« そこに意志があるかないか? | トップページ | 日帰り温泉も独自色を出してますねえ。 »

こまめに洗うことを推奨し始めましたね。

洗剤のCMの件の事でコメントを頂いたのをきっかけに、洗剤メーカーのホームページをのぞいてみました。


色々変わってきてますねえ。


以前、某ドライマークが洗えるという洗剤が、ホームクリーニングという言葉を使わなくなる、という話を聞きました。
表示に問題があるとか。

いろんな理由で変化が起きているようです。


ここは変わったなあ、と思ったのが、こまめに洗うことを推奨していること。
さらに、服が傷む理由として、洗わないで着ているから、という話も載っていたりします。


その通りなんですよ。
やっと洗剤メーカーもその話をしてくれるようになったか、と思います。


洗うと傷む、という間違った考え方が広まってしまい、なるべく洗わないようにとか、洗う時もとても丁寧に優しく洗うことを推奨する人とかもいました。


服が変化した、と感じるのは洗った後が多いので、洗うことが悪いことのように捉えられてしまったんだと思います。
実際は、洗う前からおかしくて、ただそれを見ていなかったりしているんです。
で、洗った後にまじまじと見たら変化して驚いてしまう、とか。


ここでは何度も書いていますが、汚れがついたまま着ていると服はどんどん痛みます。

汚れがつくと生地が硬くなり、擦れた時に傷む。

硬くなると衝撃を吸収できなくなるからですね。
だから、洗ったほうがいい、という結論になります。


ただ、こまめに洗いましょう、と言っても、物によって頻度は違います。
経験上ですが、汚れも薄くついている時とある程度汚れている時とでは落ち方に差があります。

ある程度汚れているほうが落ちがいいんですよね。
不思議な話ですが、汚れがあるほうが他の汚れも一緒に落としているんだと思います。

しかし、あまり汚れていないと、繊維へのダメージの方が勝ってしまう。
なので、適度に着た方がいい、という事に。


簡単な分け方として、肌に直接接触するものはほぼ毎回洗った方がいいんです。
汗、皮脂、圧倒的につきやすくなります。
また、肌に直接触れるものは、植物系の繊維が多い。
植物系の繊維は、汚れを吸収してしまうので、そのままにしておくと落ちづらくなります。

下着やワイシャツなどは綿で出来ているものが多いので、着たら洗う方がいい。


逆に、動物性の繊維、ウールなどですね、これらは実は疎水性の繊維と言われてまして、水を弾く性質があります。
ビッショリになるほど汗をかいてるなら別ですが、普通に着用している時は、毎回洗う必要はありません。
また、週に一度洗う、というのも少し多いかな、と思います。

もちろん、持っている服の数にも左右されます。
当然、着数が多ければ洗う頻度は減りますね。
逆に、着数が少ないと、細かく洗わないといけなくなります。


服の数はある程度持っておかないと、洗うことも難しくなりますし、傷みやすくなる。

これは覚えておいてください。


洗剤メーカーが洗わないと傷む、洗うようにしましょう、とアナウンスをするのはとてもいいことだと思います。
後は、どのくらいの頻度で洗うのか?という問題。
自分の持っている服の数、汚れ具合と相談しながら、上手に洗ってもらえるといいなと思います。

|

« そこに意志があるかないか? | トップページ | 日帰り温泉も独自色を出してますねえ。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こまめに洗うことを推奨し始めましたね。:

« そこに意志があるかないか? | トップページ | 日帰り温泉も独自色を出してますねえ。 »