。


そういう方が増えているのかもしれません。
男性がクリーニング屋さんにくるのってとてもいいことだと思います。
というのも、結構、クリーニングをめぐっての夫婦間のトラブルがあるようで、奥さん方は望みがあるならば自分で言いに行けばいいのに、と思っていることが多いらしいんです。

ちょっとした説明も、奥さんを介してするよりも僕らが直にする方が誤解も少ないですし、ご要望も直に聞けるのでいいことづくめかな、と。


ぜひ、男性のご来店、お待ちしております。


お店には国家資格 クリーニング師が常駐しております。
なんでも質問にお答えしますので遠慮なくどうぞ。

|

« 身体って無駄なところはないですね。 | トップページ | 保管の袋を外せと言いながら、クリーニング屋さんで保管するときは何で袋を掛けたまま保管をするんでしょう? »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリーニングに持ち込むのは誰の仕事?:

« 身体って無駄なところはないですね。 | トップページ | 保管の袋を外せと言いながら、クリーニング屋さんで保管するときは何で袋を掛けたまま保管をするんでしょう? »