« つまり、今日の言いたい事は。 | トップページ | 技術が高いことが利用される理由じゃないんだよね。 »

ボタントラップ。

ドライクリーニングの機械にはいろんな構造が組み込まれているのですが、その中でも水洗いの機械にはなくて、ドライクリーニングの機械にだけついている機能があります。


ボタントラップ、と言います。


水洗いの機械では、皆さんがお持ちの家庭洗濯機と同じで、洗った時に使用した水は下水に流してしまいますね。
でも、ドライクリーニングの機械は、液体をろ過しながら洗っていくため、中で液体が循環をしているんです。
循環させている際に、異物が混入すると困るので、途中にボタントラップと呼ばれる装置があります。


ここに、洗浄中に取れてしまったボタンなどが引っ掛かり、なくすことがなくなるんです。


洗いあがった後にボタンがないことに気づいても、ボタントラップを確認すると入っているので改めて付け直す事が出来ます。


ボタントラップ、結構重宝するんですよ。


大きなろ過機の前にゴミを取ってくれるし、万が一のボタンはずれも救出してくれるし、ドライクリーニングのメンテナンスの第一歩はまずはボタントラップからだったりしますしね。


ボタントラップの話を書いているクリーニング屋さん、他にいるかな?(笑)
かなりマニアックな話だと思いますけど…。

外れかかった居たボタンに事前に気付ければいいんですが、気づけない時もたまにあります。
ボタントラップを作った人は本当に天才だなあと思いますね。


|

« つまり、今日の言いたい事は。 | トップページ | 技術が高いことが利用される理由じゃないんだよね。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボタントラップ。:

« つまり、今日の言いたい事は。 | トップページ | 技術が高いことが利用される理由じゃないんだよね。 »