« 気持ちいい、を教えに。 | トップページ | 油断した! »

プロにも2種類あります。

最近になって気づいた事がありまして。
それは、プロにも2種類いるなあ、と言う事。


一つは、お客様の望む事を言う通りにするプロ。


もう一つは、プロの意見、見立てをしながらお客様の要望を叶えて行くところ。


この二つがあるなあ、と思うようになりました。
昔からこの二つがあるのは思っていたんですが、どちらもある、と言うよりは、どちらが正しい?と言うふうに考えていたので、まあ長い間悩みましたよね。(笑)


僕はどんなお店にしていきたいんだろう?


そんなことをずっと考えていましたから。
僕がクリーニングをやり出した時に、クリーニング業界は啓蒙ブームが来ていました。


お客様にクリーニングを知っていただく、とたくさんのクリーニング屋さんが立ち上がり、いろんな啓蒙活動をしていたんです。

背景には、クリーニングのサービスの見直しや、クレームが増えている業界を変えていきたい、と言った思いがあったんだろうと思います。


その当時、よく作られていたのが、ドライクリーニングのメリット、デメリット、水洗いのメリット、デメリットをお客様に提示して選んでもらう、と言うもの。

クリーニング屋さんが勝手に選んではいけない、お客様が望んだやり方で洗うのがプロだ、そんな意見を言う人もいたんですね。


これ、裏にはお客様が選んだやり方でやったんだから何が起こってもクレームは無しですよ、と言うのがあったんだと思います。
一見、お客様に沿って見えますが、その実、単なるクレーム回避のためだったんですよね。


だがら、その当時からこの意見に否定的で。(笑)
これは違うだろ?プロじゃねえだろ?と1人息巻いてましたっけ。(笑)

若気の至りです。(笑)

クリーニング屋を長くやって来て、年も取ってきて、いろんなものが見えるようになってきます。
昔は、どっちが正解だ?と答えは一つしかないと思い込んでましたが、長く商売をしていると、いろんなお客様がいて、お客様ごとに要望が違うこともわかるようになるんですね。


すると、実は、お客様の望むように洗うのがいいケースと、プロが経験と知識を持って判断して洗う方がいいケースがある事がわかるんです。


こだわりのある人は、どんなふうに洗って、どんなふうに仕上げてほしい、そう言うのが明確にあります。

逆に、そこまでこだわらない、詳しくもない、だからプロに任せたい、そう言うお客様もいらっしゃいます。
たぶん、こちらのお客様の方が多いでしょうね。

僕らはお客様がどんなふうに考えて何を望んでいるのか?把握して、それに合わせてサービスをしていけばいいんだな、と思うようになってきたんです。


こんな当たり前の話にたどり着くのに一体何年かかってるんだか。


クレームの責任をお客様に押し付ける、これがのそもそもいやで反発をしていたんですよね。
でも、冷静に考えると、詳しい人、マニアな方々にはその人にの感性が大事な事がたくさんあります。


何かで聞いたんですが、お客様は敵じゃないんだよ。
同じ仕事を完成させる仲間なんだ、そんな話を聞いた事があります。


お客様の要望も、中にはきつい言葉を離される方もいらっしゃいますが、そのお客様も、望んでいるのはその服を綺麗にしてまた着たい、と言う思い。
僕らも同じで、綺麗にしてまたきてもらいたい。


目標は同じなんですよね。


また、クリーニングにこだわりのある人はやはり相当マニアックだと思うんです。
殆どが、クリーニングには興味がなくて。
でも、綺麗にしてもらいたくて。
そう言う人たちには僕らがサポートをしてあげれば
いい訳ですね。

まかせてよ、僕らが綺麗にするから。


そう、これでいいんです。


こんな事をね、先日床屋さんへ行った時にふと思ったりしまして。
やはり、自分がお客さんの立場になるのは大事だなあ、と思いました。


柔軟な考え方は大事ですね。
若い頃に気付いていればなあ。
でも、あの頃はそう言う時代だったのかもしれない。
あの頃があって、今に行き着いた、って事ですね。

最後は前向きに。(笑)

|

« 気持ちいい、を教えに。 | トップページ | 油断した! »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロにも2種類あります。:

« 気持ちいい、を教えに。 | トップページ | 油断した! »