« 念願のパナシェさんのケーキ。 | トップページ | 通知表。 »

うちのサンタクロースは一筋縄ではいかないらしい。

今年もやって着ましたね、クリスマスが。
子供たちからすれば、クリスマスよりもイブの夜からクリスマス当日にかけてのプレゼントがメインイベント。

しかし!我が家のサンタクロースは一筋縄ではいかない。(笑)
毎年、いろんなドタバタが起きています。

さて、今年はどうなったでしょうか?(笑)


結論から言いますと、今年はプレゼントが来ていません。
その理由は、サンタクロースに欲しいもののお手紙を書いてないから。
何が欲しいのか?わからなければ、サンタクロースもプレゼントする事は出来ませんね。

しかし、今の子供達はもらえるのが当たり前だと思っているので、どんなに急かしてものほほんとしている。
三男に至っては、手紙書いてないけど、何がもらえるかなあ?と期待している様子。

子供たちが何も言わないのには理由があるんです。

欲しいものがあるんですよ、ちゃんと。
でも、それを欲しいと言ったらお母さんにダメ出しをされる。
だから、黙っていて、サンタクロースが勝手に持って着たのなら、仕方ないからもらってやる、という体を作りたかったんでしょうね。


子供ながらに策士だ!


で、当日の朝。


子供たちの話では、封筒が1つ置いてあったそうです。
中には、今年はプレゼントがない、との事。
さらに、子供達へのダメ出しが続きます。


日頃の素行の悪さ、お手伝いをしない、言葉遣いが荒い、などなど、一人一人丁寧なダメ出し。
もちろん、よく出来ていることも書いてありましたが、それよりも子供たちからすると、プレゼントももらえないでダメ出しをされる事に若干のイラつきが見えました。(笑)


しかし、うちのサンタクロース、面白いんですよね。
救済措置があるらしい。

サンタクロース業法か改正されて、三日間の猶予があるとのこと。
それまでに欲しいものを教えてくれれば、プレゼントするとの事です。


いろいろわかるサンタ業界の話。(笑)


今までにわかったことを上げて行くと、サンタクロースは複数いて、以前のうちの担当は4号。そして、交代したのが7号。
実家は福島で、クリスマスが終わるとバイトをしているらしい。
今回はそこに新たに、サンタクロース業法というものがあって、さらに、うちの地域の正式名称もあるとこが発覚。

すごい複雑な設定です。(笑)


三男が、学校で、うちのサンタクロースの話をしたんだそうで。
したら、友達から、7号って何?
サンタにそんなのいないけど?
おかしいんじゃね?

と言われたんだそうで。(笑)


さあ、サンタクロースの本当のことを知っているのは誰でしょう???(笑)


子供たちも年々レベルアップしているので、サンタクロースも大変でしょうね。
今年は無事にプレゼントをもらえるのか?
まだまだ子供とサンタのバトルは続きます。(笑)

| |

« 念願のパナシェさんのケーキ。 | トップページ | 通知表。 »

日記・その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うちのサンタクロースは一筋縄ではいかないらしい。:

« 念願のパナシェさんのケーキ。 | トップページ | 通知表。 »