« 石川パーキングエリア ぷらっとパーク | トップページ | プロの洗い方。 »

男性と女性の違いは仕上げにも違いが出てきます。

たまに言われるんですよね。


Yシャツと同じ仕上げでいいんですけどね。

女性物のブラウスをお預かりした時に、結構言われたりします。
女性のブラウスはどこのクリーニング屋さんでも男性物のYシャツに比べて割高になっています。
もっと気軽に出したいのに、似たような形なのに、料金が全然違う。
女性からすると、思う所がいくつもあるのではないか、と思うんですね。


見た目ほとんど変わらないyシャツとブラウス。
せいぜい左前か右前かの違いで変わらないでしょ?とお思いなのかもしれませんが、実はブラウスとyシャツでは決定的に形が違うんですね。

で、それが大きく仕上げに影響をしているんです。

一番の違いは、胸。
バストです。
女性は胸があるので、胸の所が盛り上がるように切れ込みが入りお椀型になるように縫い合わされています。
つまり、Yシャツのようにまっ平らではないんですよ。
平らなyシャツの場合、プレス機で抑えることも可能なので、クリーニング料金を安く押さえられたんですが、ブラウスは胸がある分立体的な構造になっていて、機械などで一発で仕上げる事が出来ないんです。


となると、出来る事は二つ。


アイロンで手仕上げをするか、風船のようなものでふくらませて仕上げるか。
どちらかになります。
風船のようなものというのは人型の機械がありまして、風船の様に膨らむんですね。
で、内側から蒸気と熱風が出てきて、膨らませながら仕上げていくんです。

当然アイロンのように押さえるわけではないので、仕上がりは緒と違う風になります。
この機械を導入している所はブラウスも割とリーズナブルに提供できるんですが、実はこの機械、ほぼブラウス専門の機械になってしまいまして、なかなか導入する事が出来ません。

導入できない理由は、お店が狭くて専用の機械を入れられない事と、ブラウスだけだとコストパフォーマンスが悪いからです。
ブラウスがたくさん集まるようなところならいいんですが、普通のクリーニング屋さんですと、手で仕上げた方がまだコストカットできるんですよ。
機械を導入しているのに、手仕上げより高くなるなんてことも十分あり得るので。


体のつくりの違い、ほんのちょっとしたことなんですが、立体的な分、思っているよりも難しくなっているんですね。


女性の服は男性に比べて、立体的です。
僕らがアイロンを掛けるのが大変だという事は、作っている人たちはもっと大変でしょうね。
男性はこういう所が分からないので、女性の服の値段を聞くとびっくりされる方が多いんです。


男性と女性の違いって大きいですよ。

|

« 石川パーキングエリア ぷらっとパーク | トップページ | プロの洗い方。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男性と女性の違いは仕上げにも違いが出てきます。:

« 石川パーキングエリア ぷらっとパーク | トップページ | プロの洗い方。 »