« 2世を考える。 | トップページ | カールパーティー。(笑) »

クリーニングすると傷むのはなぜ?

たまに目にするんですが、クリーニングをしてはいけない、という理由の中に、クリーニングすると傷む、というのがあります。


以前からここでは傷むという言葉に対して、いったいどういう意味なんだろう?と考えてきました。
クリーニングから返ってきて破れていたりすれば、それは傷んでるというよりももっと程度が悪い補償問題です。
でも、補償問題に発展しないけど、傷んでいるという状態って、どんななんだろうな?と。

いろんな理由が考えられます。


クリーニングの失敗もありますよね。
腰が抜けてしまったとか、よれよれっとしてしまったとか。

また、元々が傷んでいた、という可能性もあります。
着過ぎで服が傷んでいるというのは、ここ最近とても多いんです。
もう少し早く洗えばいいのに、と何度も思う事がありますから。


そして、もしかして?と気付いたことがあるんです。

もしかして・・・・・、傷んでないんじゃないの?と。

傷んでいる、と思い込んでしまっているだけなんじゃないだろうか?と。
もちろん、そう思うにも理由があるのですが、その理由は、アイロンが掛かっていないからじゃないのかな、と思うんですね。

クリーニングから返ってきて、すべてのお店でアイロンを掛けてもらっている、と思ったら実はそれは間違いです。
アイロンを掛けていないお店は結構あります。
そして、それは安いチェーン店で多くなっています。


服は洗えばしわくちゃになります。
皆さん糸度はテレビでクリーニング屋さんが洗っている映像を見たことがあると思いますし、ご家庭で洗たくをした事があると思います。

どちらも、服がしわくちゃになっていますよね?洗い終わった後って。
あれが正常な状態なんです。
洗い終わった後、しわくちゃでは着れませんから、アイロンを掛ける必要があって、アイロンを掛けると元のようにびしっとなってくれるんです。


ところが。


アイロンはとても技術の高い仕事で、最近ではその技術者が減っていってしまっています。
代わりにアイロンではなく、プレス機が導入されたりもしているんですが、それよりもより生産性の高い機械を入れているお店があります。


蒸気を吹きかけて、粗じわをとる、そんな仕上げ機があるんです。
この機械の特徴は、一度にたくさんの量の服を仕上げられること。
たくさん品物が集まるチェーン店で多く採用されています。


仕上げ機なんですが、一つ残念なのがアイロンを掛けたようにはならないという事。
粗じわを取るだけなので、よれよれっとしていますし、人によっては傷んだ、と言ってもおかしくありません。


同じ服を、もしきちんとアイロンを掛けていたら。


決して傷んでいる、とは言わないと思うんですよね。
傷むどころか、今日も綺麗だなあとほれぼれするかもしれません。

クリーニングすると傷む、と思っている皆さん、一度きちんとアイロンを掛けてくれるクリーニング屋さんへお持ちになってみたらいかがでしょうか?
クリーニングのイメージが根底から覆るかもしれませんよ。


今までの傷むってなんだったんだろう、と思うかもしれません。
捨てなくても良かったのかも、と後悔するかもしれません。

それ程、きちんとアイロンが掛かった服はきれいなんです。

クリーニング屋さんは服を傷めないよに洗っているのに、傷むと言われ続けて同じ仕事をしているはずがないんですよ。
もし本当に傷んでいるなら、絶対改善しているはず。
なのにいつまでも同じ話が出てきているのは、おかしいと思いませんか?


アイロンですよ、アイロン。

個人店ではきちんとかけてくれるところが多いです。
一度試してみてくださいね。


|

« 2世を考える。 | トップページ | カールパーティー。(笑) »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリーニングすると傷むのはなぜ?:

« 2世を考える。 | トップページ | カールパーティー。(笑) »