« 水汲みの道中で見えるもの。 | トップページ | 同じ素材で同じデザインの服、でも耐久性に違いがあるってご存知ですか? »

なんでクリーニングから返ってきたニットはふわふわなのか?

ふわふわなものは、ふわふわなまま着たいですよね。


家庭で洗っていると、このふわふわがとても難しいらしく、柔軟剤を色々と試しているそうで。
でも、柔軟剤を使うと、今度は汗を吸わなくなるのでそれはそれで不快だし、と悩んでいる方が多いと聞きました。


クリーニング屋さんから返って来たニットは、ふわふわです。


でも、柔軟剤のなどは使用していません。
時に、柔らかくなる成分を配合したものを使うクリーニング屋さんもいますが、基本、クリーニング屋さんは柔軟剤を使わなくでもふわふわに出来てしまいます。


その一番の理由は、ドライクリーニングです。


何回も書いてますが、ドライクリーニングは、衣類の形や風合いをそのままに洗うことができる洗浄方法です。

形や風合いをそのままに、と言うことは、型崩れをしない、と言うこと。
柔らかいニットもそのままの形で洗いあがって来ます。

さらに、素材の風合いも損ねないので、ふわふわなものはないふわふわのままで、洗いあがるのです。


柔軟剤を使っていないので、汗を吸わないなんてこともありません。
吸水性もあるので、着用してて、不快に感じることもない。
お客様が望んでいる洗い上がりになります。


ふわふわに仕上げるには他にもいくつかやる事があります。
ご家庭でふわふわにならないのにも理由があって、間違ったやり方をしているケースが多いんですね。



誰かが、言いましたっけ、洗濯は化学だ、と。


まさにそれ。


僕らもただ、機械に入れて洗ってる訳ではなくて、きちんと理由を持って、細かく考えながら洗ってます。


理にかなったことをやれば、結果はついてくる。
そう言うことなんですね。

|

« 水汲みの道中で見えるもの。 | トップページ | 同じ素材で同じデザインの服、でも耐久性に違いがあるってご存知ですか? »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なんでクリーニングから返ってきたニットはふわふわなのか?:

« 水汲みの道中で見えるもの。 | トップページ | 同じ素材で同じデザインの服、でも耐久性に違いがあるってご存知ですか? »