« ブランドものを考える。その2 | トップページ | 外国を比べると、いいみたいですね。 »

ブランド品の服は服なのか?

クリーニングの世界も、年々変化をしてきています。
それは、技術の進化もそうですし、衣類の変化もそう。

そして、今一番懸念をしているのが、衣類に対しての考え方の変化、です。

昔はクリーニングはきれいにしていればよかったんですよ。
ただ、洗ってきれいにしていれば、それでよかった。
求めるものも、洗いの技術、しみ抜きの技術、アイロンがけの技術。
さらにそこに、経営の手法など細かく入ってきましたが、今までは要は自分の事だけ考えていればよかったんですね。


それを表すようにクリーニング屋さんがよく言う言葉があります。

プロなんだから、衣類を傷めず、洗うのが仕事。
出来ないと言われても、傷めないように水で洗うのがプロ。

一見、すごくまともな事を言っているように感じるんですが、違うんですよ。
これ、まったくわかってないんですね。

この言葉の裏には、自分がちゃんと技術を持って仕事をしていればいい、という思い込みがあるんです。
ちゃんとした仕事をしていれば、大丈夫だ、と。

それがねえ、大丈夫じゃないんですね。


いま、その瀬戸際の時代に来ていると思っています。

ちゃんと洗えている、傷まずに洗えている、これっていったいどのような状態を指すんでしょうか?
僕もクリーニング屋なので、その辺の尺度はあるんです。
で、上記の様な話をする人の言いたいこともわからないでもない。
でも、これが崩れつつあって、何が正しい状態なのか?混沌としていると思っています。


昨日までの話に通じるのですが、簡単に言ってしまうと、メーカーが衣類に求める品質はどこなのか?という所に行きつくんですね。
僕らは、どんなに高価でも衣類として着用して使用するのが前提ですから、着用できるようにするのがクリーニングの品質だと考えています。


ところが、アパレルメーカーはそうではないんですね。

例えば、同じメーカーが作っているものでも、洗えるものと洗えないものがあるわけです。
僕らが見たらどれもこれも洗えると思います、でも、メーカーは洗えないと言っている。


一昔前だと、メーカーの過剰な表示だと、半分ばかにしたように笑っていたもんですが、最近はそうでない事が増えてきています。


洗えるのと、メーカーが思っている仕上がり品質は違う、という事です。


綺麗に洗えて、アイロンで仕上がっていたとしても、水で洗った事で少し腰が抜けて折れ曲がってしまうようならそれは洗ってはいけない商品、となります。

ハンガーにかけた状態で、多少折れ曲がっても着用には問題なさそうですが、シルエットが崩れるから、と水洗いを禁止にしてくる。
かと思えば、同じメーカーでも、安い製造ラインで作られたものは、シルエットが多少崩れても問題ないと、水洗いが出来ると表示を付けてくる。


この二つの違いは僕ら洗う側からすると、よくわからないのですが、メーカーからすると大きな違いなんだと思います。

今はまだ、そこまで大きな話になっていませんが、もしかすると今後、クリーニングでの取り扱いを禁止するメーカーが現れるかもしれません。
というか、洗う事をそもそも推奨しないメーカーが現れるかもしれません。

それは、その服のデザインを最優先で守ることを意識していて、服というよりは工芸品や芸術品に近い考え方になるのかもしれませんね。


こうなってしまうと、僕らクリーニング屋さんが、技術自慢をしたり、ちゃんとした仕事をしていれば、なんていうのとは別の次元で配慮をしなければいけない可能性も出てくるのです。

ブランド品の服は、服なのか?

そんな話し合いをしなければいけない時が来るような気もしていますね。

今、一番しなくちゃいけないのは、アパレルや消費者と、服を洗うという事は、服とは何か?という事をきちんと話し合う事です。
今までの服と違い、服にも意味のこもっているもの、メーカーに対する思いなど、いろんなものが乗っかってきています。


クリーニングをこれからも安心してしていけるように。
する事は、こういう事ではないか?と思いますけどね。


どうも職人気質のクリーニング屋さんは自分の技術に自信がありすぎて・・・・・。
服に対する意識の変化はとても重要です。
ここ、大事にしないといけないな。

| |

« ブランドものを考える。その2 | トップページ | 外国を比べると、いいみたいですね。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブランド品の服は服なのか?:

« ブランドものを考える。その2 | トップページ | 外国を比べると、いいみたいですね。 »