« プロの洗い方。 | トップページ | ベイシア。 »

クリーニングが他の業種と異なる点。

僕もクリーニングから離れると一消費者になります。
自分が客の立場になって思うのは、大きい店舗の方が良さそうだな、と言うこと。


例えば、品揃えでも、値段でも、サービスでも、大きい店舗、もしくは全国展開しているようなお店が優れているような気になるんです。


理由は簡単で、大きいということは、それだけみんなに支持されているから。みんなが利用して儲かっているから大きくて有名なんだろう、そう思うんですね。


もちろん、個人の商店で頑張っておられるところも沢山ありますし、飲食店などは小さいお店の方がおいしいなと感じたりまします。
それでも、大きい店舗の方が、安定している、ハズレがない、そんな風に思うんですね。


多分、お客様もクリーニングを選ぶときは同じように思うんじゃないのか?と思うんですよ。


有名なお店、全国展開しているお店はそれだけ儲かっているからだ、と。
よく宣伝を見かけるお店も同じように見えますね。


でも、自分がクリーニングをやっているから思うんですが、クリーニングって大きいのってあまり良くないよな、と思うんですよね。


と言うのも、作業が効率化できないものなので、大きく構えてしまうと処理できなくなってしまうんです。


これが何かの製造業なら、肩を作れば一律なものがたくさん作れるので、湯水のようにお金をかけることで、大量生産が出来るし、品質も一定になります。


ところが、クリーニングの場合、型があるわけでもないし、みんな同じ形をしているわけでもない。
下手すれば、同じメーカー同じ商品でも、サイズの違いや色の違いで扱いが変わることもあるんです。


これを大量に集めて大量に処理しようとすると、当然何かに眼をつぶるか、職人を大量に雇うしかありません。

でも、そんな大量に職人を雇用している話は聞いたことないので、とどのつまり、何かに眼をつぶって効率化しているんでしょうね。

でないと、大きい商売をすることはクリーニングにおいては不可能です。



例えば、ネットで一躍有名になった某宅配クリーニング屋さんは、品物を集めたら、クリーニングは別のクリーニング屋さんに頼んで居ます。
大量に集まるので、請け負う所は、大量に処理できる大きいクリーニング屋さん。
職人がやっているようなクリーニング屋さんがそこから仕事を受けている、と言うのは僕はまだ聞いたことがありません。
もしかしたらあるのかもしれないけど。


クリーニングは大まかに分類できるものの、最終的には商品に合わせた仕事になるので、小さくやっているようなクリーニング屋さんがいい品質のクリーニングを提供していることが多くなります。


大手さんも悪いわけではないですが。
どちらがいい品質か?と問われれば個人のお店に軍配は上がりますよね。


でも、きちんと汚れを落とし、普段使いのクリーニングを提供している大手さんも居ます。
だから、大手さんもあなどれないんです。

僕の友達の所でも、大手でいいお店ありますからね。


これ、高かったんだよなあ、と言う服は、個人のクリーニング屋さんに出してみてはいかがでしょうか?
きっと、ご満足いただけると思います。

| |

« プロの洗い方。 | トップページ | ベイシア。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリーニングが他の業種と異なる点。:

« プロの洗い方。 | トップページ | ベイシア。 »