« 自分たちだけが変わってきたんじゃない。 | トップページ | 多数派が常識ではない件。 »

優先順位。

年々、こうなる事が増えてきているんですが、クリーニングに優先順位を付ける事が増えてきました。
普通の時なら、何も問題はないんですが、衣替えのこの時期は、優先順位をつけなければいけない事が増えております。
そのため、 仕上がりが前後することがとても多いんです。

ざっくり言ってしまうと、今着るものと、仕舞うものと、ここで優先順位を付けて洗ったりしあげたりしています。

昔からこういうのって少なからずあったのですが、近年、顕著になってきたように感じています。
その理由は、衣替えが仕舞うためにするものでない人が増えたから。


本来、こ衣替えのクリーニングとは、今まで着ていたものを仕舞うためにクリーニングをしていました。
なので僕らの所に集まる衣類は、この時期は冬物ばかりで、今着るものはせいぜいワイシャツ位だったんです。


ところが、10年ほど前から、衣替えの時に洗ってから着る、という人が増えてきまして、今の時期に今まで着た冬物とこれから着る夏物が一緒に出るようになったんです。
これ、クリーニングの現場の僕らからすると、結構一大事で。
預かった通りに洗っていけばいい、というわけにはいかないので、現場はかなり混乱をするようになりました。


というのも、一冬着た冬物も汚れていますが、一冬越してしまった夏物は汚れがひどくなっていまして、普通に洗って落ちないものもかなりあります。
何度も洗い直しをする方に優先順位を置くと、自然と冬物がどんどんたまっていくようになる。
洗わないで、袋に入れておいて置くならまだいいのかもしれませんが、そのままおいて置くのはいろんな意味で危険なので、洗って干しておきたい。
すると、干し場に冬物が溜まっていって、優先順位から夏物から仕上げていくので、仕上げ待ちの冬物がどん丼溜まっていきます。


あれ?蛍光灯切れた?という位洗い場が暗くなってしまうほどに。


幸い、冬物はデリケートな素材が多いので、そもそも自然乾燥をするものが多いですから干しておくこと自体、問題はないんですが、置くところ干すところがなくなるのはとても厳しい。


本当に10年前はなかった光景です。
10年前は、順当に洗いあがった品物を、お客様に連絡をして届ける、そんなクリーニング屋さんが多かったと思います。
今は、優先順位をつけながらやりくりしている所、多いんじゃないでしょうか。


こうなると、お客様も不安になってきますよね。
いつもならとっくに仕上がってきているのに、すでに二週間も品物を届けてもらってない、と。
何かあった?と不安になられるお客様もいらっしゃったりします。


その都度ご説明をさせていただくんですが、冬物なので急がないと判断させていただきまして、お時間をいただいております、と。
順次仕上げていくのでもう少々お待ちください、と。


もう少ししたら、夏物のクリーニングもいったん収まるはず。
そうすれば、通常通りに戻っていくと思われます。


今年はどうやら5月が品物が集まったようです。
5月、パンパンでしたから。
雨も降りだして来そうですし、衣替えもそろそろ落ち着きますかね。

|

« 自分たちだけが変わってきたんじゃない。 | トップページ | 多数派が常識ではない件。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 優先順位。:

« 自分たちだけが変わってきたんじゃない。 | トップページ | 多数派が常識ではない件。 »