« カーテンの汚れはクリーニングじゃなきゃきれいになりませんよ? | トップページ | 日野JA みなみの恵み »

手洗いやネットに入れてあるのは、弱く洗うためです。

洗濯について、誤解がたくさんあると思います。
色んな人が、洗濯についてブログなどを書いていて、時折見る事があるんですが、なんでそんな事しているの?と思う事が結構あるんですよね。


その説明も一緒に書いてあるんですが、残念ながら間違ってるんです。
なんと言いますか・・・・・、過剰なんですよね。
腫れ物に触るかのように、扱いが丁寧過ぎていたかと思うと、なぜかそれが一番汚れ落ちがいい方法だと信じていたり。

冷静に考えるとわかると思うんですが、考えていないんでしょうね。

最近見たもので、気になったのが二つ。
ネットに入れる、という話と手洗いの話。

皆さん、洗う時には必ずと言っていいほど、ネットに入れているようです。
ネットに入れる意味をご存知でしょうか?
ネットに入れる、という事は機械力を弱めて洗いたい、という事。
擦れとか揉みとか、普通に洗う時よりも減らしたいことを目的にネットを使用します。

デリケートな衣類などに使用をしますよね。

機械力を押さえるのが目的ですので、当然洗浄力も落ちます。
汚れ落ちは悪くなるわけですね。
なので、ネットを使わないで洗えるものはネットを使用しないで洗った方がいいんです。

生地が強い物なら、ネットを使用する必要はありません。
しかし、実際は?というと、何でもかんでもネットに入れて洗っている。
しかも、その品物単品で洗う時にさえ、ネットを使用している。


過剰です。


でも、ネットを使用しているのに、強く洗えていると思っている。
そんな事あるはずありませんよね?
ネットの中で身動きが取れない状態でいるんですから、揉まれたりこすれたりする回数は圧倒的に減ってしまいます。
きれいになるはずがないんです・・・・・・。

そして、手洗い。
なんで手洗いをするか?というと、ネットを使用するよりもさらにデリケートに洗いたいからですよね。
洗濯機で洗うよりもさらにソフトに、慎重に洗いたい時にやるのが手洗い。
イメージとしては、軽く水につけて押し洗いをする、そんな感じです。

これも、汚れ落ちがそんなにいいはずがないのは、ネットの時と同じでもうお分かりになるか、と思います。
圧倒的に機械力が弱いんです。
そもそもが弱く洗いたいので、強く揉むわけでもなく、擦れない品物の時にやったりするからこすって洗う訳でもなく。
そうすれば、当然汚れ落ちが弱くなるのも当たり前の話です。


手洗いとは、とても繊細なものを洗うために、慎重に洗うためにやるもの。
洗浄力を求めるためにやるものではありません。


洗濯機で洗うよりも手洗いの方がきれいになる、そんな話をされている方もいらっしゃいました。


手洗いで洗濯機よりもきれいにしようとしたら、ものすごい手間と時間がかかります。
手洗いをする前に、汚れている個所を部分的に処理しなければいけません。
大量の水と洗剤で洗えば、物の10分ほどで落ちてしまうものも、手作業でやると30分では終わらないかもしれません。
かといって、強い洗剤やしみ抜き剤を使うと、生地へのリスクが高まる。


洗う方も大変ですね。

なんでこういう事が起こるか?というと、簡単です、皆さん洗濯の事を偶然で出来ていると思っているから。
今の人はある程度の学歴がありますから、説明をするとほとんどの人がご理解されます。
洗濯の話も中学の科学で説明がつくほどの話。
でも、なぜか、そういう風には考えないんですよね。


この前は平気だったけど、今回はダメだった、とか。
素材の違いとかもあるんですが、そういうのを考慮しないで、全体的な見た目とかでやってしまったりする。
化学的な目で見ていないんですよね。


ブランド名や商品の名前は知っているんですが、素材の知識が圧倒的に足りていません。
知識と思っているのは、大半が間違っています。

今日もお客様とお話をしてきましたが、家で洗っても綺麗にならないので、毎日洗いたくなる、と。
下着だけではなく、普段着なども、毎日洗わないといけなくなっている。
これにはいろんな理由があります。
服の数が少なくて着用する機会が増えているので、汚れやすくなっていたり、環境も昔に比べて汗をかきやすくなっていたり、服自体も昔よりも糸が細くなっているので汚れやすくなっていたり。

色んなことが複合的に絡んでいるんですね。

それに加えて、洗っても落ちない、となると、汚れたらすぐ洗わなきゃ、となり、洗いすぎて服が傷んでくる。


どうせ傷むんだからと、服は安いので十分だになるし、何枚も持っていてもダメになるならその分高くつくから必要最低限でいい、となるし。
デフレスパイラルみたいに、負のスパイラルですね。


これ、着数を増やすことでかなりよくなるんですよ。
服を休ませる事が出来るし、洗う時間も取れる。
毎日洗わないから服も傷みませんしね。
結果的に服が長持ちする事になるんですが、今この話をしても信じれる人はおそらくほとんどいませんよね。


でも、服が傷まず長持ちをする人は共通して、一定の数の服を持っているんです。
これが真実。


手洗いやネットに入れる事がこれだけはやり理由も、要は洗いすぎて傷むからです。
普通はそこまで慎重になる必要はありませんからね。


服のメンテナンスは、洗って汚れを落とすことも大事ですが、同時に汚しにくくするのも大事です。
それには、着る回数を減らして、休ませる時間を取るのも大事。

昔の人は今の人ほど知識があったわけではありませんが服の扱いについては正しい知識を持っておられました。
それに比べると、今の人の方が分からくなっている人が多くなっていますよね。

こっちの方が問題だろうなあ。

|

« カーテンの汚れはクリーニングじゃなきゃきれいになりませんよ? | トップページ | 日野JA みなみの恵み »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手洗いやネットに入れてあるのは、弱く洗うためです。:

« カーテンの汚れはクリーニングじゃなきゃきれいになりませんよ? | トップページ | 日野JA みなみの恵み »