« 言葉に惑わされないで。 | トップページ | これってどうやって覚えたかな? »

パイプの破裂!

クリーニング屋をしていると必ず経験することがあります。
それは、パイプの破裂。


いまのクリーニング屋さんは、いろんな配管がお店の中にあるんですね。
受付だけのお店にはないんですが、工場併設店などは、いろんな配管が通っています。


電気だけで動いているのではなく、空気圧で動いていたり、蒸気で温めていたり、水の配管があったりと、至る所に配管がされています。


その配管のパイプが、破裂をするですよ。
しかも突然に。


大体が、蒸気の配管がやられるんですね。
しかも、破裂するところは決まっていて、曲がり角がやられるわけです。



突然、ものすごい音とともに、蒸気が出ます。
初めての人はかなり驚きますよ、何が爆発したんじゃないか?というくらいですから。

プシューッという音が続くので、やったな、とすぐわかるんですけど。



もちろん、終了のキットも持っていて、その場で修理できるものはしてしまいます。
クリーニング屋さんによっては、パイプをカットする機械を持っていたりするところも。
パイプの破裂は、仕事ができなくなる恐れがあるので、緊急を要するんです。
下手すれば数日仕事が止まることも。


今回、どうやらワイシャツの機械が破裂した模様。
応急処置も効かずに、週明けの修理となりました。


ワイシャツは別の方法でも仕上げられるので、急遽、別の方法に変更。
手間はかかりますが、納品には影響が出ないと思います。



暑くなるこの時期に破裂というのは珍しいんですけどね。
寒い時にやりがちなんですけど。


まだ東京は良くて、寒い地方に行くと、水の配管が破裂したり。
破裂防止のために、パイプに破裂防止用のヒーターをつけるところもあります。


配管は、僕ら人間で言うところの血管。
これがないと正常に動いてくれませんからとても大事なのです。


月曜、修理してもらいましょう。

|

« 言葉に惑わされないで。 | トップページ | これってどうやって覚えたかな? »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パイプの破裂!:

« 言葉に惑わされないで。 | トップページ | これってどうやって覚えたかな? »