« クリーニングとコンビニ。 | トップページ | 関係している業種でも、その道のプロとは違うんですよねえ。 »

アイロンのテスト。

娘が、学校で今度アイロンのテストをするらしい、と聞きました。


娘いわく、クリーニング屋の娘とばれたので実演をしなければいけないかも、と。
そのため、一度練習をするようにしたようです。


嫁さんが相手をしている間に、学校の教科書を拝見。
どんなふうに書いてあるのかな?と見ていると、yシャツのかけ方が絵入りで載っていました。


アイロンのかけ方が載っている雑誌などはよく見かけますが、みんな手順ばかりで大事な事は教えてくれてないんですよね。
教科書も同じで、これだと手順ばかり目が行ってしまって、アイロンがきれいにかからないだろうなあと思います。

だから、アイロンを左右に頻繁に動かすんでしょうね。

アイロンを掛ける、という事は、生地をセットする、という事。
別の言い方をすると、固定をするという事です。
その際に大事なのは、水分と熱と冷やす、という事。
これをきちんと教えないと、いつまでたっても上手にアイロンを掛ける事は出来ません。

手順はとても大事なのですが、手順通りにやっても伸びるわけではなく、のばす、しわを取ってセットをするには別の理由があるんですね。


教科書、素直で変な誤解もなくいいなあと思いましたけど、あとちょっとね、足りてない。


いま、クリーニング屋さんが各地で子供たちに線t泣くやアイロンを教えているんですが、どんな事を教えているのか?興味が出てきました。
一度どこかにお邪魔させてもらおうかな?

|

« クリーニングとコンビニ。 | トップページ | 関係している業種でも、その道のプロとは違うんですよねえ。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アイロンのテスト。:

« クリーニングとコンビニ。 | トップページ | 関係している業種でも、その道のプロとは違うんですよねえ。 »